博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

イッセー尾形のとまらない生活 2008 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

恒例の春公演♪ …しかし、今回違っていたのは“懐かしいネタを中心に披露”という事でビックリびっくり イッセーさんは博多公演で新ネタをおろしをして、その後改訂しながら全国へ持っていく…というのが定番ですので、公演タイトルも“○の新ネタ”ってなっている訳で~汗 前回の【2007 秋の新ネタ in 博多】で観たばっかりのネタもあり「あらら~」な事もあったのですが…なんと!あの伝説のキャラ“アトムおじさん”がトリを飾るという嬉しいサプライズに大感激☆
以下のタイトルはいつもの通り、私が勝手につけたものもあり正式なものでナイのも含まれますので悪しからず~汗
イッセー2000春1
青りんご ウエイトレス
いつも辞めるタイミングを伺っているやる気のナイ、若い女の子のウエイトレス。 いつも“自分に乗り遅れる”という体験談に苦笑。 マニュアル通りの接客には全く心がこもってなく、クレームがあると「謝りますけど~、心こめませんよ!」、運んだ料理のオーダー間違いにクレームがあると「似たようなもんだから食べてみれば?」には大爆笑!
イッセーさん、こ~ゆ~ヤル気のナイ若者を演じたらホント上手いなぁ~。
青りんご ハウスクリーニング
社長、専務共に20代前半であるハウスクリーンの会社に入社し、本日仕事はじめの56才男性。 3人でとある豪邸に掃除に来てみると、彼が住んでいた家と全く同じ設計の家である事が判明し、男は饒舌にこの家主の趣味を値踏みし始める。 高額な調度品もあれば、贋作もいっぱい飾っているという家主の趣味にしきりと首をひねり「“ルノワール”の隣に“鉄斎の富士山”、解んねぇ~なぁ」に爆笑し、その家の風景がまざまざと頭に浮かんできましたっ
青りんご 野外彫刻美術館の守衛
閉園時間を迎え、美大中退の辻井君と二人で陽も落ちた美術館を警備するおじいちゃん守衛。 「夜こそ彫刻たちは本当の姿をみせるんだ!」と、各々の彫刻の魅力を知っている限りの美術用語を総動員しての語り爆笑! が…美術を本格的に勉強している辻井君には「その作品はパクリ」など、あっさりと切られてる様に…泣き笑い~。
青りんご カプセルホテルの客
教え子の出版記念パーティーを明日に控え、出席の為前日に上京し赤羽のカプセルホテルに泊まるかつて教師だった男。「眠れない~」とフロント係を相手に一方的にしゃべり続ける。 「赤羽に赤羽橋がナイっだって?!」と、驚愕の事実に大混乱の男。 ま、地理を知らなければ普通はあると思うわなぁ。
イッセー春2

青りんご 砂丘に埋もれる古本屋
【2007 秋の新ネタ in 博多】と同じなので割愛。
青りんご 地下鉄車内暴力追放キャンペーン
23年前のネタとの事!…でしたが、私、初めて拝見。
ちょっとイッちゃってるおじいちゃん。 「勇気、りんりん」というスローガンを連呼しながら、地下鉄に乗り込んで、マナー違反の客を片っ端から注意してまわり「怪しい人はいませんか~?居たら大声で叫んでくださいね~」って、アナタが一番怪しい人ですから!
青りんご ひとみちゃん(ホステス篇)
2007 春の新ネタ in 博多】と時とほぼ同じでしたが、お衣装は社交ダンスふうのロングドレス☆ 今回、ひとみちゃんのお客さんは“ヌズスさん(←どんな字書くの?)”。 ひとみちゃん、ウクレレの演奏で歌うは【松尾芭蕉・奥の細道】。 上手いっ! 涙が出るほど笑った~。
青りんご アトムおじさん
30年前のネタ! このキャラクターはもう封印したものと思っていたので、お着替え中に「アトムおじさんだ!」と判った瞬間、ボルテージUP↑ 実は私、生では初めて!! 客席からも「わぁ♪」と歓声が上がりました。 イッセーさん、着替え終わった後、最後は後ろを向いてお尻具合をチェック☆
おじさんのパンツは黒のビニール袋なんですが、今じゃどこの都市も指定のゴミ袋となってきているので、この黒ビニール袋は入手しにくくなっているそうです。 でも地方のファンの方がストックして送ってくれる…との事で「まだまだ袋はありますから、アトムおじさん、当分はできますよ~」で客席大拍手~☆
ウクレレを持ってキャバレーの前座を勤めるも、痰がからんで度々演奏を中断。 「嫁のバカっ!」という不満を間の手に入れながらユルユルな歌芸を披露。 アトムの決めポーズ、片手上げ+片足立ちの震えっぷりに老人パワー炸裂
満席の客席はホントに幅広~い年齢層で様々なトーンの笑い声に包まれました。
また、秋にお待ちしてま~す♪

関連記事

その他観劇おぼえ書き

スカーレット・ピンパーネル【宝塚大劇場】

ず~っと観てみたかった1997年ブロードウェー初演のミュージカル作品。 日本での上演が宝塚歌劇団にて

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

アラビアン ナイト【スペース・ゼロ】

お誘いをいただきまして、私“初・文学座”。 …と言っても、今回は『子供も楽しめる大人の芝居』をコン

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

コルテオ【福岡千早・新ビッグトップ】

シルク・ドゥ・ソレイユの公演を観るのは2003年【キダム】、2008年【ドラリオン】に続いて3回目。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

KBCラジオ【博多座夢舞台】=ゲスト:石川禅さん

博多座情報TV番組【ザ・博多座】と同時期に放送が開始?になって…もう何年も経っているだろう、ラジオ番

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

万獣こわい【福岡市民会館】

当初から金曜夜に1公演追加となり計4公演、その最終日に観に行って来ました。 会場に着いて〜客席に付

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

公演会場のホールがあるIMSのフリーペーパー【ims crip】11月号に掲載されていたイッセーさん

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

通し狂言《木下蔭真砂白浪》【南座】

翌月は同じメンバーでの演目が博多座で上演というのに…新作とあれば、我慢できずに遠征しちゃいました☆ 

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

What is 狂言?【福岡アクロス】

九州市民大学の6月講演会(私は受講生ではナイのですが)、講師は狂言師・野村萬斎さんで1時間半に行って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 博多座コンドルズ公演『FLY AGAIN』ほか(2018.8.2〜30)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑