博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

スカーレット・ピンパーネル【宝塚大劇場】

ず~っと観てみたかった1997年ブロードウェー初演のミュージカル作品。 日本での上演が宝塚歌劇団にて…と決まった時は正直ひどく落胆しました。 だって…歌がぁ~冷や汗 肝心の歌がぁ~汗
劇団四季【Song&Dance2】で♪マダム・ギロチン♪が歌われていた際に、その歌詞の内容と歌の迫力と重厚さに非常に印象に残っていたので、どうしてもそのレベルを求めてしまうんだもの~。
しかし!それは、歌の上手さに定評のある安蘭けいさんが率いる星組の上演という事で救われたうえ、その星組に在籍する従姉妹の高校時代の友人で今や男役さんの彼女が“本舞台で初めてセリフがある役で出演と聞けば…これはやっぱり観てみたい!
以前より『一度、あの独特の世界観でいつの世も乙女を夢中にさせている“乙女の本拠地”に足を踏み入れてみたい』と思っていたので、これはイイ機会かもと遠征を決行。 …って松竹座で【七月大歌舞伎】があっていたから抱き合わせ観劇で決定した訳で、ヅカ単独での遠征はあり得ませんでしたが~汗 あの【マダム・ギロチン】って曲がどういう場面で使われている曲なのか?っていうのもすごく気になっていたので。
今上演にあたって潤色・演出を手がけるは小池修一郎さん。 フランク・ワイルドホーンさんの曲+小池さん…といえば【NEVER SAY GOODBYE】で2006年読売演劇大賞優秀作品賞受賞しているので、これまた期待大! 私は今作品はこのヅカ版が初見なので、オリジナルにどの部分が潤色されているのか?は判りませんが【愛憎劇】【冒険活劇】【コメディー】という三つの要素が上手く調和した痛快娯楽作☆という印象でした。 ヅカ版のために書き下ろされた【ひとかけらの勇気】はテーマ曲として使われ、疑惑~希望~和解~愛情という感情の流れの根底に常に1本の筋を通している印象で効果的。 ただヅカ故に主人公二人の愛憎劇に重きを置いたせいか?いとも簡単にルイ16世の王太子シャルルを救出してしまったのは拍子抜け汗

抜群の歌唱力で堂々と演じる主演男役の安蘭けいさん@パーシー・ブレイクニーの存在感は圧巻。 きらびやかヴィジュアルや確かな芝居、美しいダンスだけでは到底カバー出来ない“歌唱力”に負う所が大きいこの作品。 私はヅカに詳しい訳ではナイので他の組がどうだ?というのは判りませんが“今の星組の上演で正解☆”という気がしたのですが…この素人考えはいかがでしょうか?
安蘭さんは昨年2007年8月の博多座公演で一度拝見した事がありますが、この時は喉が不調だったとの事で、彼女の本来の歌唱力を堪能出来ませんでした。 故に、今公演で「うわぁ~、この人ホント上手い!」と感嘆しながら心地良く聴き入ってしまいました。 前回気になっていた“べらんめぇ口調”はすっかり陰をひそめ、キザでウィットに富んだ正義感溢れるイギリス紳士、はたまた怪しげなヒゲおやじ~、と次々とキャラクターと衣装を替え、またコメディセンスは言わずもがな抜群で客席の笑いをドッカン☆ドッカン取っていらっしゃいました♪
ただ~アドリブに対する客席の反応って…過剰ですね汗 通っているヅカファンが多いからこその毎度のお楽しみポイントなんでしょうけど“笑う事を思いっきり構えて観ている”、“ココで笑わなきゃ!”というような…なんか、中村屋さんの芝居における客席にも似た心地悪さを感じて、引いてしまいました~冷や汗
ちなみに本日のアドリブと思える肖像画スケッチのシーンでは「こんなポーズだったかな?」とピンクレディのUFO♪のポーズを取り~「あ、違った!こっちか!」と、角度を変えてもう一度UFO♪ 顔芸も最高に笑えます! 『清く正しく美しく』のジェンヌがイイのか?!あの顔は?!汗 あと…仮装舞踏会の衣装をショーヴランに助言するシーン(だったっけ?)で「衣装はピンクのネグリジェみたいなビタァ~ッとした、シュッっとして~、ヒュ~ッっとした…」とか擬音連発で衣装を提案してました。
遠野あすかさん@マルグリット・サン・ジュストはもったぶったセリフ回しが気になるうえ、得意・不得意の曲の歌唱の差があってバラつきはあるものの、歌唱力がある事は確か。 やはり姿勢とドレス姿が美しい方ですね。 キリリと凛とした強い意志を持つ主演娘役さんだなぁ…という印象を更に強くしました。
柚希礼音さん@ショーヴランは…歌唱が不安定なものの、役所を的確に演じており身にまとう雰囲気と“熱”に拍手
“ヅカならでは”のきらびやかで豪華な仮面舞踏会や、迫力ある群衆シーンなどは星組一丸となった大所帯の熱演で迫ってくるものがあり、大いに満足させられた舞台でした。
そして『これがヅカ以外での上演だったらどうなっていたか?』と考えさせられました。 仮に東宝であれば、時代設定など被る作品も多く、またいつもの固定メンバーでの上演だったら…逆に厳しそうですね~?汗

劇場 キャスト
パーシー・ブレイクニー:安蘭けい/マルグリット・サン・ジュスト:遠野あすか/ショーヴラン:柚希礼音

関連記事

その他観劇おぼえ書き

万獣こわい【福岡市民会館】

当初から金曜夜に1公演追加となり計4公演、その最終日に観に行って来ました。 会場に着いて〜客席に付

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【福岡市民会館】

会場は“マツケンサンバ”の一時的なブームも過ぎ去り、本来の客層と入り…に戻ってました。 ブームとは、

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

髑髏城の七人 Season花【IHIステージアラウンド東京】

劇団☆新感線の代表作のひとつ【髑髏城の七人】シリーズが『花・鳥・風・月』の4シーズンに分かれて1年3

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

四国こんぴら歌舞伎大芝居・夜の部【金丸座】

大袈裟でなく十年来の…念願の“金丸座・初遠征”です。 「いつかは行きたいなぁ~」と思いつつも【観た

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

新春浅草歌舞伎・昼の部【浅草公会堂】

なんと!私【新春浅草歌舞伎】、初めての観劇。 1月にお江戸遠征は何度もしてるけど、いろいろなタイミン

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛、時をこえて 関ヶ原異聞【THEATER1010】

私、段治郎ファンです。 コレは結構長いです。 そして貴城けいさんファンです。 これは彼女がトップお披

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛と青春の宝塚【福岡サンパレス】

2002年にフジテレビ系列にて2夜連続放映され、好評だったドラマの完全舞台化(私は末見)。 それをか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (12)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 魔界転生

    (2018.10.6〜28)
    ●昼の部
    11:30〜15:25
    ●夜の部
    17:00〜20:55

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑