博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

九月大歌舞伎・夜の部【松竹座】

待ちに待っていた【幸助餅】の再演と、翫雀さん@源義経という…私にはたまらない狂言立ての松竹座・夜の部に遠征してきました♪(岡村ちゃんのチケットが取れたのが大阪遠征の一番の要因ですが)

華果西遊記

よ~くかかっている印象ですが、観るのは久し振り。
常磐津連中は上手に居並んでいましたが…前列一番手前の方「翫雀さん?」ってなくらい似ている方がいらしてビックリでした(どんだけ翫雀さんを早く観たいのさ!私)
沙悟浄って“ヒョロヒョロとヤセてて背が高い”イメージが勝手に自分の中にあって、猿弥さん@猪八戒との対照的な体格の違いもコミカル要素のひとつかと思っていたのですが…初めて拝見する弘太郎さん@沙悟浄は小さっ!
「苦しい時のサル頼み~」って、この本って…右近さん@孫悟空に重きをおいて改訂(短縮?縮小?)されてますか? 以前はお供の三人が力を合わせて共に戦う立廻りだったように記憶しているのですが…悟空以外のキャラの活躍がすご~く少なくて「あれ?」という印象(かつては二人宙乗りまであったのに)。 孫悟空の“分身の術”は健在なんですね♪ 12匹の可愛いお猿ちゃんたちが「キャッキャッ」と愛らしく踊る様にニッコリ。 どの子も細部まで躍りがバッチリ決まってました☆
笑三郎さん春猿さん@蜘蛛姉妹の、美女ツーショットってホント久しぶりに拝見しましたが…やっぱりお綺麗ですね。 階段でのWえび反りは凄かったです! 岩山にワラワラと姿を表した蜘蛛の手下が戦いを挑む孫悟空を芯にして8本の足を棒で表現したのに感嘆。 ラストは滝の糸が舞台幅いっばいにザッと降りて絵的に綺麗☆
しかし…段治郎さん、歌舞伎の舞台に立つあなたを私は何年間観れていないのだろう?

勧進帳

翫雀さん@源義経です! ま…成駒屋さんからしたら、すごく当たり前なんでしょうけど…やっぱり翫雀さんが~って貴重ですよね(いつが初役だったんでしょう?) 容姿は…福々しくて可愛い♪…ってこれはもう贔屓目なので公平な感想は無理です。 ま、こ~ゆ~ちょっとホワンした義経も新しくってイイんじゃ。 でも、声音は…もうちょっとソフトな感じが良いのでは~? 外見に反して逃げ足が機敏なのには「早っ!」とその意外性にクスッ☆ ごめんなさい、もう贔屓の感想でしかありません!
團十郎さん@富樫佐衛門って私、初めて拝見。 声がなんか弱々しくて(喉が不調?)なんか存在が軽いというか?コミカルな印象を受ける不思議(何故か客席から笑いが起こるし)
海老蔵さん@武蔵坊弁慶は「あの…この演目って顔芸ですか?」 全てに力が入ってて、観ててすごく疲れた。 もう、ちょっと…これはいろいろと酷い
翫雀さん@義経観たさの観劇でしたが、70分間はっきり言って苦痛でした。 そういえば11月、博多座で成田屋親子の【勧進帳】また観なくちゃいけないんだなぁ(お役は逆だけど)

幸助餅

も~、再演を待ってました! しかし…前回から6年も経っていたとは驚きでした! 今回どこがどう変わったのか?は、さっぱり判りませんでしたが(前回はいきなりスッカラカンになった幸助じゃなかったような?)いろいろと改訂されているようでした。 また…翫雀さんと澤瀉屋さんがこんなにガッツリ組むのも珍しいですよね。 配役は頭に入っていたものの、実際舞台に居並んでいると目に新鮮でした。
「のこった、のこった~!って、残ったのは借金ばかり」「好きなものほど怖いものはナイ」って亀鶴さん@三ツ扇屋帳場平兵衛辛口具合がナイス☆ 笑三郎さん@三ツ扇屋女将お柳の関西弁って地元の方どうなんですか? おかみさん風情がはんなりとした感じもすごく自然で幸助に諭し言い聞かせる様に貫禄は充分で素敵。
翫雀さん@大黒屋幸助ラブリー♪ お柳から諭されてシュンとなっちゃう翫雀さん@幸助さんはホントに可愛い☆ やぐら太鼓は悪魔の声って、この時代も悪魔って言うだ~ちっょと違和感があったのですが、普通?
ついつい相撲の、雷関の話に熱が入って夢中になる幸助に「そりゃもっともだ」と同意しちゃう右之助さん@叔父五左衛門もお人良しでイイ感じ。
前回観た時は彌十郎さん@雷だったので、幸助との体格の対比もおかしく、でっかい関取をヨシヨシと愛でる小さなコロンとした旦那の図が可愛かったのですが…今回は右近さん@関取雷五良吉。 体を大きくみせる為に不自然なほど着込んでデッケェ感を演出してました。 右近さんは大きく見える演技、翫雀さんは相手を大きく見せる演技が大変そうでした。 「ついた餅が尻餅~」と幸助を突き放す冷たさは良かったです。
春猿さん@芸者秀ゆうのついと走り出た姿に「あら、べっぴんさん」 やっぱり艶やかですね春猿さん。
私、猿弥さん@女房おきみの…猿弥さんの真面目な女形って言い方も変ですが、笑いを取る道化役以外の女形を観たのは今回が初めてです。 で…やっぱり何やっても上手いですね、猿弥さん。 そして女形でも山城新伍に似てるうえ、京塚昌子さん(私もリアルタイムで知っている訳じゃナイよ)はたまた春川ますみさんをほうふつとさせる“ふくよかどっしり女将さん”♪ 幸助さんと二人で支え合ってラブラブで…ってと~っても可愛らしい福々した似た者夫婦。 共に怒ったり、泣いたり、喜んだりでとにかく可愛いの!
そして壱太郎くん@お袖ちゃんの可憐なこと。 ラブラブの真ん丸夫婦を微笑ましく見ながらも割って入る大胆さにニッコリ。 この三人のスリーショット舞台写真、欲しかったなぁ~(翫雀さん×壱太郎くんは売切、猿弥さんとの夫婦ツーショットは出てなくて残念!)
身代を立て直し成功を納めた幸助にその実は…と判ってからは、泣いてしまいました。 涙がポロポロ~鼻水ズルズルで、と周りでもすすり泣く音が漏れてもました。 悪者が一人も出てこない、心が暖か~くなるお話ですね。
愛嬌のあるお人好しの単細胞(語弊ありですか?)を演じたら翫雀さんピカイチ☆だと改めて思った再演でした。

関連記事

大阪松竹座おぼえ書き

寿初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

菊畑 私、初めて観た演目です。 これまた吉右衛門さんが21年 ぶりに智恵内演じるとあって話題の演目

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

七月大歌舞伎・昼の部【松竹座】

昨年の11月、南座の顔見世からスタートして各地を巡っていた襲名披露公演がよ~やく地元、大阪・道頓堀の

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

浪花花形歌舞伎(Aプロ)【松竹座】

8日間という公演でしたが、4/24・25に大阪松竹座に遠征してきまして、25日は千穐楽でした。 楽し

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

染模様恩愛御書【松竹座】

幻の傑作狂言・三世河竹新七作【蔦模様血染御書】を基として、この度染五郎さん×愛之助さん主演により復活

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽 初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】

毎年『その年の歌舞伎はじめは松竹座』なのですが…今年は藤十郎襲名の為、お目当ての翫雀さんは歌舞伎座へ

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・昼の部【大阪松竹座】

毎年恒例“歌舞伎はじめは松竹座”って事で2010年もやって参りました~♪ 演目が発表された時は「年

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

七月大歌舞伎・昼の部【松竹座】

例年だと“夏に遠征”というのはあり得ない私ですが、今年は以前からすご~く観てみたかったミュージカル作

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

二月大歌舞伎・昼の部【松竹座】

嫗山姥 実はあまり回数観た事がナイ演目で(なのに私の気絶演目認定作品)久々の観劇。 八重桐や【毛谷

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

七月大歌舞伎・夜の部【松竹座】

一條大蔵譚 個人的には…この演目はお腹いっぱい、という感じ。 何故か立て続けに観ている印象でして…

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・夜の部【大阪松竹座】

七段目【祇園一力茶屋の場】 秀太郎さん@遊女おかる。 上方式はお着物が胴抜きなんでそうで、ん~♪カ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (8)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • サザエさん

    (2019.9.28〜10.13)
    ●昼の部/11:00〜14:35
    ●夜の部/16:30〜19:35

    ふるあめりかに袖はぬらさじ

    (2019.10.18〜27)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    組曲虐殺

    (2019.10.31〜11.3)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑