博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

ウィケッド(USJ特別版)【USJ】

ブロードウェイミュージカル【WICKED (ウィケッド)】は、あの“オズの魔法使い”よりずっと昔のお話。 “良い魔女(北の白い魔女)”と“悪い魔女(西の黒い魔女)”は以前は友情で結ばれていたが、いつしか相反する別々の道へ…という過程を辿る、二人の魔女の友情をベースにした物語(原作【オズの魔女記】)
2003年10月30日から上演され現在もなお大ヒットしているミュージカルで、今年7月12日からそのダイジェスト版とでもいうべき【USJ特別版・ウィケッド】がUSJで上演されています(BW版=約2時間30分・19曲、USJ版=約30分・4曲)
★【ウィケッド公式サイト】 こちら
私【オズの魔法使い】は高校生の時に所属していたESS部の英語劇で上演した過去がありまして、人一倍思い入れが強いお話なんです(部員全員で脚本から書き起こしたのだっ!) ですから、そのもっと前のお話が再びミュージカルで!とあらば、観たくて、観たくて、観たくて~「頑張ってブロードウェイに観に行こうかな?」って密かに本気で思っていたら…この夏からなんとUSJで特別版が上演開始とあって嬉々☆
わずか30分ながら、作品のイイとこ取りで雰囲気を堪能でき「全編通しで是非とも観てみたいっ!」と思わされるものでした。
私が観た時はエルファバは英語圏の方、グリンダは日本人が演じてて…歌詞やセリフは英語と日本語がミックス(電光掲示板で字幕表示あり)されていて不思議な感じ。 曲はどれも耳に心地良く残り印象的(CDお買い上げ~♪)
特にエルファバが熱唱する【The Wizard And I】には、一気に彼女の気持ちに引き込まれ、こんなにイイ子がこれからどんな事に遭って“悪い魔女”となってしまうのか?という辛い気持ちになってしまいました。
なんか…ちょっと映画【キャリー】を彷彿とさせるものが? 大人しく、引っ込み思案な女の子の感情が爆発してかけてしまう魔法が恐ろしく強大なものであり、最後はコントロールが効かなくなってしまうあたりとか…。
セットも歌もダンスも…「これ別料金払わなくてイイの?」と思ってしまうくらいの、思いがけない満足度♪ 特にラスト演出の迫力は圧巻!
早く全編通しで観劇出来る機会が訪れますように~。
WICKED
後に西の悪い魔女となってしまうエルファバは肌が緑という理由で人々に避けられてしまう。 ちょっと引っ込み思案で真面目な性格の女の子。 実は強力な魔法の力を持っており、その能力が故に後の姿となってしまう。
後に北の良い魔女となるグリンダは、ブロンドヘアと容姿が自信満々でオシャレ命!な女の子。 ちょっと我がままで自己中心的な性格もその容姿で許され人気者。 しかし皆から避けられるエルファバを放っておけない優しさも。

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

禅・ファイヤー・フランツ!(エリザベート)

石川禅さんのフランツは…いろんな意味で目が釘付けです☆ メイクや演技で、ものすご~く化ける役者さん

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

わたしは真悟【新国立劇場 中劇場】

私、今回のミュージカル舞台化になるまで楳図かずお先生の原作を知らなかった。 でもって観劇前に原作を読

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

メリー・ポピンズ【東急シアターOrb】

濱田さんがメリー・ポピンズ!…とあらば遠征するに決まってるでしょう! 【ラブ・ネバー・ダイ】のクリス

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジャージー・ボーイズ【久留米シティプラザ】

2016年4月27日、旧井筒屋跡にグランドオープンしたこの劇場に今更ながら初めて行ってきました! し

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラ★カージュ・オ・フォール【北九州芸術劇場】

今公演が発表された時から『9年振りの再演』『市村ザザ☆ファイナル!』に加えて、相手役のジョルジュが鹿

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

スウィーニー・トッド【青山劇場】

2007年からの4年振り再演です!(って前回の観劇から4年も年月が経っていたとは…愕然~)。 あれか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (1)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ダンス オブ ヴァンパイア(1〜7)
    キレイ-神様と待ち合わせした女-(13〜19)
    天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~(23〜27)
    ●昼の部/公演により異なる
    ●夜の部/公演により異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑