リトルマーメイド【四季劇場・夏】

ディズニー・シーの【マーメイドラグーンシアター】の上演を観た時、「これが丸々1本のミュージカルとして観れたら最高☆」と日本での上演を待ち望んでいた作品が、いよいよ今春、劇団四季で上演☆…とあらば、しかも“海もの”とあらば、早速観に行くでしょう!
私はディズニーのアニメ映画【リトルマーメイド】を観たことがナイので、いわゆるアンデルセン童話の悲しいラストとの違いを知らずにハッピーエンドにビックリでした! が「ディズニーだから王子様とお姫様はめでたく結ばれ末永く幸せに暮らしましたとさ」な訳ね、と納得。
今まで舞台でのワイヤーアクション…と言ったら、演者の数人が動く程度でしたが、舞台は海中。 殆どの役者がワイヤーで吊られていると言っても過言ではないくらい、あらゆるキャラクターが浮遊しながらのお芝居です(腰にひどくダメージがありそ~う) 海底や岩場に足を着けている時も、水中に漂っている様を表現するため全身をグラインド(これが目に慣れるまですご~く気になるっ!) アリエル達の髪は何故あんなソフトクリームみたいに尖ってるんだろう?と思っていたら…ガッテン!水中での表現なんですね~。 と、あらゆるところに素材や形、動きに工夫がされてあって目にすごく楽しい!! キャラクターを(動きを)前面に出しているせいか、背景やセット自体はすごくシンプルな印象。

楽しみにしていたのは【Song & Dance2】で耳馴染みのあったナンバー“ アンダー・ザ・シー”が、どこのど~ゆ~場面で唄われるんだろう?とワクワク待機(公演時、客席から舞台に引っぱり上げられた苦い思い出) 美女と野獣でいうところの“ビーアワゲスト”なんですね、楽しい~♪
で、ん~なんでしょう? 「面白かった」んだけど、「楽しかった」んだけど、「華やかで綺麗」なんだけど…。
何か心に訴える、残る“教訓?的なもの”がナイというか、そんな印象で“親子で楽しめるお伽噺ミュージカル”な印象でした。 大人が楽しむのには今ひとつ惹きが足りないかな、うん。

劇場 キャスト
アリエル:谷原志音/トリトン:村俊英/アースラ:白木美貴子/セバスチャン:飯野おさみ/スカットル:丹下博喜/グリムスビー:松下武史/フランダー:大空卓鵬/フロットサム:一和洋輔/ジェットサム:中橋耕平/シェフ・ルイ/リーワード:岩城雄太

タイトルとURLをコピーしました