夢から醒めた夢【四季劇場・秋】

他キャストについては昨日ソワレで語ったので、今日のレポートは今公演でま・さ・か!のデビューとなった“道口デビル”に絞って語ります
ここまで大きなお役での抜擢は…【美女と野獣(以下BB)】ルミエール以来ですよね。 あの時は、確か以前にもキャスティングされてパンフレット名前がに載った事もあり(結局その時の登板はなし)、「よ~やく実現!」と感涙したものでしたっ(だってキャスティングのみで消える…ってよくあるし)
しかし、今回のデビルは全くの全くの予想外も予想外! チラリ耳にも思いにもしなかったもの~びっくりびっくりびっくり
本年頭より広島~静岡~仙台とBB公演が続くので「今年はルミ縛りだなぁ…」と広島公演を悔いなく通って観納めたんですが「あら?ヒノデロでこのまま全国回るのか?!」 嬉しい誤算に九州上陸を待ちわびていた所、ユタカンパニー抜け。 「やっぱりルミかぁ…」と思っていた所にきてまさかの夢醒め、しかもぴっくりのデビルですよ、奥さん!(誰?!)
ま、全てにおいて達者な俳優さんですし、本作品は道口さんが劇団に入るキッカケとなった作品らしいので、その思い入れもひとしおでしょうから、いつにも増して素晴らしく仕上げて来るんだろうなぁ…と思ってはいました。
思ってはいましたし、先に観劇した友人から『今までで一番、光枝(明彦)さんデビルを継承しているデビルかも~♪』と聞いて、自分の観劇日をどっしりと構えて待つ事が出来ました。

私は光枝デビル以降は、野中(万寿夫)デビルしか拝見した事がナイので、今ひとつ上手く比較出来ないのですが、総じて「やっぱり上手い俳優さんだな」と。 ヴィジュアルは自慢の?美白肌にあのメイクと、白い指にキラリズラリの指輪が映える映える~☆ 不気味だけど綺麗です(ん?激しく贔屓目?!) 髪は「ヒノデロに戻る予定があるから?」と思わされるストレートのまんまで、キッパリとセンター分けで羽根つきヘヤーバンドで固定(結局、開幕~楽までデビル完走)。 デビルの衣装ってダボッとした作りなので、霊界空港でキレのあるダンスを踊るデビルが新鮮なものの、細かい所作がよく見えなくって残念汗
私はこの作品に関しては、特にどのキャラクターに注目…って訳でもなく観ていたので、今回初めてデビルに注目して観劇すると、印象より出突っ張り!ってキャラではナイんですね。 インパクトが強いから、ず~っと出ているような気がしてました。 他のデビルも当然されていたであろう細かい演技の数々は、デビルというキャラクターの人となりを如実に表現していて面白いんですね~。
エンジェル役によって演技を変えているのかもしれませんが…石井エンジェルにはパソコンの操作方法を尋ねたり、パスポートの再発行の時もちょっと懇願するような感じが色濃く感じられました。
私の“デビルのツボ”あります…パスポート再発行の時、ピコからマコの名前を聞き出すシーン。 「はい→」「←ハイ」「はい→」「←ハイ」…って、このやり取りが最高にメリハリが効いていて爆笑でした! いいよ、いいよ~、道口デビル~♪
この作品は劇団のオリジナルに置いて最も成功している作品でしょうから、これからも頻繁に再演は繰り返すでしょう。 …な事からしても、この作品においてデビルに起用された事、この大役を任され見事に応えている事は、今後大きな意味を持つのでは?とますます期待しちゃいます。

劇場 キャスト
ピコ:真家瑠美子/マコ:南めぐみ/マコの母:織笠里佳子/メソ:有賀光一/デビル:道口瑞之/エンジェル:石井雅登/ヤクザ:野中万寿夫/暴走族:大塚 俊/部長:田中廣臣/老人:維田修二/老婦人:佐和由梨/夢の配達人:天野陽一

タイトルとURLをコピーしました