博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

宝塚歌劇宙組公演【博多座】

博多座公演って…“トップお披露目公演”って事、多くないですか? 私が観ただけでも、春野寿美礼さん、貴城けいさん、そしてこの度の大空祐飛さん(+娘役トップの野々すみ花さん
2006年の貴城けいさん公演時に演目にすごくハマってリピーター化しちゃったので、貴城けいさんについてほんのちょっと詳しくなりました。 …な、もんで大空祐飛さんが貴城さんの同期という事での存在は知っていたので、この度宙組トップになって博多座にご出演!と聞いて楽しみに観劇へ…。
博多座周辺からして“宝塚公演独特な雰囲気”が早くも漂いテンション↑。 やはりず~っと応援してきたジェンヌさんがトップになったお披露目って、ファンの方は特別感慨深いものがあるんでしょうね。 お披露目トップのファンクラブ(って言うのかな?)は博多座ロビー内からズラリと気迫が感じられました~。 博多座内も“乙女モード”な感じで、スウィーツ系はいつもより充実。 ご婦人方に大人気なレイメイも大繁盛!に見受けられました~。 博多座って公演ごとにガラッと客層とその雰囲気が変わるのが面白いですよね、改めて☆

王朝千一夜【大江山花伝】-燃えつきてこそ-

なんでも24年ぶりに再演の名作!との事。 鬼伝説で有名な大江山の茨木童子の説話をもとにした木原敏江さん原作のマンガの舞台化で、茨木と幼なじみの恋人・藤子の恋、渡辺綱との友情の物語。 “酒呑童子”といえば、歌舞伎でもお馴染みの演目ですので「ヅカ風味になるとソレが一体どうなるのか?!」というのは興味津々♪
大空祐飛さん@茨木童子は人間と鬼のハーフという事で、妖艶な雰囲気をたたえたクールな美青年。 影がある怪し気な魔性漂う感じは大空さんに合っていて、クールながらも内に秘めた怒りのような、フツフツとたぎる熱い想いと失望感が交錯する様が感じられ好演。 このお役はとても合っていた印象でしたが、いかんせん前回私が茨木童子を観たのは玉三郎さんの【茨木】。 歌舞伎的な要素が衣装も含め多分に取り入れられていた為、どうしても比較してしまいまして…時々ため息が~汗
花影アリスさん@胡蝶もそうですが二人とも何故にそんな大衆演劇のようなメッシュ鬘なんだよ怒り ちょ~っと安っぽい感じが残念無念(胡蝶は好演だっただけに下品な拵えが残念すぎ)
野々すみ花さん@藤子は凛とした意思の強さと熱い想いに一途なヒロインを好演。 幼少の頃、茨木とお互いの心の近いとして焼き印を押し合う…だなんて、どんだけ根性の座ったお子様なんだよっ汗汗汗…と、苦笑。 ラストの「人間の心の中にも鬼が住んでいる」という趣旨の絶叫は上手いなぁ~と感動。
今公演は蘭寿とむさんのご出演がなく残念に思っていましたが、北翔海莉さん@渡辺綱が奮闘。 歌の上手さは言わずもがな、芝居も安定していますね。 正義感溢れる四天王を確かな存在感で爽やかに演じていらっしゃいました

Apasionado!!II

ラテンを中心にしたスペイン風の情熱的でゴージャスなショー。 スパニッシュな感じは大好きですし、お芝居が“青い静”って感じだったので、“赤い動”のショーの対比はガラッと雰囲気が替わって面白い! 
大空さん、歌がちょっと…汗 クールな感じに徹しているのでしょうが、もうすこし曲ごとにいろんな表情が観れた方が楽しかったかな。 野々さんが意外と肉感的な色気が漂っていたのが印象的。 北翔さんの歌は「やっぱ上手いなぁ~」と堪能☆
♪ア~ パッショ ナァ~ドォ~♪というフレーズが観劇後もグルグル頭の中をリフレイン。 階段を下りる足取りも軽やか。 私、どうやらこの曲気に入ったようです。

関連記事

博多座おぼえ書き

ブラッド・ブラザーズ【博多座】

4月1~18日は【三婆】、4月22~28日【ブラッド・ブラザーズ】が計11公演という博多座では初の試

記事を読む

博多座おぼえ書き

グレート・ギャツビー【博多座】

『全く好みではなかった』という、その一言に尽きる作品だった…。 小池修一郎さんが宝塚歌劇で世界初の

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア(前楽)【博多座】

前楽にして2度目の観劇。 知念里奈さん@サラが初見であり、見納めです~。 知念サラは前髪パッツンな

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・夜の部【博多座】

本日は【着物の日】。 着物で観劇した人へのプレゼントは、今までで一番「おっ♪」と思えた個人的に嬉しい

記事を読む

博多座おぼえ書き

アフタートークショー(高嶋×瀬名×平方)【博多座】

上手より高嶋政宏さん(普段着です、と紹介)、瀬名じゅんさん(バートイシュルの衣装)、平方元基さん(ル

記事を読む

博多座おぼえ書き

高野聖/将門【博多座】

高野聖 事前に原作を読んで観劇に臨んだ初観劇の演目。 個人的には劇中にスクリーン投影で情景を説明

記事を読む

博多座おぼえ書き

NINAGAWA十二夜(考察:安藤英竹について)【博多座】

2005年7月、好評を博した歌舞伎座初演からの再演となる今博多座公演。 再演にあたり新たに手が加わっ

記事を読む

博多座おぼえ書き

嵐の中の博多座【博多座】

『9月の台風上陸』というのは、九州・沖縄にとっては風物詩的なほど毎度の事なので、この時期のイベントご

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼の部【博多座】

昨年雨の為に中止になってしまった“船乗り込み”は、晴天の下5/29に行なわれ、沿道には約4万人の人が

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミス・サイゴン(駒田×知念×上野×岡×三森×泉見)【博多座】

2009年に“博多座初の3ヶ月ロングラン公演”という無謀チャレンジな上演期間を経た後の、今回の再演は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑