博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

マリー・アントワネット@初日 【博多座】

帝劇から世界が始まる。』と、昨年11月から2ヶ月間、鳴り物入りで帝劇で幕をあけたミュージカル【マリー・アントワネット】。
その帝劇公演を経て、博多座へ…というその初日を観劇してきましたので、初見の感想をツラツラと~。
帝劇の舞台の様子や感想はいろいろと耳には入ってきてはいましたが…正直に言いますと「正月公演にはちょっとキツイな」と~汗
ま、博多座も上演を決めた時点では、どんな作品になるか判らなかったんでしょうけど、やはりお正月公演は華やかでハッピーエンドで、楽しく明るい気持ちで笑顔で劇場を出る事が出来る演目を切望します、博多座さ~ん!
何故かしらここ数年の博多座1月公演は、しんみりとした気持ちで劇場を後にする事が続いてるんですよね~悲しいオルレアン公
作品自体は、私、面白かったです! 初見でしたので、物語を追うのが精一杯で解釈の間違いや、気がつかなかった部分も多々あるかと思いますが…。 ただ疑問がいっぱいだった事も確か。 最後までどの登場人物にも心を寄せて観る事が出来なかったのは致命的な印象。 そして、最大の疑問は…山路和弘さん@ボーマルシェと山口祐一郎さん@カリオストロ。 根本的には二人は同じような役回り・狂言回し。 これは…一人でイイのでは? カリオストロという役の存在意味がよく解らん!
面白かったのは、舞台美術と照明! 「なるほど~」「そういう使い方があったか!」とか驚きや発見が多くあって興味深く…廻り舞台が運命の羅針盤が回るような感じを受けたり、二幕最後の民衆が見物している円形バルコニー?の感じとか、シルエットの利用も効果的で面白かったです。 そしてラストは…“革命的な作品”とインタビューで涼風さんがおっしゃっていた事が象徴的に表現されていた印象。 でもこれは衝撃的ではあるけれど『歴史上、国民に一番愛され、一番憎まれた女性』をこの作品ではどう裁きたったのか?という事に疑問が残りました。 強い憎悪、暴徒と化した国民の狂気性の象徴…でしょうか?
期待していた衣装は…ちょっと~汗 『マリー・アントワネット=ベルばら(アニメ)』から入った私としては、装飾華美なキラキラゴージャスを期待していたもので「あら~?」と。 セットがシンプルに徹しているので人物が浮き立っている事は成功していると思うのですが、だからこそ衣装は豪華な方がイイのに~、と舞台の進行を見てもなおそういう印象でした。
鬘はステキ! 船や鳥カゴ…とか滑稽なほど華美なものはなかったけれど、アントワネットの心情やその時置かれている立場などが素晴らしく表現されていたかと。 いかにも化粧鬘、って感じで装着している貴族メンバーも◎ 中でも高嶋政広さん@オルレアン公のがどれも好き! あの黒長髪ウェーブ、色気と怪しげな感じをうまく醸し出していて印象的。
曲は期待通りの特徴ある、でも耳に残るメロディーで「やっぱりリーヴァイさんの曲は好き♪」です(歌う方は大変でしょうけど~) 今後、ミュージカル作品のスタンダード・ナンバーになる事は間違いない?!
各々の役者さんは…という感想は、恐ろしく長文になりますのでまた後日の観劇後に改めます。

青い旗 キャスト
マルグリット・アルノー:笹本玲奈/ルイ・ジョセフ&貧民の子供:川綱治加来/ルイ・シャルル&ジャネットの息子:水谷一弥/マリー・テレーズ&貧民の子供:黒沢ともよ

関連記事

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

今年で7年目の今公演。 よってこの7年間の私は『観劇納めは博多座文楽公演で』という事で今年も納めて参

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇雪組公演・フットルース【博多座】

【フラッシュダンス】や【フットルース】等の青春グラフティ的なダンス映画の公開が相次いだ当時を懐かしん

記事を読む

博多座おぼえ書き

ジェーン・エア【博多座】

松さんは今年5月【ラ・マンチャの男】に続いて二度目の博多座登板。 2002年以来10年振り…で、いき

記事を読む

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・三国志【博多座】

永い間、お待ちしていました…。 博多座が出来て嬉しい!ってのは何故って? そりゃもう絶対【スーパー歌

記事を読む

博多座おぼえ書き

滝沢歌舞伎2014【博多座】

以前、歌舞伎のご指導を猿弥さんがされている…というのを知って「一度観てみたい」と思っていた滝沢歌舞伎

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

1、2月の松竹座、4月の歌舞伎座と追っかけて「待ってました!がんじろはん!」。 ようこそ博多座へ! 

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

今公演1日だけ設定された“着物の日”でした。 以前は公演期間中に平日に2回開催されていましたが、ここ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

【竹本義太夫300回忌】【近松門左衛門・生誕360周年】の今博多座公演。 昼夜ともに近松作品でしたが

記事を読む

博多座おぼえ書き

ラ・マンチャの男【博多座】

幸四郎さんって、博多座に来る時は集中して御出演…来ない時はとんとご無沙汰、という印象。 でもって来福

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (34)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(2017.12.1〜31)
    ●【昼の部】
    公演によって異なります
    ●【夜の部】
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑