博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

ヘアスプレー【オーチャードホール】

11歳にして“ミュージカル・フリーク”の素敵な友達・K君が、2年前に【ブロードウェイでミュージカル観劇三昧】の夏休みを過ごし、その時観た数々の作品の中で一番面白かった!と大絶賛のミュージカルが、この【ヘアスプレー】でした!
それ以来「いつか私もBWで!」という野望を抱きつつも、日々の暮らし+やり繰り国内遠征+ダイビング…等に追われ、海外遠征資金を貯める事もままならず…で涙を飲んでいた所に、今回の来日公演! 夏だというのに喜び勇んでお江戸上がり♪
この作品は1988年映画化→2002年ミュージカル化→2007年再映画化、という経緯を辿っている人気作品で、ミュージカルに至っては2003年には第57回トニー賞で13部門にノミネートのうえ、8部門を獲得! “ヘアスプレー現象”と言われるブームを巻き起こした後、ブロードウェイを飛び出し全米ツアー公演でも回っており、そのメンバー&スタッフがそのまま日本へ…という嬉しい来日公演。
トレイシー
物語の舞台は1962年のボルチモア。 60’sの音楽やファッション、セットがとにかくPOPでキュートで可愛くて、プロローグ【Good Moring Baltimore】のフレーズが始まった途端に一気に舞台に引き込まれます♪ 最初の歌い出しで客席から「キャ~ッ☆」という歓声も湧いて驚きました! 歌は全編通して全てのキャストが危なげなく且つパワフルで「これでツアーキャストなんだから、オリジナルってどんだけ凄いんだ?!」とBWの層の厚さをチラリと垣間みたような気も。
主人公はちょっと…いやかなり太めな女の子・トレイシー。 彼女は明るくてキュートで常に前向きで積極的、ポジティブシンキング☆ お洒落とダンスと恋に夢中な典型的なティーンエイジャー。 対して大親友はガリガリ細~い女の子・ペニー。 この二人の並びの対象もと~っても愛らしくって◎ ある日、大好きなTV番組【コーニー・コリンズ・ショー】を観ていつものように踊っていると…『新レギュラー募集につきオーディション開催』の告知を目にし、オーディションを受けに行った事から巻き起こるストーリー。 根底にはアメリカならではの難しい問題を提議しつつ、それを全編を通してPOP&キュートで包んだなんともハッピーな作品。 年甲斐もなく言ってみると…「超かわいい~っラブラブラブ
引っ込み思案だったトレイシーのママ、厳格なペニーのママ、見かけや名声に惑わされる人、人種差別的なTV番組、肌の色の違いだと最初から諦めていた人々…こんな全ての人たちの虚栄心や不条理な考え方を、超ポジティブシンキングなトレイシーが関わる事でみんなをハッピーな方向へ導いちゃう。 丸々とふくよかなトレイシーが、とにかく魅力的で超キュート! ダンスもビートに乗ってノリノリで格好良く踊る様は一見の価値あり!で、ひたすら感嘆。
トレイシーのママ(エドナ)役は男性が演じる…が定番なんですね?(最新映画ではジョン・トラボルタが!) 超巨漢を揺らしながら、段々と前向きに、お洒落になって行く様は楽しく、対照的な楽天家・細~いパパ(ウィルバー)との凸凹ラブラブ夫婦ぶりにニッコリ。 二人のナンバー【(Your’e)Timeless to Me】の愛溢れる歌詞にホロリ。
キャストで言えば、トレイシーが熱を上げるリンクにもう少しスター感があれば…と思うのと、親友ペニーが大変身を遂げるラストはもう少し“劇的に大人の女に変身!”という感じがあれば良かったなぁ…と思ったり。
とにかく【ヘアスプレー】を観れた!という事だけで大満足だったのですが、こんなに観終わった後に気持ちがハッピーになれて「可愛い、ホントに可愛い~♪」と連呼しちゃう作品は初めて観たような。
幕間にはフィナーレで踊る【You Can’t Stop the Beat】の振り講座の時間があり、客席も全員立って練習。 …しましたが、本番のフィナーレのダンス、早過ぎて付いていけまっしぇ~ん! すっごく楽しかったですけどネ☆
劇場を出て渡されたお土産はヘアスプレー(協賛:Vo5)ってのも嬉しい♪

青い旗キャスト
トレイシー:ブルックリン・プルーバー/エドナ(トレイシー母):ジェリー・オーボイル/ウィルバー(トレイシー父):ダン・フェレッティ/リンク:コンスタンティン・ロソウリ/ペニー:アリッサ・マルゲリ/シーウィード:クリスチャン・ホワイト

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章(キャスト感想)【帝国劇場】

作品の感想に続いて、キャストの感想を。 浦井健治さん@メンフィス 浦井さんの王子=シャルル王子

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(山口×鈴木×浦井)【帝国劇場】

計らずも…自分のウッカリ!で観劇となりました本日の公演。 山口祐一郎さん@トート 全体的に押さえ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ベガーズ・オペラ【日生劇場】

大阪~東京と続いた今期公演は本日が大千穐楽。 熱心なリピーター比率が間違いなく高いかったであろうこの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

貴婦人の訪問-THE VISIT-【キャナルシティ劇場】

2015年夏『日本ミュージカル界を支える豪華キャストが集結!』という触れ込みでの日本初演が、早くも再

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(内野×禅×浦井)【帝国劇場】

今回は“禅フランツ”目的の観劇です(キッパリ!) 2004年版で、かなりハマってしまった“禅フラン

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ミス・サイゴン【帝国劇場】

この公演中に“平成16年・新潟県中越地震”が発生しました。 幕間ではロビーでニュースの放映がされ、携

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

わたしは真悟【新国立劇場 中劇場】

私、今回のミュージカル舞台化になるまで楳図かずお先生の原作を知らなかった。 でもって観劇前に原作を読

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート【シャルロッテシアター】

韓国在住の妹のを訪問した際、私は【レベッカ】が観たかったのですが有名な俳優さんが出ていて人気公演らし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (34)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(2017.12.1〜31)
    ●【昼の部】
    公演によって異なります
    ●【夜の部】
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑