博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

アラビアン ナイト【スペース・ゼロ】

お誘いをいただきまして、私“初・文学座”。
…と言っても、今回は『子供も楽しめる大人の芝居』をコンセプトに企画された“文学座ファミリーシアター”という作品のひとつを観劇。 …なので、いつもの文学座のお芝居とはちょっと趣が違っていたでしょうね?
今作品【アラビアン ナイト】は4年前に好評を博したとの事でそれからの再演。

便箋 あらすじ
最愛の妻から裏切られた国王は、その妻の替わりに毎夜若い娘を妻に迎えては翌朝処刑するという残忍な人間に変わってしまった。 そこで国の娘と国王自身を救おうとシャハラザードという娘が自ら王の妻となる。 初夜“世にも不思議で面白い物語”を語り聞かせると、王は興味を示しその続きを聞きたいが為に、彼女の翌朝の処刑を延期する。そうして千日間、夜毎ひとつずつ語った物語も尽きる時がきた…。
有名な千夜一夜物語から【アリ・ババと四十人の盗賊】【ある乞食の物語】【船乗りシンドバッドの冒険】【アブ・ハサンが屁をした話】【ものを食べない奥さんの話】【妹をねたんだ二人の姉】を、目黒未奈さん@シャハラザードが、早坂直家さん@国王に次々と語り聞かせる。
舞台美術は傾斜がついた板目の丸盆のみ、が基本で、その上に木が差し込まれたり、切り穴から小道具を取り出したり…という、至ってシンプルなもの。
役者の衣装も全員全身白で、物語ごとに多少+α小物がある程度。
巧みな語りで物語とキャラクターの状況説明で舞台は進み、観客のイマジネーションにゆだねられる部分が大きく、それはなんの苦もなく皆、アラビアの世界へと誘われる
音楽は4人のミュージシャンによる生演奏で、使われる楽器は民族楽器も入れて30種もあるそうで、独特な世界観を演出に一役買っていたのも興味深かった!
“ファミリーミュージカル”という類いの作品は他劇団でも観劇したが、それは完全にその物語の世界を美術や衣装で造って見せるもの。 見たままのものに対して子供たちは各々に何かしらの感動を覚えるのだろうが、それに対し、シンプルに徹したこの舞台は“想像する力を育む”という作用が大きく働くと思う。 これはとても大きな魅力であろう
語られる話の中には初めて聞くものもあり、忘れかけていたものが鮮明になったり、面白かったり、怖かったり、リアルだったり…。
中でも【妹をねたんだ二人の姉】ではマスクプレイで、ますますイマジネーションをかきたてられ、人間の愚かさについて深く考えさせられ印象に残った!
とにかく初めて観るタイプの芝居だったので、とても新鮮に感じ大変面白かった♪

関連記事

その他観劇おぼえ書き

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極【IHIステージアラウンド東京】

【髑髏城の七人】でありながら捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔(シュラテンマ)』。 天海さ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

銀河鉄道999〜GALAXY OPERA〜【北九州芸術劇場】

『銀河鉄道999・40周年』として舞台上演と、スカパー!ドラマ放映(キャスト違い)の2018年夏。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

公演会場のホールがあるIMSのフリーペーパー【ims crip】11月号に掲載されていたイッセーさん

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・夜の部【博多新劇座】

初めて大衆演劇というのを観たのは三年前で、この橘菊太郎劇団。 それから数えてこの劇団を観るのは今回が

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

春の公演、初日観劇。 しかも初めての最前列にて! 初日だったからなのか?初めての間近での拝見だったか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛、時をこえて 関ヶ原異聞【THEATER1010】

私、段治郎ファンです。 コレは結構長いです。 そして貴城けいさんファンです。 これは彼女がトップお披

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

髑髏城の七人 Season花【IHIステージアラウンド東京】

劇団☆新感線の代表作のひとつ【髑髏城の七人】シリーズが『花・鳥・風・月』の4シーズンに分かれて1年3

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

中村福助 『歌舞伎・女形の美』【福岡シンフォニーホール】

【九州市民大学】の11月講師として講演 この大学は月に一度、いろいろな分野で活躍している著名人を招い

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

通し狂言《木下蔭真砂白浪》【南座】

翌月は同じメンバーでの演目が博多座で上演というのに…新作とあれば、我慢できずに遠征しちゃいました☆ 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑