博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

二月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

十五代目片岡仁左衛門襲名披露! 初日を迎える前の1/30に、仁左衛門丈ご一行様が博多座の すぐ目の前にある 博多川端商店街を“お練り”。 その後、博多っ子の総鎮守“櫛田神社”にて「公演成功祈願」の為、 参拝されました♪  残念ながら私は行けませんでしたが、 そりゃもうスゴイ人・人・人だったそうです。 人力車に乗った仁左衛門丈が商店街を駆け抜けると…おばさま方の 「キャ~ッ」という黄色い歓声が! ウチの母親もそのひとり。 しっかり手ぬ ぐいをGETしてました…。

彦山権現誓助劒 毛谷村

おぉ“彦山”だ! またまた九州が舞台の演目だ♪
女ながらに武道の達人、お園さん。 敵だと思って切り掛かった相手は…なんと許嫁の六助さんだった~、というお話。
とにかく六助さんが許嫁と分かってからのお園さんの豹変振りが笑えます。 臼なんて片手でヒョイヒョイと動かせちゃう怪力のお園さんのいじらしい乙女心と行動が爆笑です。
芝翫さんのコミカルな演技って初めて観たので感動しました!
富十郎(毛谷村六助)/橋之助 (微塵弾正実は京極内匠)/ 芝翫(お園)

十五代目片岡仁左衛門襲名披露 口上

ずら~りと一列に並んでの姿は圧巻! 硬い挨拶が続くのかと思いきや「お兄さんからは酒で随分鍛えていただきまして…」と仁左衛門さんが苦笑いする口上も続出。 あれ…頭巾を被るのは…女形の方って事ですか? ちょっと疑問。
片岡孝夫改め片岡仁左衛門/幹部出演

封印切

恋仲の遊女の身請けの為と恋敵に対する見栄の為に預かっていたお金に手を付けてしまい、心中の道を選んでしまう…という、あれよあれよと不幸な方に転がってゆくお話。
忠兵衛さんの気の弱そうなヤサ男ぶりがハラリと落ちた前髪に現れてナイスです! 仁左衛門さんの舞台を観るのは初めてだったんだけど、あーゆー線の細いヤサ男を演じたら天下一ではないでしょうか?! 場の勢いから思わず小判の封印を切ってしまって、小判をハラハラと落とす名場面 では拍手喝采でした♪ そんなに意地を張らなくてもねぇ…。
仁左衛門(亀屋忠兵衛)/秀太郎(傾城梅川) /我當(丹波屋八右衛門)/宗十郎(井筒屋おえん) /富十郎(槌屋治右衛門)

三人形

「浅葱の幕が切って落とされる」という手法を初めて観ました! 一瞬にして美しい絵巻模様のような舞台に引込まれてしまいます♪ 奴ってもっと体格のごっつい人がするイメージがあったので、八十助(当時)さんがされるとは意外でした。 でも、まるでフラメンコか?!と思わせる軽快なステップを踏むには、重量 がある人だと辛いのかも…ですね。
演題通り、三人は“人形”のように綺麗で、特に孝太郎さんの傾城は、まばゆいほどでした♪
八十助(奴)/孝太郎(傾城)/橋之助(若衆)

そして…残念ながら【昼の部】は観劇叶わず。 演目は一【宮島のだんまり】/二【馬盗人】/三【寺小屋】/四【桜門五三桐】。 後に馬盗人のキュートな翫雀さんを見逃したと知り、大いに地団駄踏んだのでした!

関連記事

博多座おぼえ書き

博多座【2003年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

今公演1日だけ設定された“着物の日”でした。 以前は公演期間中に平日に2回開催されていましたが、ここ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

昨年に続いて二度目、2日間4公演の【博多座文楽公演】。 ほぼ完売状態で、当日は3階席にもチラホラ観

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(瀬名×マテ)【博多座】

もういい加減飽きが来ていた感のあるエリザベートでしたが…今日は主要キャスト中、寿ひづるさん@ゾフィー

記事を読む

博多座おぼえ書き

天璋院篤姫【博多座】

大河ドラマ【篤姫】は、堺雅人さん@徳川家定が出ている期間だけ観た…という私。 故に実はどんなお話か知

記事を読む

博多座おぼえ書き

笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~【博多座】

直美さん、博多座は3年振り7度目の公演だそうで…毎年登場だった印象だったので久々〜と楽しみに観劇。 

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア【博多座】

「ハマる人はすご~くハマるけど、そうじゃなかったらホントに受け付けられない作品だよ」と初演を観た方か

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(歌穂さん@エボニーヌ)【博多座】

まさか博多座でSPキャストが観れるとは思いませんでした。 本当に有り難う、博多座! しかし困ったぞ

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

モーツァルト・大千穐楽【博多座】

大千穐楽に今公演で一度井上芳雄さん@ヴォルフガングを初演以来初めて拝見した訳ですが、感想としては…【

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 今月の公演は中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑