博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

ポール・ポッツ【福岡シンフォニーホール】

ポール・ポッツさんの【Nessun Dorma(誰も寝てはならぬ)】で私、“歌を聴いて泣く”…という体験を初めてしました! イギリスのタレント発掘オーディション番組【Britain’s Got Talent】の第1シーズン(2007年)で優勝し、携帯電話のセールスマンから一躍トップスターへ☆ その初戦で披露したパフォーマンスをYoutubeで初めて観た時、鳥肌が立ち、涙がジワ~ッと出てきて…とにかく凄い衝撃と、感動と、勇気をもらいました! 今でも、何か迷ったりした時に動画を観ては『勇気を持って』『自分を信じて』と自分を鼓舞しています。
そのポールさんが日本で5都市7公演を開催!…という事で福岡公演、行ってまいりました~♪
総勢13名のオーケストラは指揮者とピアニストが本国からの参加のようで、他は日本人メンバー。 ポールさんご自身は蝶ネクタイのタキシードでビシッ!と…ですが、オーディション当初の印象からは全く変わらず…で、衣装替えもなく。 歌ごとに背景のスクリーンにはイメージビデオが流れ、その前にスタンドマイクを立てて朗々と歌い上げるポールさん。 奥のサイドテーブルには大きなグラス2個に注がれた水とマグカップが用意されて歌い終わる毎にかなりの量を摂取。 圧倒的な声量は体全体で共鳴させてホール全体に放出される感じ…なんで、かなりの体力を消耗するんだろうなぁ、と推察。
ライブは間20分の休憩をはさんでの二部構成で、アンコールを含め22曲を熱唱。 最新アルバム【パッシオーネ~燃ゆる想い】からのものが中心で、日本版のみ特別に収録されたという【Amazing Grace】もそのエピソードを交え披露。 朴訥としたトークからはその人柄が伺え、度々周りへの感謝の言葉を述べていたのが印象的。 特に、彼の奥さんに対する感謝の言葉はいつもジ~ンとさせられます(このツアーには同行させていないのかな?) ポールさんより上手い歌手は沢山いるでしょうけど、私にはポールさんの歌が特別心に響いて感動させられるのは彼の人柄とバックヤードによる所が大きいんだなぁ…と思った次第。
ソプラノ歌手・半田美和子さんがゲスト出演で、デュエット曲を2曲、ソロで4曲ほど披露。 その分、ポールさんの歌を聴かせてほしい…と思ったのは正直な感想ですが、やはりあれだけの声量で唄い続けるには適度に休息も入れないと…なんだろうな、と勝手に納得。
特に印象に残った曲は、イタリア語で唄ったミュージカルCAT’Sの【Memory】と【Summertime】…とそして、やっぱり【誰も寝てはならぬ】。 なんか…な~んか、ウルウルくるんですよね。 感動☆

終演後はパンフレット購入者にはロビーにてサイン会が。 ライブで相当疲れているでしょうに、かなりの人数の購入者一人一人に対し、丁寧に対応されていたようでニッコリ。
なんでも、ポールさんの半生を描いたハリウッド映画が米パラマウント・ピクチャーズのもとで制作されることが決定しているとか。 スクリーンで観れる日はまだまだ先のようですが、その日が楽しみ♪(企画倒れになりませんように…)
以下、セットリストです。

【第一部】
01:Overture / Various
02:Granada / Augustin Lara
03:Piano (Memory) / Lloyd Webber
04:Che Gelida Manina / Puccini
05:La Prima Volta / Ewan McColl
06:Duet – Libiamo (Brindisi) / Gioachino Rossini
07:Quando me’n vo’
08:Summertime
09:Core’n Grato / Salvatore Cardillo
10:I’m Yours / Romano Musumarra
11:Tristesse / Chopin
12:Caruso / Lucio Dalla
【第二部】
13:E Lucevan Le Stelle / Puccini
14:Mario Lanza Medley / Sigman Romberg
15:Dein Ist Mein Ganzes Herz / Franz Leher
16:Il Bacio
17:Ave Maria
18:Duet – Sei Con Me / Charly Ricanek
19:Une Giorno Per Noi / Nimo Rota
20:Amazing Grace / John Newton
21:Time to Say Goodbye / Quattro Satore
【アンコール】
22:Nessun Dorma / Puccini

関連記事

ライブおぼえ書き

2011 岡村靖幸LIVE「エチケット」【Zeep Osaka】

大学生の時から大好きでダイスキで…でも、実はライブ(岡村ちゃんの場合、LIVEの事をDATEと呼ぶ)

記事を読む

ライブおぼえ書き

『M.クンツェ&S.リーヴァイの世界』ウィーン・ミュージカルコンサート【キャナルシティ劇場】

幕が上がるまで今ひとつテンションが上がってなかったのですが(楽しみにチケット確保したのに)オープニン

記事を読む

ライブおぼえ書き

岡村靖幸 LIVE TOUR 2012 【Zeep Fukuoka】

「この機会を逃したら、今度いつ行けるか分らないっ!!」とばかりに、様々な事をなんとかやり繰りして昨年

記事を読む

ライブおぼえ書き

石井一孝・博多ただいまコンサートPart.3【Gate’s 7】

今年1月の博多座公演【天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~】で汗っかきエディを好演した石井一孝

記事を読む

ライブおぼえ書き

北翔海莉 1st ALL JAPAN TOUR 2017【キャナルシティ劇場】

ヅカ時代、北翔海莉さんの舞台を拝見したのは多分一度だけ(維新回天・竜馬伝!)。 「ヅカでもこんなに歌

記事を読む

ライブおぼえ書き

岡村靖幸 2017 SPRING TOUR ROMANCE【福岡市民会館】

岡村ちゃんの福岡DATE会場はZepp Fukuokaが常だっだけど、2016年5月8日に閉店(20

記事を読む

ライブおぼえ書き

岡村靖幸 live tour 2018 マキャベリン【福岡市民会館】

1年振りの、福岡ベイベが集う“岡村ちゃんDATE”、行って参りました! いや〜、まさかこんなにコンス

記事を読む

ライブおぼえ書き

MCT 10th Anniversary LIVE【福岡サンパレス】

【SONG CYCLE】と題して、大貫妙子・THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)・土岐麻子

記事を読む

ライブおぼえ書き

ARASHI Anniversary Tour 5×10 【福岡Yahoo!JAPANドーム】

人生初、アイドルのライブ参戦です。 しかもジャニーズです …ってか、頻繁に舞台を観るようなってから

記事を読む

ライブおぼえ書き

Blast! 【福岡サンパレス】

2003年の夏に日本初上陸以来、話題を独占しているステージをこの度初めて観ることができました♪ 映

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • マリー・アントワネット(2018.9.14〜30)
    ●昼の部
    12:00〜15:00
    ●夜の部
    17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑