博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

風と共に去りぬ【博多座】

1987年からスカーレットを舞台で演じている大地真央さん。 2001年にミュージカル版なってからも引き続き…という持ち役で今回は3年振りの再演との事。
大地さんの舞台は、博多座で【ローマの休日】【マイ・フェア・レディ】【サウンド・オブ・ミュージック】…といずれも主役で拝見しましたが、この【風と共に去りぬ】のスカレーットが一番合っていると思いました。
恥ずかしながら私は原作の読破は遠い過去に挫折したまま汗なのですが、映画では繰り返し観ていますので、スカーレット像の基準はやはりビビアン・リー。 それからしますと、キャラクターの持つ勝ち気さ、気丈さ、自由奔放さ、そして凛とした美しさはどれを取っても大地さんはピッタリで納得させられます。
けど…けど…、いつも通りやっぱり“大地真央”でした汗汗
♪マグノリアの花が咲いているわぁーーーーーっ♪ 耳から離れないっ冷や汗
作品としては、ご覧になった方からの評判はあまり芳しいものではなかったのですが、以下、自分の目で観て…の感想を。
映画をベースに観劇すると、実に忠実に再現してあり、感心させられました。 舞台美術も数々の名シーンとして印象的ものが形となっている事に驚き、特に【火の海の中から馬車で脱出】の迫力と【ラストシーン】再現は見事!
衣装は…さながら“大地真央ファッションショー”。 全部で何着なんでしょうか?! 同じ色でも微妙にデザインや髪型が違っていたり…と目に楽しい♪
スカーレット衣装
しかし…作品全体として観た時“ミュージカル”というよりは“音楽劇”という印象。 一曲として耳に残る曲が…なかったです。 『日本人が作った曲に、日本人が書いた詩で歌う』というセールスポイントでしたが、耳と心には…ス~ッと通り過ぎる感じで、引っかかりがナイんですよね。 ミュージカルを観た後って、大抵その曲が頭の中でグルグル回って、思わず口ずさんでしまうのですが…皆無汗
今井清隆さん@レット・バトラー
この作品に置いてのキャラクター描かれ方が弱いんだと思います。 ヴィジュアルはレット・バトラーではあるけれど…あるけれど、弱い。 その歌声は絶好調で聴かせてくれるものの…その楽曲のせいで、耳に残らない。 今井さんは悪くない、んだと思います、多分。
杜けあきさん@メラニー
博多座では【サウンド・オブ・ミュージック】で大地&今井さんと再度共演でご出演ですよね。 本当にお綺麗で見とれちゃいます。 宝塚時代にレットとアシュレーを演じた事があるだなんてビックリ! メラニーのもつ“清楚で控えめでありながら芯の強い女性”という像を好演。 今舞台で一番印象に残りました♪
岡幸二郎さん@アシュレー
臨終の床にあるメラニーに意気消沈する様が素晴らしかったです。 あの姿を見たら、そりゃスカーレットも目が醒めるわな、って感じの弱さで。 もっと歌を拝聴したかったな~。

関連記事

博多座おぼえ書き

恋ぶみ屋一葉【博多座】

思いがけず観劇。 浅丘ルリ子さんの博多座ご出演は2001年1月公演【墨東綺潭】から7年振りとの事で

記事を読む

博多座おぼえ書き

海神別荘【博多座】

本日の博多座は【着物の日】で客席は華やか☆ 着物着用者には久留米絣のミニポーチのプレゼントが♪ 夜

記事を読む

博多座おぼえ書き

九月大歌舞伎・昼の部【博多座】

勘九郎さん&福助さん博多座座初お目見え! 昼は見取り狂言、夜は通し狂言とバラエティー豊かな演目が勢揃

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・三国志III ~完結篇~【博多座】

新橋演舞場の次が博多座とは~!! シリーズ完結篇という事で3、4月に新橋演舞場で上演。 例年だと博多

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×山口)【博多座】

『ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品』と聞くと、期待は高

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミュージカル・天草四郎 【博多座】

毎年12月の博多座は【市民檜舞台の日】として様々な公演が数日単位で上演されていますが、私、文楽公演以

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

八代目・芝翫、四代目・橋之助、三代目・福之助 、四代目・歌之助と親子4人での襲名披露という大変おめで

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼の部【博多座】

四代目・尾上松緑襲名披露公演♪ 昨年の平成14年5月歌舞伎座での襲名披露公演から始まった【四代目

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(吉原×川口)【博多座】

博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。 映

記事を読む

博多座おぼえ書き

おもろい女【博多座】

過去に代表作【放浪記】で二回の博多座公演をされた森光子さんが、今回はそれと並ぶ代表作【おもろい女】で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 5月公演中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑