博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

ウィキッド【大阪四季劇場】

東京開幕直後一度観て以来の…二回目のウィキッドです。
でもって大阪四季劇場も開場直後のマンマ観劇以来二度目です。
すっごく感動した! 正直、今回は他の舞台観劇がメインで…時間が空いたから久々に観てみるか~という、ちょっと付け足し的な観劇だったのですが(失礼!)ビックリするほど感動しました! 前回が作品の初見で、それからかなりの時間が経っていてうえ、見逃していた箇所や気付かなかった所、もちろんすっかり忘れていた所など多々あったのでしょうが…とにかく感動しました♪
特筆すべきは、沼尾みゆきさん@グリンダビックリするほどのコメディジェンヌへの成長を遂げていた事!(って何様よ、私) ホントに驚きましたびっくり 開幕直後に拝見した時はキャピキャピぶりが観ていて痛々しいほど“頑張っている感“が出ていて「グリンダ、歌は沼尾さん的にピッタリなんだけど…キャラがねぇ~」という感じで、どうしても「私はこの役を演じる為に生まれてきたのよ~」ぐらいの鬼気迫る濱田めぐみさん@エルファバの迫力に押されて、目を奪われがちだった事は否めませんでした。
しかしこの度の観劇では、とにかくクスッと笑える箇所があちこちにあって、それが嫌みなく可愛くて許せちゃうチャーミングな女の子として生き生きキラキラと舞台の上で輝いてて…凄いよ、沼尾さん! セリフの表情がと~っても豊か♪ 東京開幕からこの現大阪公演に至るまでオリキャスに続いて何人ものグリンダとエルファバがデビューしていますが、他の方も観てみたかったなぁ…と思ったと同時に、今日の沼尾グリンダを観れた事は大きな収穫でした。 高音も綺麗で声量もあって聴き惚れました。 観れて良かった~。

江畑晶慧さん@エルファバは…私は“江畑さん”と認識して拝見した舞台がナイので他のお役と比較出来ないのですが…。 エルファバにキャスティングされるくらいだから歌唱力は折り紙付きの方なんでしょうけど、良かった♪ 随所にオリキャス濱田さんのコピー的な歌い方のような印象を受けましたが、この方の元来の歌い方がそうなかも??? 一幕ラスト【自由を求めて】の熱唱に涙が出ました。 「おバカ」とか「キラキラ~っ」とかは今ひとつ笑いが取れてなかったのは残念でしたが、エルファバの堅物具合が際立ちグリンダとの対比がより鮮やかだった好印象☆
中野今日子さん@マダム・モリブルは…歌が…汗 このお役はヴィジュアル的にも威圧感のある背の高く細い方がイイですね。
山本貴永さん@ネッサローズはポックが去ってからの豹変ぶりとその迫力が凄くて怖くてビビリました~。
北澤裕輔さん@フイエロ…ってか私、北澤さんっていつ以来の拝見???というくらい久々拝見。 前半の軟派な感じがイイ感じだったので、後半の真面目ぶり…というかエルファバへの真っすぐな愛、という変わり身が急な感じを受けて少し違和感を感じました。
結末は知っているだけにストーリー的な衝撃は少なかったけど、グリンダとエルファバの友情の絆の強さがすごく響いてきた今回の観劇でした。 今度は頑張って一階席の前の方で観たい! またすぐにでも観たくなっちゃった素敵な観劇となりました♪ ヨカッタ!

劇場 キャスト
グリンダ:沼尾みゆき/エルファバ:江畑晶慧/ネッサローズ:山本貴永/マダム・モリブル:中野今日子/フィエロ:北澤裕輔/ボック:伊藤綾祐/ディラモンド教授:斎藤 譲/オズの魔法使い:松下武史

関連記事

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫【宗像ユリックス】

福岡シティ劇場にて2004年夏に観て以来の観劇です。 ファミリーミュージカルの中でも一番好きな作品な

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

リトルマーメイド【四季劇場・夏】

初演開幕から1年のロングラン公演となり、私もほぼ一年振りの観劇。 前回は日本上演前から『観たい!』気

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

過去キャッツを観たのは…1990年、福岡のシーサイドももちに建設されたキャッツ・シアターで1度だけで

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【福岡シティ劇場】

『日本のミュージカルはこんなに面白いものだったのか。』というキャッチフレーズと、怪しげなポスターで「

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド・千穐楽【キャナルシティ劇場】

4月に開幕以来、約5ヵ月間の公演期間を経て本日千穐楽を迎えました。 四季専用劇場の時は入り口からロビ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【キャナルシティ劇場】

福岡公演開幕以来2回目の観劇です♪ 「初日の客席の賑わいがこのまま続けばなぁ…」と危惧していたど、

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

魔法をすてたマジョリン【宗像ユリックス】

劇団四季のファミリーミュージカルは…以前、仕事でその設立の経緯や活動理念を伺う機会があり、その企業姿

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【福岡シティ劇場】

今年2月に発表した福岡シティ劇場公演中止の見直し、今後の存続に関してのお試し公演…っていうのでしょう

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【電通四季劇場・海】

昨年10月に【ウィケッド・USJ特別版】を観たのですが、こんなにも早く本編が日本で上演されるとは嬉し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 1789-バスティーユの恋人たち-(2018.7.3〜30)
    ●昼の部
      【平日】13:00〜16:00
      【土日祝】12:00〜15:00
    ●夜の部
      【平日】18:00〜21:00 
      【土日祝】17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑