博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

サ・ビ・タ【大野城まどかぴあ】

2008年日本初演以来のオリジナルキャストでの再演。 今回の上演に先駆けて昨年11月に同会場にて行われた【駒田一トークショー】で、作品に対する予備知識は多少得ていたものの、私は今回が初観劇。
『サララン・ビルル・タゴ = サ・ビ・タ = 雨が運んだ愛』という事で、駒田一さん@兄ドンウクの雨の誕生日は、親戚一同を招いて楽しく過ごそうとしていた所、ことごとくキャンセルされて落ち込む。 そこへ数年ぶりに突然一人尋ねてくる山崎育三郎さん@弟ドンヒョン。 変わり果てた弟の姿に兄が戸惑う気まずい雰囲気の中、ド派手な格好で原田夏希さん@パーティーコンパニオンのユ・ミリが家を間違えて乱入し…。
お話はドンウクの家の中だけで展開し、登場人物は3人だけ! ノンストップ100分の作品。 舞台両袖に用意されているジョウロの紐を客が引いて雨を降らせたり、舞台から投げられる小物をキャッチして返したり、俳優から頭をグチャグチャにいじられたり…と、本来は小劇場で上演されている作品だけに、アットホーム?というか、観客が思いっきり参加している感じが魅力のひとつ。 また『特別カーテンコール』として観客より公演前事前に申し込みを受付、当事者には当日サブライズで実施…という趣向が用意されているのも特徴。 ミュージカル作品としては初めて観る手法もあり楽しめました。
ただ…作品としては、いわゆるタモリが「ミュージカルは嫌い」という所の“突然歌い出す”感がすごく強くて違和感があり「これってストレートプレイでも良くね?」って感じだったのは正直な感想。 兄弟はめっちゃ歌ウマ~、なだけに、なんかちょっともったいない感じもあり…。 兄弟の和解の連弾が耳に心地よく響く空には虹がかかりハッピーエンドで後味スッキリ!ではあったんだけど。

各役者の感想を…
駒田一さん@兄ドンウク やはり上手い方だなぁ、達者だなという事を再認識。 部屋の中を気弱にセカセカと歩き回り、チマチマと洗濯物をたたんだり(ブラジャーのたたみ方に爆笑!)、食事を作ったりする様で“ドンウクの人となり”がよく解る。 セリフの量がはんぱナイと思うのですが、どれも明瞭で聴き取りやすく、ご本人曰く「今日1回の公演で昨年の博多座公演分(=クコール)を取り返すくらいしゃべった」との事(爆!)
山崎育三郎さん@弟ドンヒョン ピアニストとして将来を有望視されていた過去を感じさせる物腰の柔らかさがありながら、船乗りとして働いていたという様も伺えるかのような筋肉美。 お姉さんのワンピースを着た際に思わず「キャッ」と胸を押さえて座り込んだ様に乙女な雰囲気もあって“可愛い”♪ 色、白っ! 一人だけ衣装をいろいろ変えて目にも楽しい☆
原田夏希さん@ユ・ミリ 舞台では初めて拝見しましたが…ドラマ【ハチミツとクローバー】で黒髪ストレートのアノ女の子を演じていた方だったとは、観劇後に気付いた私。 細~くて、手足が長~くって、背も育三郎くんと同じくらい高~くって、信じられないプロポーションにまずはビックリ! 早口でまくしたてる箇所はひどく聴き取りにくく、歌も正直「……。」ですがユ・ミリというキャラクターは的確にチャーミングに熱演
この日の特別カーテンコールのサプライズは、広島から婚約者を連れて里帰り中に観劇したカップルへ、男性の方のお母様からのお手紙披露。 会場から「お幸せに~」と暖かい拍手に包まれて帰路についた観劇でした。

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

ラブ・ネバー・ダイ【日生劇場】

濱田さんがクリスティーヌ?!ってだけで遠征決定☆ 【オペラ座の怪人】は苦手演目なのですが、四季時代に

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウィケッド(USJ特別版)【USJ】

ブロードウェイミュージカル【WICKED (ウィケッド)】は、あの“オズの魔法使い”よりずっと昔のお

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(内野×鈴木×パク)【帝国劇場】

ミュージカルは好きでしたけど、ものすご~く好きな訳ではありませんでした。 が、それが“とっても好き”

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

パイレート・クィーン【梅田芸術劇場】

上演が発表され、キャストを知った時【マリー・アントワネット】の二の舞になりそうな…何故かイヤ~な予感

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(山口×鈴木×浦井)【帝国劇場】

計らずも…自分のウッカリ!で観劇となりました本日の公演。 山口祐一郎さん@トート 全体的に押さえ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(内野×禅×浦井)【帝国劇場】

今回は“禅フランツ”目的の観劇です(キッパリ!) 2004年版で、かなりハマってしまった“禅フラン

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

モーツァルト!(中川晃教)【帝国劇場】

2005年11月の博多座公演千穐楽以来の観劇。 考えると初演~再演~再々演と観続けてる作品って…私

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ミス・サイゴン【帝国劇場】

この公演中に“平成16年・新潟県中越地震”が発生しました。 幕間ではロビーでニュースの放映がされ、携

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章(作品感想)【帝国劇場】

夏はダイビングに投資してしまう為『夏の観劇遠征は諦める』というモットーを初めて曲げて遠征決行☆ 「あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑