博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

レ・ミゼラブル(橋本×禅)【博多座】

博多座初の二ヶ月ロングラン公演です。 博多座の事前の広報活動からロビー展示~物販まで力の入れ様はスゴイものがあります! この公演が成功すれば…今後もこのような公演形態が引き継がれる可能性もある訳ですが…果たして結果はいかに?
私、2005年帝劇の2000回SP以来の観劇でしたので「あ、そうそう」「あれ?そうだっけ?」「ん?変わったような…」とか、記憶を辿る作業に予想外に追われてしまって、まるで初見のような忙しさでした。 …に加えて、今期デビューの橋本バルジャン×禅ジャベールなもんだから、も~う忙しいったらありゃしない! 目と耳がもう1セット欲しいところでした。
先にお断りしておきますが…私、禅さんファンなものでその辺りを激しく差し引いて以降ご一読いただければ幸いです。
私の初レミゼは前回の博多座公演(2004年1月)でしたので、ジャベールは内野聖陽さん、岡幸二郎さん、今拓也さん、高嶋政宏さん、そして2000回帝劇SPの鹿賀武丈さん…しか拝見した事がなく、今期は禅ジャベ以外の観劇の予定はナイので、以下は前博多座公演時との比較となりますが…
まず、今期レミゼキャストが扮装写真で出揃った時『精一杯、強面つくってみました!』的な禅ジャベールに一抹の不安が汗 お得意の?(失礼!)やり過ぎ…が危惧されて、ご覧になった方からの感想を伺うのが正直恐かったんです。 しかし帝劇の幕が開いてみれば大旨好評で、安心して?この博多座公演を楽しみに待つ事に。

石川禅さん@ジャベールとの初対面の感想は…「イイ!ときめき
やり取りの間にかい間みせる表情には、職務にひたすら忠実、だけど本当は情けの心も持ち合わせているのでは?と思わせる人間ジャベールが見てとれて新鮮。 心情の変化が解り易く、特にバリケード内でバルジャンから「君の職務だろ。恨みなどナイぞ」と言われた時の動揺ぶりは彼の心の支えがポキッと折れてしまったような痛みと悲しみが、訴えるような目から感じられて、観てて辛いほど。 「なんでそんな事、言うんだよぉ~」ってそんな声が聞こえてきそうで…だからこそラストの自殺は、心の…生きる信条としていた事を根底から覆された心の動揺がよく解り「あぁ…彼は自殺せずには居られなかったんだなぁ」と納得の最期でした。 髪を振り乱して涙目で一瞬天を仰ぎ見る様に哀しい一人の人間の弱さを観た感じ。
バルジャンを執拗に追い続け、常に彼を支配していたかのようで、実はバルジャンの世界に呪縛されていたのは自分自身だった…という事に気付いた時のショックと傷付けられた孤高のプライドでは、それを背負って生き続けるなど堪え難い屈辱だったんだろうなぁ…と。
多分、禅さんの今の年齢と声質がキャラクターと楽曲にすごくマッチしているんでしょうね。 重厚な歌ってあまり拝聴した事がなかったので耳に新鮮で、改めて歌の上手さを再認識。
ただ…禅ジャベール、今後のヒートアップ具合に危機感を抱いてしまいそうな要素も多々汗  リアクションや表情にマンガの擬態語&擬音語を付けたくなりましたもん♪「ハッ!」「なにっ?!」「ギクッ!」「わなわな」「タラリ…」とかネ。
でも間違いなく星MY BEST ジャベール星となりました(ファンである事を差し引いても、多分そうなったかと…)
伊藤グランデール

橋本さとしさん@バルジャン
男前なヴィジュアルも含めて何もかも新鮮! 特に前半のガツガツした飢餓感は◎ 全身垢まみれで表情は見えない…けれどギラギラと怒りに燃える目だけがキラリと光る、という感じがワイルド。 荒削りな感じが今後どのようにそぎ落とされ肉付けされ進化していくのか?すごく楽しみなバルジャンですね。

安崎求さん@テナルディエ
テナルディエって…お笑いシーン担当の三枚目の役所かと思ってたけど、実は一番したたかで嫌らしく空恐ろしい悪党だったんだ!」と驚かされたアプローチのテナルディエ。 決して笑わない目が恐く、歌の上手さが不気味さを増長させているような感じも。 とにかくすっごく印象に残りました。
今期から変更になったり、以前カットされていた演出が復活したり…と20年も上演されてきてもなお、そのような手直しが随時されているとは今回の観劇で驚いた事でした。

青い旗キャスト
バルジャン:橋本さとし/ジャベール:石川禅/エポニーヌ:知念里奈/ファンテーヌ:シルビア・グラブ/コゼット:富田麻帆/マリウス:小西遼生/テナルディエ:安崎求/ テナルディエ夫人:田中利花/アンジョルラス:東山義久

青い旗男性アンサンブルキャスト
グランテール:伊藤俊彦/クールフェラック:清水裕明/ジョリ:横田裕市/コンブフェール:近藤大介/フイイ:松原剛志/レーグル/司教:港 幸樹/バベ:丹宗立峰/ブリジョン:佐嶋宣美/プルベール:上野聖太/モンパルナス:田中裕悟/クラクスー:梶 雅人/ガブローシュ:荒井海人
青い旗女性アンサンブルキャスト
買入れ屋:荒井 小夜子/マテロット:折井理子/ファクトリーガール:藤咲 みどり/ジベロット:深野琴美/マダム:児玉奈々子/少年1:岡村さやか/少年2:稲田みづ紀/かつら屋:亜久里夏代/リトルコゼット:田村遥果/リトルエポニーヌ:弓木野綾架

関連記事

博多座おぼえ書き

天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~【博多座】

映画は2まで観てる好きな作品だれど、2014年のミュージカル舞台日本初演の時はワイドショーでに「モリ

記事を読む

博多座おぼえ書き

アマテラス【博多座】

【玉三郎さん×鼓童】という公演は過去に何度も耳にしていましたが、興味がなく、今回の博多座公演がなけれ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

今年で4回目となる“博多座文楽公演”。 公演期間も3日間となって2回目で『年末の博多座は文楽公演』で

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート【博多座】

MY初日です♪ 初めて一路さん以外での東宝エリザを観る訳で、【回転木馬】【マリー・アントワネット】

記事を読む

博多座おぼえ書き

恋ぶみ屋一葉【博多座】

思いがけず観劇。 浅丘ルリ子さんの博多座ご出演は2001年1月公演【墨東綺潭】から7年振りとの事で

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇星組公演【博多座】

男役トップスター:安蘭けいさん&娘役トップスター:遠野あすかさんの新主演コンビとしては博多座初お目見

記事を読む

博多座おぼえ書き

三匹のおっさん【博多座】

11月11日、11時の公演をあえて選んで観劇してみた♪(ポッキーは…食べ忘れた!) 原作を読ん

記事を読む

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.6 【博多座】

豆まき&お練り、KABUKI NIGHTに関しては…すでに多くのblog等にレポートがUPされている

記事を読む

博多座おぼえ書き

喜劇 極楽町一丁目(嫁姑地獄篇)【博多座】

2005年3月【喜劇・売らいでか!】以来の浜木綿子さん博多座座長公演です。 この年のこの月に、あの福

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(橋本×禅)=2回目その2【博多座】

レ・ミゼラブル(橋本×禅)=2回目その1の、橋本さとしさん@バルジャン単独考察に続きまして… 石川

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (15)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月

    (2018.12.2〜23)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑