赤坂大歌舞伎【赤坂ACTシアター】

まさかこんなに早いスパンで再びこの劇場で観劇するとは思いませんでした。
今公演が発表になった当初「へぇ~、赤坂ACTシアターで歌舞伎公演するんだ…」というくらいの反応でしたが、出演陣が発表になって慌てふためきました!
まさかこの座組に“市川段治郎”って名前があろうとは~びっくりびっくりびっくり しかも『【梅ごよみ】の悪夢再びか~?!』と激しく不安にさせられる世話物での大役抜擢に、心配でならず…遠征決定!
当初『劇場周辺には江戸の町並みを再現したような出店が賑わい~』という触れ込みだったので楽しみに参上しましたが、4~5軒の物販屋台が出店してるだけで…ちょ~っと拍子抜け。 のぼりはスゴイ数はためいてましたけど汗

江戸みやげ狐狸狐狸ばなし

フラメンコ伊之助ん~と、総体的に言うと「あれ~?こんなに面白くなかったっけ?」という感想汗 花道がナイので客席通路を多用した演出に、この劇場では舞台との距離が気になる二階席からの観劇だったので疎外感を感じたからなのか? 演目自体を見飽きた感があるからなのか?…そこはちょっと謎だったのですが、何故かしら残念な印象を受けました。 演者も全体的にセーブ気味な感じ?!
セットは盆がナイのか、周り舞台での展開ではなく…建物セット全体に車輪が付いていて、それを前後左右にスライドさせてゴロゴロと転換する手法。 音が気になるうえ、時間がかかる為ちょっと間延びする印象なのは仕方がナイようで汗
初めて拝見した扇雀さん@おきわは…扇雀さん、かなり太られましたよね? 勘三郎さん@伊之助からチクリチクリと体重ネタを言われてましたし、おきわって人妻の色っぽさが必要と思うのですが…思いっきり“体型が崩れた厚かましいおばちゃん”で、伊之助と重善が溺れる魅力が感じられず、ラスト三味線を弾いているくだりは「かわいそう…」というよりは「こ、怖い~汗」 結末を知っているから、あの大ドンデンの落差が今ひとつでそう感じたのか?

そして…観劇目的の段治郎さん@重善。 あまりにも心配しすぎて、覚悟して観劇に臨んだせいか?!「思ったよりヒドくなかった」 ってヒドイ感想ですが、とにかく中村屋さんに初抜擢いただいて臨んだ【梅ごよみ】の丹次郎が、あまりにもあんまりだったので…今回の起用に「だ、大丈夫かっ?!」とホントに心底心配だったのです。 これ以降、二度と起用してもらえなかったので、まさか今回があるとは思わなかったもんで、とにかく嬉しかったけど、ビックリ驚いた!
で「意外と良かった」です、ハイ。 頑張ってましたっ!
この座組に入ると、改めて背の高さと顔の小ささが目立ちますね~。 扇雀さん@おきわとの並びがアンバランス(彌十郎さん@又市との並びには迫力が!)
色ボケ生臭坊主ぶりは、目がシュッとしているからか?表情の動きが小さいからか? ギラギラとした嫌らしさはナイものの「俺はどうしてこんなにモテるんだろうな~」は、ちゃんと客席の笑いが取れてました♪ 重荷になった女から逃げ惑う様は【梅ごよみ】でも上手かったので、安心して観れましたが、意外にも亀蔵さん@おそめ(丑娘)との絡みは淡白。 亀蔵さん、遠慮があるのか?いつもの弾けっぷりよりかなり控えた印象で…残念汗 段治郎×亀蔵のこの場が観たくて遠征した!と言っても過言でナイくらい楽しみにしていたシーンだったのに~悲しい
筋書きのコメントで自身も話されてましたけど“無垢で純粋・清廉潔白”の役イメージを打ち破る、もっとドロドロと人間の嫌らしさを表現する役でも今後拝見したいです!
勘三郎さん@伊之助は以前はもっと“かつては女形だった”という事を彷彿とさせる女性的な感じだったかと思うのですが、その色が薄くなっていた印象。 フグの毒が回ってジタバタする場面での花を加えてのフラメンコは健在で、着物の裾をまくって見えたのは…【TBSのキャラクター・黒ブタ柄】の襦袢でした! ラスト、彌十郎さん@又市と傘差しての引っ込みで「赤坂で傘を差す…これがホントの“あかさかさかす”」で客席大爆笑☆

棒しばり

亀蔵さんだけ、二演目ともにご出演なんですね(@曽根松兵衛)
勘太郎さん@次郎冠者×七之助さん@太郎冠者でのこの演目は何回か拝見していますが…逆のパターンって上演された事はあるのでしょうか? 観てみたい。
今公演に限って改めて特筆する事は…ありませんでした。 安定。
さて…この劇場での【赤坂大歌舞伎】、定着させていくつもりの公演なんでしょうか? 今演目のチョイスが踏襲されるようだったら、私自身は今回のようなビックリ抜擢がナイ限りちょっと足が向かない劇場かも汗

タイトルとURLをコピーしました