博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

義経千本桜・夜の部【歌舞伎座】

四幕目 木の実・小金吾討死

扇雀さん@主馬小金吾。 若さゆえの短気さと血の気の多さ…のようなものが見てとれて、ここ最近拝見した扇雀さんの立役のお役の中で、一番印象に残るものとなりました。 追っ手に囲まれる立廻りでの小道具の竹林。 その竹がなぎ倒された…かと思うと起き上がりこぼしのように、ビュンと立ちあがってくる仕掛けが斬っても斬っても減らない追っ手をイメージさせて面白かったです。
秀太郎@小せん
仁左衛門さん@いがみの権太を拝見するのは…多分、初演の金丸座を除いてはラッキーにも全部拝見できているかも♪ 今回の柿本明久くん@善太郎は、すっごく小さくて幼くて、善太郎のあどけない感じが数倍増し! 仁左衛門さんの目尻も…いつも以上に下がってます?! いがみの権太も人の親、我が子が可愛くて仕方がない様が今まで見たどの公演よりも強く感じ、だからこそ後半の悲劇にこの時点で胸が締めつけられました。 秀太郎さん@権太女房小せんと親子三人での花道の引込み、良かったなぁ~。
ところで、小せんの営む茶屋の椅子の上にイラストのヒョットコのような愛嬌ある置物が乗っていたのですが…あれは煙草盆? あのセットのにあの小道具って初めてみたような…。

五幕目 すし屋

孝太郎さん@お里は、いつも以上に積極的でビックリ! イイところを邪魔された兄に対しての「ビビビビィ~」は、ホントに怒りの熱視線ビームが出ているようで権太を焼き殺しそうな勢い。 やっぱりこ~ゆ~お役の孝太郎さんは大好きだわ♪
時蔵さん@弥助のスーパー非力ぶりは充分に笑え、しかしながら上座に上がって振り返った時には見事なまでに三位中将維盛になっていたこの切替の素晴らしさにうなりました。 所作で表情で、ハッキリと判るんですよね…スゴイ。
内侍親子として我が妻子を差し出す権太の様。 夫・父親を見上げる小せんと善太郎の眼差し。 今までは腹を刺された権太の瀕死の告白から涙…でしたが、今回は縄をかけられた状態での花道登場でダダ泣き…でした。

大詰 川連法眼館・奥庭

四の切の音羽屋型は何度も拝見していますが、やはり今公演は序幕で感じた菊五郎さん@狐忠信の重さが気になりました。 スピィーディーさを要求する訳ではナイのですが、緩慢な印象がぬぐえず~。 「お父さんとお母さんと一緒になれて良かったネ」と、観ていて一緒に喜ぶような爆発の喜びも残念ながらなく。 体力消耗が相当激しいんでしょうね…。
お気に入りの荒法師’sは軽やかステップで素晴らしくアクセントになっていたかと。 いつも思うのですが、あの拵えは…どうよ? 何からイメージしてああなってる訳? 好きですけど♪
奥庭は本当に久し振りに拝見だったので面白かったです。 残念ながら上演を知らずか?帰途の便が急ぐのか?わらわらと帰る観客続出で、視界を遮られつつの観劇だったのですが…汗 「歌舞伎観た~♪」って満足感に満たされる(幼稚な感想ですんまっせん!)、通し上演ならではの一幕ですね。

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

秀山祭九月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

阿古屋 久々に拝見! 岩永左衛門って体格がイイ方がするイメージがあったので、段四郎さんを楽しみにし

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

恋湊博多諷 ~毛剃~ この演目を観るのは実に博多座開業公演以来!!! つまりは10年振りに“生・毛

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

鳳凰祭四月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

壽春鳳凰祭 歌舞伎座を松竹が経営して百年、歌舞伎の発展に尽力された先人の功績を顕彰する“先人の碑”

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】 

車引 名子役・清水大希くんが、中村屋さんの部屋子として“中村鶴松”を襲名し、杉王丸で出演。 私自身

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

吉例顔見世大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

菊 畑 季節に合った演目で、セットの菊も、その世話をする沢山の腰元たちも艶やかで目が覚めるよう…と

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

芸術祭十月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

今月は【昼の部】のみ観劇。 音羽嶽だんまり 私、初見でした。 若手ズラリで暗闇でだんまりなのにキ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

 春の寿 舞踏三題は居所変わりでセットが変わる手際が鮮やかで美しく、こちらも堪能♪ 【三番叟】 

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

泥棒と若殿 山本周五郎の昭和24年(1949年)に書かれ、昭和40年に舞台化された作品。 歌舞伎座

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

『坂田藤十郎と市川團十郎という大名跡が、歌舞伎の歴史上初めて江戸で同じ舞台に!』という事で話題となっ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

仮名手本忠臣蔵・夜の部【歌舞伎座】

五・六段目 “山崎街道二つ玉の場”の、信二郎さん@定九郎の色悪ぶり、闇に生える白塗りと口からしたた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • けむりの軍団

    (2019.9.6〜23)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:30〜20:45

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑