ダンス・オブ・ヴァンパイア【博多座】

ハマる人はすご~くハマるけど、そうじゃなかったらホントに受け付けられない作品だよ」と初演を観た方から伺ってはいました。 で、臨んだ初観劇でしたが…私は完全に後者でした、ね汗
私は…登場人物の誰かの気持ちに心を寄せて観劇するタイプのようですが、この作品には誰ひとりとしてそういうキャラクターが皆無だったのが要因…なのか? う~ん。
ご贔屓の石川禅さんが初演の市村正親さんからバトンタッチしてアブロンシウス教授で奮闘されてますが…禅さんがご出演、というだけでリピートはキツイ汗
一曲も耳に残る歌がなかったのは驚き。
作品自体は…だったので個々の役者さんに注目しての観劇
ちひろちゃんは観る度に歌が上手くなってるなぁ~とか、禅さんはさすがに達者だなぁ…とか、歌える駒田さんの歌が全く聴けないのはもったいないなぁ~(けどこの役は駒田さんしか~)、圭吾さんは期待を裏切らないなぁ~、いずみんの若作りぶりがちょっとキツかったなぁ~、祐一郎さんは何やっても山口祐一郎が勝つんだなぁ…って、そんな感想です。
で、一番楽しめたのは劇団四季時代に好きだったダンサー・蔡暁強さんのダンスに再会できた事星星星 全身バネのような素晴らしい跳躍と小柄な体いっぱい使ってのダイナミックなダンスは健在で、群舞にあっても自然と目が惹き付けられ、蔡さんが舞台に立っている時は蔡さんばかり観てました♪ 今後どんな作品であのダンスに再会できるのか?楽しみです☆
終演後のトークショーは駒田さん司会のもと、参加メンバーは山口さん、禅さん、ちひろちゃん、いづみん。 内容は全て公式サイト等に上がっているので割愛。 山口さんへの質問で「息子の教育を間違ったと思いませんか?」というのには爆笑! 舞台の記録として?自分のミスの記録として?のMYノート持参の禅さんが“らしく”てニッコリ。

タイトルとURLをコピーしました