博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

エリザベート(武田トート)【日生劇場】

帝国劇場が改装中との事で、今回は日生劇場での公演。 …という事で、袖舞台がナイ為の、舞台規模に合せた演出の変更も多々あり、これもまた楽しめました。
【キッチュ】でのスライドの絵柄、何点か変わっていた気がしたのは…気のせい?
一番スッキリしたのは、シシィが木から落ちる時の映像。 ちゃんと引力に従った髪の毛の方向になってました♪
さて、観劇の一番の目的は“禅さん@フランツ”…ではありましたが、やはり今回は新トート・武田真治さんに注目観劇とならざるおえません!!
超ハードリピーターが多い大人気作品であり、観客も出演者も初演からの続投組も多い中、トートという大役で…しかもミュージカル初出演、というとてもつないキツイ状況での登板でしょうから、武田さんのプレッシャーたるや~冷や汗
総体的には…これだけの状況下の中、独自の“武田トート”というキャラクターを創造していた事に感嘆し、この段階でココまでのものを観せてくれた事に大きな賛辞を送ります!
イメージは小悪魔的というよりは“堕天使”でしょうか。 ヴィジュアル系です。 顔、ホント綺麗です☆
武田トートの唄い方は内野トートの流れを組むロック&シャウト系ですが、オリジナルで大きな特徴があるのは…【所作】と【衣装】
小柄で華奢な方ですから“闇の帝王”という役所から『大きく見せよう』という工夫がそうさせるのか? はたまたその風貌に見合った“小悪魔的”な妖しい雰囲気を醸し出すためか…手振りや動きがとても多く印象的。
残念なのは、背を高く見せようとするが為の“ポックリ・ブーツ”汗 それはあんまりな~、な上げ底ぶりで捻挫しないかと心配なほど。 次々と替わるきらびやかな衣装がどれも美しくキマっているだけに、足元のブーツがそれを台無しにしています。 あれは…別に無理に高く見せる必要なナイのでは? せっかく独自の“トート美”を創り上げているのに勿体ナイ! お洒落では足元が肝心ですもの。 見た目も…だし、第一動きにくそうだし、改善を願います~。
演技の方は、武田さんのトートに対する解釈がとても面白かったです。 “闇の帝王”というよりは、死の世界メンバーの一員だけど、その中ではちょっと変わり者な感じ。 自身が今居る“死の世界”より、“生の世界”に興味があり、度々訪れてはちょっかい出している…というような男の子。 力で支配し死の世界へ引き込む…というよりは甘く誘惑する(お願いだからこっちの世界に一緒に来てよ、というような)感じ。 だから私の中では“堕天使”の印象を強く受けたのかも。
一番驚いたのはルドルフに死のキスをしながら、唾を吐き捨て軽蔑したようにニヤリと笑うところ!! すご~く新鮮でした☆
歌は…試行錯誤されているようで、失礼ながら「意外とウマイ」。 ソロだと不安定な部分もあるけれど、ハモるところは○ 【私が踊るとき】ではすごく情感豊で素直に感動。 エリザベートと対決…な感じで、拒否されるとひどく傷付いてナイーブな男の子、という感じ
で、その衣装。 私の“お絵描き魂”に火が付きましたっ!
基本的にウエストシェイブの七分袖、ヒップハンガータイプのパンツ(お尻小さい!)、同じ色で型違いのパンツやブラウス、黒のバンツ×黒のブーツもあれば、黒のパンツ×赤ブーツもあり…とコーディネイトもいろいろ やっぱり“赤=ワインレッド”という暖色が取り入れられていた所が新鮮です♪ マエストロでは懐かしの白ブラウスで興奮しましたが、ボトムは黒でした。

青い旗キャスト
トート:武田真治/フランツ:石川禅/ルドルフ:浦井健治/ゾフィー:寿ひずる/少年ルドルフ:塩野魁士

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

スウィーニー・トッド【青山劇場】

2007年からの4年振り再演です!(って前回の観劇から4年も年月が経っていたとは…愕然~)。 あれか

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ヘアスプレー【オーチャードホール】

11歳にして“ミュージカル・フリーク”の素敵な友達・K君が、2年前に【ブロードウェイでミュージカル観

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ファンタスティックス【キャナルシティ劇場】

思いがけず観劇の機会をいただいて、なんの予備知識も無しに劇場へ。 タイトルは耳にした事があったので

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章【帝国劇場】

昨年夏の初演から早くも再演。「再演では結構手が入るだろうなぁ…」と素人ながらに思ってはいたものの、「

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ペテン師と詐欺師 【北九州芸術劇場】

日本のミュージカル界を常に牽引し続けている2大スター・鹿賀丈史さんと市村正親さんがガップリよつに組ん

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

舞台は2005年に一度しか観たことがナイのですが、後にデビッド・ハッセルホフ(←【ナイト・ライダー】

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

サ・ビ・タ【大野城まどかぴあ】

2008年日本初演以来のオリジナルキャストでの再演。 今回の上演に先駆けて昨年11月に同会場にて行わ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウィケッド(USJ特別版)【USJ】

ブロードウェイミュージカル【WICKED (ウィケッド)】は、あの“オズの魔法使い”よりずっと昔のお

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

フランケンシュタイン(中川×加藤)+トークショー【キャナルシティ劇場】

アッキーの舞台を観るのは何年振りだろう? 最後に観た作品は何だろう?…と記憶にナイくらい久し振りな私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (26)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 六月博多座大歌舞伎 (2017.6.2〜26)
    ●【昼の部】
       11:00〜15:30
    ●【夜の部】
       16:30〜20:35
  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑