博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

今年の三月歌舞伎座公演は…十三代目片岡仁左衛門さんの十三回忌の追善公演
私は残念ながら、十三代目さんの生の舞台を拝見する事に間に合わなかった歌舞伎好きのひとりですが、役者として人間として大変魅力的な方だった事は今なお熱狂的なファンがいらっしゃる事をはじめ、我當さん、秀太郎さん、十五代目仁左衛門さんの父親として役者として敬愛してやまない言葉の端々に感じられ認識している…つもりです。
歌舞伎座の正面玄関を入ると優しい笑顔の十三代目さんのお写真が出迎えてくれ、2階のロビーでは数々の名舞台のお写真が展示されており、この場に立ち合えなかった悔しさと、素晴らしいだったであろう舞台に想いをはせていました。
特に印象に残ったお写真は新口村の孫右衛門。 忠兵衛と梅川を逃がし、頭を抱えて泣き叫ぶ…あのラストシーンのお写真からは振り絞る声が聞こえてくるようで、しばしボーッと立ちつくして拝見してました(周りの方邪魔ですんまっせん)

吉例寿曽我

“ザ・歌舞伎”ですね。 愛之助さん@八幡三郎進之介さん@近江小藤太が、鎌倉鶴岡八幡宮の大石段で巻物を取り合いながらの立ち廻り、そして“がんどう返し”で舞台転換。 超大掛かりなセットに「おぉ~っ」とうなると、大ゼリでキャラクター全員集合でガーッと型を決めて上がってくる豪華さ☆
「はぁ~っ、やっぱ歌舞伎、好きばい!」と改めて思う演出の連続でしたね、コレは!
後は“対面”や“だんまり”で次々と型を決め…終わり。 ってキャラクターを知らないと「え~っ?!皆さんそれぞれ誰だったのよ~」「何がこの演目は言いたかったのよぉ~」な一幕。 あ~、面白い豪華絢爛満足でした。
そういえば翫雀さん、先月の博多座でも曽我五郎でしたね♪(今月はコレだけ)

吉野山

どなたか教えてください。 人気舞踊なのは分ります…分りますが、ちょっと演りすぎじゃナイですか? それとも歌舞伎座では久し振りにかかったのでしょうか?
…とは言っても今回の配役で拝見するのは初めて。
一番楽しみにしていたのは東蔵さん@逸見藤太。 実は私、東蔵さんの道化役って、多分初めて拝見したんです。
でもって、この演目で“時事ネタ”が仕込まれるなんてビックリでした!(これは国立、PARCOでも同じネタが…でしたね)
愛嬌…というよりは、ひょうひょうとしている印象でありながら可笑し味がありながら…パワフル! 東蔵さんの幅の広さに感嘆した一幕でした。
福助さん@静御前は…私が今まで福助さんに感じた事がナイほどの可憐な感じで意外な印象。
幸四郎さん@狐忠信は…何故だか不気味。狐が人間に化けているのだから怪しい感じがあって然るべきなんでしょうけど、表情が?恐かったです。

道明寺

十三代さん@菅丞相はその名演が伝説となっているこの演目
今回、四年振り三度目、当代仁左衛門さんは菅丞相を務めるにあたって1月末には福岡・太宰府に参詣されました。
・「この演目を出す時には、他の芝居には出ない」
・「天神様のお遣いの牛は食さない」
・「夜の街は出歩かない」
・「楽屋は天神様の軸を掛けて塩と水を毎日取り換え、舞台の前後に拝む」
という日常の精神面からの徹底されるそうで、その役に入っていらっしゃる心がけでつとめていらっしゃるのですね。
ちなみに私、今演目は映像も含めて今舞台で観るのが初めて。 しかしながら、先月の博多座公演【時平の七笑】を観ているので(道真が時平の策略により太宰府への左遷が決まるまで)、続きを観ているようでスッと物語の中に入っての観劇。
芝翫さん@覚寿は婆役の大役。 さすがに立派!というのは失礼かもしれませんが、武家の女性としての凛とした強さ、母親としての慈愛がヒシヒシと伝わってきて感動しました。
仁左衛門さん@菅丞相人間と木像の演じ分けも大きな見所のひとつで、深刻な場面ながらも、その演じ分けの見事さに客席から笑いがもれるほどで、木像の時は瞬きさえしない演技に感嘆。 凛とした涼やかであり、悲しみをたたえる気品と風格は当代では十五代目さんしか表現できないのでは、とさえ思えました。
計らずも菅丞相の流罪の原因をつくってしまった孝太郎さん@苅屋姫。 自らの心のままに行動する…という印象を強く受け、姫のキャラクターは見ていると、ちょっと歯がいい…というか軽い憤りさえ感じられました(姫は何才の設定なんだろう?) 母親を押しのけて前に出たり、たたみかけるように早口で己の気持ちを述べるなど…“気丈”というよりは“気が強い”印象が強く、かなりビックリ☆
段四郎さん@宿禰太郎。 憎らしい!けど滑稽さも充分で豪快。 自分の妻・秀太郎さん@立田の前を、自分の父親と共謀して殺すのだからなんたる非道!と。
憤慨してしまうワルぶり。 時折、笑いが起こった滑稽さがよりワルぶりを際立たせた印象もありました。

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

御名残三月大歌舞伎・二部【歌舞伎座】

来月のさよなら公演がホントの最後ではありますが、私にとっては今回の遠征で現歌舞伎座が見納め。 人の多

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

市川猿之助七月大歌舞伎【歌舞伎座】

1泊2日で、またまた遠征して参りました♪ 7月になったばかりだというのに、お江戸は立ちくらみがするほ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】 

車引 名子役・清水大希くんが、中村屋さんの部屋子として“中村鶴松”を襲名し、杉王丸で出演。 私自身

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

連日、仕事に忙殺されてまして…当日は朝1便で東京入りしたので「何の為にわざわざ東京に来たのよ?!」と

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

近頃河原の達引 私、初めて拝見する演目です。 ですから、猿が糸操り人形だという事も全く知らなかっ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

華果西遊記 昨年12月の再演でしたが、私は初観劇。 これでもか!これでもか!と繰り出す“蜘蛛の糸”

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

九月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

平家蟹 岡本綺堂作の新歌舞伎。 冒頭には物語の背景を映像を交え白石加代子さんの語りで観客に伝える等

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

芸術祭十月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

葛の葉 魁春さん@葛の葉は初役との事。 いつもの事ながら、姫と女房をクルクルと早替わる様に「舞台裏

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

3月からの三ヶ月間に渡る【第十八代中村勘三郎襲名披露公演】の最終月です。 しかもこの日は楽前とあって

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

嫗山姥 実は、今回の観劇の一番の楽しみは、猿弥さん@腰元お歌♪ 絶対ラブリーなのは判ってたけど…や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑