博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

維新回天・竜馬伝!【東京宝塚劇場】

自分でもビックリの“ヅカ専用劇場デビュー”です。 興味本位で「一度あの異空間に足を踏み入れてみたい」と思いつつもなかなかそのキッカケがなく、日生劇場に行く際は横目で通り過ぎながら、外からも確認出来る玄関正面の真っ赤で乙女な螺旋階段に「やっぱ私には無理ばい…」とビビり…。
で、何故それが今回のデビューに至ったか?と言いますと…昨年8月の博多座宝塚宙組公演がキッカケ。 この公演で貴城けいさん&紫城るいさん両トップが初お披露目となりまして、曲の良さと作品の面白さも手伝って、観劇すること数回(ヅカ公演で1回以上観るのは初めて!)。 他の出演ジェンヌさんも少し覚えて…「宙組ならヅカ公演、これから他の劇場でも観てみたいかも♪」と思ったんです。 そしたら…本作で就任したばかりの両トッフが退団との事びっくり 「こりゃ観ておかんと後悔するばい!しかも一度観てみたかった“ヅカ純和物”作品だし」と、いう事で、この度の観劇となった訳でございます~。
…と前置きが長くなりましたが汗

幕末青春グラフィティー『維新回天・竜馬伝!』-硬派・坂本竜馬III-

総体的な感想としては、上演作品と退団と…どちらが先に決まっていたかは知りませんが「この作品が退団公演ってどうよ?」という印象。 貴城けいさん@坂本竜馬はそれなりの独特な魅力的なキャラクターになっていましたが、紫城るいさん@お竜は…しどころが少なく、薩長連合締結に努力した幕末の獅子が惹かれる女性としてはあまりにも描かれ方が薄い。 これは男役トップスター中心のヅカ本来の作り方かもしれませんが…う~ん。
かし竜馬ウエスタン調の…必殺仕事人のような曲にのって、椿の花を一輪口に加えた竜馬、船上でシルエット登場! そして姿があらわになると客席割れんばかりの拍手☆ 冒頭いきなりのイメージ通りのヅカワールドでクラッと~。 貴城けいさん@竜馬はちょっとおちゃめなキャラに作ってあって、随所にみせる小芝居も楽しい。 足元はブーツながらも着物の着方やその振る舞いも美しく、歌の安定感はさすがで「おまん、退団なんてもったいないぜよ!」と終始思いながらの観劇。 ただセリフとセリフを歌うように抑揚を付けて繋げて言う(センテンスを繋げる感じ)癖は前博多座公演から気になってましたが、言葉として聞き取りにくく、頭の中で反芻しなければならい事も度々あって残念。
その他印象に残ったジェンヌさんは…蘭寿とむさん@徳川慶喜北翔海莉さん@桂小五郎立ともみさん@勝海舟。 やはり立さんのような方がいらっしゃらないと作品の幅が広がりませんね~。 十輝いりすさん@高杉晋作もチラッと出だけですが、とても雰囲気があって印象に残りました。
気になったのは…
全体的に着物の着方とその所作が雑な印象で(特に娘役陣)悲しかった。
それからピストルの使い方。 銃声もしかり、その扱い方もしかり。 刀→銃というのはこの時代の移り変わりの象徴的なものでもあるでしょうし、あんな軽々しい感じだとひどく拍子抜けで…もっと重く存在として貫くのではないかしら?と。
キャラクターでは竜馬と共に暗殺される大和悠河さん@中岡慎太郎が、ただの気短な熱血少年剣士みたいになっていたのには唖然。

グランド・レヴュー『ザ・クラシック』-I LOVE CHOPIN-

ヅカ素人にとっては“宝塚=大きな羽根を背負っている”イメージなので、1本のお芝居だった昨年の博多座公演では観れなかったので、すご~く楽しみにしてました♪ なんとなく見知っている銀橋や大階段を実際に目にし「嗚呼タカラヅカ☆」 拍手や手拍子には暗黙のルールがあるようで、一糸乱れぬ客席の反応が面白い!
お芝居での親しみ易い笑顔とは対照的にピンと張りつめたような凛とした表情で、クールビューティー王子貴城さん。 独特にかけすぎるビブラートが気になることがあるものの、安定した歌唱力は際立ち耳に心地良く響いてくる。 歌では組内に追随する方が見当たらない印象で…残念。 ラストは退団を意識したナンバーで〆。 すごく品のある美しい方ですね。
紫城さんは…コミカルな部分が際立って可愛らしい! あと蘭寿さんが何故だかミーちゃんに見えて仕方かがありませんでした(ピンク・レディー世代なもんで汗)似てません?…よね、ハイ。
改めて両トップ、今作で退団とはもったいな~い! このコンビであと何作品か拝見したかったです…悲しい

関連記事

その他観劇おぼえ書き

キュリオス【福岡ビッグトップ】

ダイハツ・キュリオス福岡公演は今年も筥崎宮外苑にて。 創設30周年記念作品という事だったので、いつ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

八千代座こけら落とし公演【八千代座】

熊本県山鹿(やまが)市にあり江戸時代の面影を残す、国指定重要文化財の芝居小屋【八千代座】。 平成8

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・昼の部【博多新劇座】

私が大衆演劇観劇デビューしたのは2007年夏。 その時の劇団がこの【橘菊太郎劇団】で、それ以来のこの

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

What is 狂言?【福岡アクロス】

九州市民大学の6月講演会(私は受講生ではナイのですが)、講師は狂言師・野村萬斎さんで1時間半に行って

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・南番【シアターコクーン】

 南番 1994年第1回コクーン歌舞伎で上演された『四谷怪談』が新たに串田演出によってよみがえる…

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

恋川純弥劇団公演【博多新劇座】

これ…12月に書いてます 下書きを放置して…気が付けば記憶も朧げ~。 しかし、観劇の「観た」って個

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【福岡市民会館】

会場は“マツケンサンバ”の一時的なブームも過ぎ去り、本来の客層と入り…に戻ってました。 ブームとは、

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2005松平健・全国横断特別公演【福岡市民会館】

上様への拝謁は…昨年の新宿コマ公演こちら以来でした。 当然【マツケンサンバIII】を生で観るのは初

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松竹大歌舞伎・巡業西コース【北九州ソレイユホール】

巡業西コースは『中村翫雀改め 四代目 中村鴈治郎襲名披露』という事で、高速バスに揺られて行ってきまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 大阪ぎらい物語(3〜21日)

    ●昼の部/11:10〜12:30
    ●夜の部/15:00〜16:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑