博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

KABUKI NIGHT Vol.5【博多座】

2005年2月公演以来、久々の開催となりました【KABUKI NIGHT】も今回で5回目。 【「NINAGAWA十二夜」の魅力に迫る!】と題しましてゲストは前回に続いての亀治郎さん、そして初の錦之助さん。
錦之助さんのトークって、信二郎時代のず~っと以前(隼人君初舞台の時だったかな?)に歌舞伎チャンネル【芸に生きる】でくらいしか聞いた事がなくて…その時の印象は、見た目通りの“おっとり・真面目・優しい”というものでした。
でしたので~、このトークショーのゲスト出演を聞いた時「亀治郎さんがシャキシャキと仕切って、錦之助さん、殆どしゃべらないのでは~?」と勝手なイメージで危惧しておりましたが、全く違っておりましたっ!(亀ちゃんゴメン汗
多分、あの会場にいたお客さんは誰もが錦之助さんの饒舌さに驚き「錦之助さんって、面白~い♪」と思ったはず!
澤瀉屋一門に長く居た錦之助さんは、亀治郎さんがお腹の中に居る時から知っていて、初舞台も錦之助さんに抱っ子されて出て…とにかく現在に至るまでず~っと何もかも知られている弱みか? 亀治郎さん、終始錦之助さんに押されっぱなし汗 そんな様子も面白かったです。

特に興味深く聞いたのは以下2点。
青い旗歌舞伎役者が役に入るのは幕が上がる直前であり、その後は役を引きずらない
見取り狂言で1日に何役も演じる事が多い為、拵えの準備から役に入ってしまうと大変。 前の役を引きずっていると次の役への切り替えが難しくなるので、との事。
青い旗歌舞伎は、誰かが演技をしている時はそれを立てる為に周りで邪魔な演技をしてはいけない
これは言われてみて、初めて気付きました! 普通のお芝居って後ろや隅での小芝居などを発見する楽しみもありますが、そういえば歌舞伎は…ですね。 また『歌舞伎は役者を観る芝居』とも。 また勧進帳?また吉野山?…といったところで演じる役者が違うから興行として成り立つ訳。
“シェイクスピア作品を歌舞伎で”という事にはお二人とも全く戸惑いはなく、本も…そもそも和訳をされた小田島雄志さんが歌舞伎がお好き(造詣が深い)なので、登場人物のセリフが訳した段階でそのまま歌舞伎調になっているとの事。
蜷川さんの演出は役者の個性を引き出すタイプのもの。 坊太夫が偽の恋文を拾う場面での各キャラクターの動きに関しては緻密な指示が出ているとの事。

以下、各ゲスト個人について↓
番頭・錦之助さん青りんご 錦之助さん
とにかく驚き! ま、こちらが勝手にイメージしていただけなんですが、その錦之助像とあまりにも違っていて面白かった♪
その中でも一番意表を付かれたのは20才前後?の時、ディスコでDJをしていたという事!びっくり まるで旅館の番頭さんな錦之助さんを目の前に「ど、どんなファッションでDJを…」 己の想像力の限界を感じる。

小さい頃はアメリカに行って石油を掘り当て大金持ちになるのが夢(ジェームス・ディーンの影響=映画【ジャイアンツ】)だった、宝くじは毎回買っており一発当てる事を狙ってる、プロレスが好き、終演後は毎夜中州通い、大篠左大臣の冒頭のセリフでは、客席に“若い美人”を見つけてその人に向かって言ってる…とか、結構なギャンブラー&軽薄っぷりに爆笑。 プレゼントコーナーの賞品=錦之助襲名グッズは「当たらなかったら博多座の売店で売ってますから」と、セールスも忘れない
ちなみに、宝くじが当たったら…『1年のうち4ヶ月ほど仕事をして、あとは悠々自適に暮らしたい』 亀治郎さんは『ミュージカルの舞台を企画・演出して自分が主演する』との事。
青りんご 亀治郎さん
対照的に至って真面目。 フランス語は小学校から習っているとの事で、先日のパリ公演の口上の一節を披露。
司会者から、しきりに「色気がある~♪」と言われた麻阿は衣装を着付けた後に一度四股を踏むそうです。 そうすると少し着崩れて色っぽくなるとの事(麻阿に限らず艶っぽいタイプのお役の時も同様)。
大河ドラマに係る期間には舞台の仕事は一切入れないはずが…NHKは過去にも沢山の歌舞伎役者を起用しているので変に?理解があるらしく、舞台の為にスケジュールの融通を効かせてくれるとの事。 なので十二夜の2ヶ月連続公演に入る前の撮影は周りがとにかくハードスケジュールだったらしい。
昼公演だけの日は本屋さん巡りが常で、夜は飲み歩かないとの事。
何かにつけて「ホント彼は頭がイイから~☆」「澤瀉屋のDNAだよ!」と錦之助さんから突っ込まれて、照れ笑いをしていたのが年相応の青年っぽくて好感♪ 賢人すぎて上から目線のイメージが強く「ホントの所はいくつなの?」と思っちゃう博学・亀治郎さんに私、苦手意識があったもので~汗 外向きにあそこまで弱味を見せている亀治郎さんってなかなか見れない貴重な機会だったのでは?(ぴあ、ゲストのキャスティングGJ☆)

冒頭の満開の桜のセット前で展開されるトークは、今まで開催されたKABUKI NIGHTの中では一番ゲストの個性を引き出してお話を伺えたような気も。
毎回ですが、プレゼントコーナーは長過ぎてダレるので…懸案。

関連記事

船乗り込み

平成22年・博多座船乗り込み

昨年は悪天候(強風?)で中止となり記念式典のみでしたが、今年は2年分のお天気を取り返すような(←日本

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・夜の部【博多座】

車引 当初、桜丸の出で仮花道を使用する予定があったのですが、諸事情により中止となりまして非常に残念

記事を読む

博多座おぼえ書き

笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~【博多座】

直美さん、博多座は3年振り7度目の公演だそうで…毎年登場だった印象だったので久々〜と楽しみに観劇。 

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・お染の七役【博多座】

筋書には“登場人物相関図”が入っていて、歌舞伎初観劇の同僚への説明に大助かり♪ コレは保存版ですな。

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多をどり【博多座】

今年は文楽公演がナイので、10月の観劇が“2008年博多座観劇納め”かな…と思っていたら、思いがけな

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演【博多座】

毎年12月の博多座は【市民桧舞台の月】ですが、今年は“博多座開業五周年”という事で二日間四公演、初め

記事を読む

博多座おぼえ書き

石川五右衛門【博多座】

『ストーリーは置いといて…海老蔵がやりたい事を全て詰め込んだ“海老蔵ショー”』という、情報を得て観劇

記事を読む

博多座おぼえ書き

グレート・ギャツビー【博多座】

『全く好みではなかった』という、その一言に尽きる作品だった…。 小池修一郎さんが宝塚歌劇で世界初の

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(瀬名×マテ)【博多座】

もういい加減飽きが来ていた感のあるエリザベートでしたが…今日は主要キャスト中、寿ひづるさん@ゾフィー

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇月組公演・ミー&マイガール【博多座】

博多座に主演男役と主演娘役が来ない公演…というのは初めてです。 個人的には月組の瀬名じゅんさんの舞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ローマの休日(1〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:55
    ●夜の部/17:00〜19:55

    両国花錦闘士(17〜28日)

    ●昼の部/12:30〜15:30
    ●夜の部/17:30〜20:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑