博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

美女と野獣(5)【広島・ALSOKホール】

晴れ 4月19日(土)
坂本ベルはひとまずこれで見納めとなりました。 さすがの安定感に作品にググッと入り込んで観劇☆
以下、西ベルの感想は別記事に単独UPしましたので他のキャストをつらつらと~
よつばのクローバー 玉石まどかさん@チップ
少し大きめのチップくんですが、驚くほど川良さんに声が似ていました!…って、体型や骨格が似ていると声も…なのかな? 【Human Again】の冒頭「ウキウキした気分」の“キブン”っていう言い方が不思議~。 意志が強そうな男の子らしいお顔立ち
よつばのクローバー 織笠里佳子さん@ミセス・ポット
今回特筆すべきは…吉谷コッグスワース&道口ルミエールに加えて織笠ミセス・ポットの3人! この3人のチームワークがすっごく良くなってました♪ 前者のナイスコンビとの距離があった織笠ミセス・ポットでしたが、今回は確実に“王子様応援三人衆”となっていましてトリオ・ザ・キャッスルと私、命名☆ 回を重ねて各々とのアイコンタクトが増えて、一丸となって王子様をバックアップしている感じがより顕著に見受けられてニッコリ。
余裕すら感じる【美女と野獣】情感たっぷりに聴かせていただきましたっ♪
元々チップに対する母性は感じられていたのですが、今回「ようやく愛する事を知ったのね」と言うセリフに、ビーストに対する深い母性を初めて感じる事が出来ました。 織笠さん、確実に年を取っていってます(役のネ)
ターン

よつばのクローバー 道口瑞之さん@ルミエール
回を重ねれば前福岡BB時の演じ方が復活してくるんだろうなぁ…と思っていた箇所は、未だ変化なし…な所を見ると、今期この演じ方でいくんだな、と確信。 「あ~、以前の演り方が好きだったのに~汗」と思う箇所あり、「今期の方が好きかも♪」と思う箇所あり…で舞台はやはり生ものである事を改めて痛感
やっぱりディナー前の身支度時が一番顕著に違っていて「あの娘の事、好きなんでしょう?」の言い方は、なんであんなにシナを作って言うようになっちゃったんだろう?(ちょっと冷やかすような感じで嫌い~汗) 「私のキャンドルがロマンティックに輝きますっ」ってトコも、炎が灯っている反対の手でその炎を差して「こんな感じでキラキラと~」ってクルクル回す仕草もなくなっちゃったし…残念。 「違う、違う」ってコッグスワースにいう言い方や、ようやくベルの元に向かった王子様に、コッグスワースと顔を見合わせて「はぁ~っ」とヤレヤレな感じも変わってきてますね…って、このシーン全部じゃん!汗
BOG後、ベルにいつまでもアピールしてなかなか立ち去らないソルト&ペッパーさんに対して前までは後ろ足で砂をかけるような…ホウキで掃き出すような感じで追い払うのが定番だったのが、今日はキックしてました! 笑う~。 確かになかなか引っ込まなかったもんな☆
「お城の中をいろいろ観てまわりたい」というベルに「ご案内しましょうか?」と言うや否やコッグに腕を掴まれてターンする時に、左足をシュッと伸ばす所が大好きなんですが、しなくなってました悲しい 私、道口さんファンになったのはユタの体力作りのバトンで、これまたヒノデロが左足をシュッと伸ばしてターンした瞬間に「惚れた!ときめき」んですよね。 なんであの瞬間なのか自分でも謎なんですが…なんか道口さんのあのターンの型(ってか脚の演技?)が好きらしいです私汗 これは是非とも復活して欲しい~っ!(あ~、ぐちデロに遭いたいな~☆←とにかく一番はヒノデロ!な私)
しかし…ベルを帰したご主人に「全て上手く行っているようですね!」とトリオ・ザ・キャッスルで駆け寄る際、ど~してあんなに女性的なんだろなぁ~?
化粧が見る度に濃くなっているんですが…“美白ルミエール”が美しいかと~。

月 4月19日(土)
よつばのクローバー 柳瀬大輔さん@ビースト
夕食にベルが来ない事を告げるコッグスワースの口を掴んで「なん・だっ・てっ?」と問う言い方が前回までは、怒りを押さえながらも可愛らしい物言いだったのが、今回はすでに怒り心頭の怖い物言いに変わってました。 前の方が好きだったので残念~汗
スリムになった柳瀬さん、階段をよじ上る体力?筋力?が厳しいのか、何かと苦労されているように見受けられますが…連投のお疲れでしょうか?
この日、モリースの元にベルを帰した後に独りベンチで歌う【愛せぬならば】で…すごく長~い鼻水1本ダラ~リ&キラ~リ。 人間、あそこまで長い鼻水を切れる事なく流せるものなのか…びっくり しかし、歌声は全く揺るぐことなく…でも鼻水が歌声と共にブラブラと揺れるのは、柳瀬さんも最前列で観ている人も…さぞ辛かったろうなぁ冷や汗(私、5列目で目視→オペラで確認する勇気はなく~) 「早く暗転汗暗転汗」と思ったのは、あの劇場内で何人居たことか! ライブだもの、いろいろあるけど…役者さん、大変です(鼻水についてこんなに長く語らんでも~)
いつも気になる事。 魔法が解けた王子様の眉。 な~んか、な~んか左右の高さが違うのか? 眉間が狭すぎるのか? はたまた長過ぎるのか?濃すぎるのか? なんかバランスに違和感があるんですけど…気になるのは私だけ?!
よつばのクローバー 有永美奈子さん@バベット
ん~、悪くはナイ。 けど物足りナイ…という感じなんですよね~汗 美人さんだし、バベットとしては充分に及第点なんでしょうけど…なんかなぁ~。 演技は全く変わる事なくすでに固定化しちゃってるし。 多分、これは好みの問題。
道口ルミエール×小川バベット、観てみたかったなぁ~。
ラストにいつも思う事。 花嫁のパパなんだからモリースにも一張羅を着せてあげてよ~悲しい せめて靴下だけでもお揃いの柄を履かせてあげて~!

劇場 キャスト
ビースト:柳瀬大輔/ベル:坂本里咲(マチネ)・西 珠美(ソワレ)・/モリース:松下武史/ガストン:野中万寿夫/ルミエール:道口瑞之/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:吉谷昭雄/ミセス・ポット:織笠里佳子/タンス夫人:竹原久美子/バベット:有永美奈子/チップ:玉石まどか/ムッシュー・ダルク:田辺 容

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【九州厚生年金会館】

昨日の佐賀公演に続いてのミニ遠征。 そして以下、ヒノデロ語り~♪ 今公演の観劇目的は“道口ヒノ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

JCS ・ジャポネスクVer【四季劇場・秋】

 ハッ!  もしや…    うぇ~ん! …うっかりミスで、観劇レポート、全て消してしまった

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

リトルマーメイド【キャナルシティ劇場】

残念ながら福岡公演の初日観劇が叶わなかったので『開幕キャストが居るうちに!』と、11日初日から間を置

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【四季劇場・秋】

昨年の10月・広島公演以来の観劇。 今回は、荒川務さん@ボビー×木村不時子さん@お母さんでしたので

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【福岡シティ劇場】2005.5/8~2006.1.22観劇キャスト一覧

通いに通った自分のアホ記録として… 01.  2005.05.08(日) 初日 ビースト:柳

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

恋におちたシェイクスピア【福岡シティ劇場】

2018年、観劇納め。  映画は公開時に鑑賞したけど…記憶は遥か彼方。 田邊さんの久々の来福にテン

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

やっぱり最高に楽しい! 観劇後はスカッと爽快! 「あ〜、面白かった♪」と帰路に着ける作品。 ア

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【佐賀市文化会館】

昨年に引き続いての全国巡業公演が、よ~やく九州に上陸です♪ 道口ヒノデロ目当で最前チケットを確保し

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【鳥栖市民文化会館】

この夏、福岡シティ劇場ではファミリーミュージカルが2作品連続で上演されまして、いずれも劇中の曲がいま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

劇団四季ディズニー第5弾として2015年5月24日(日)開幕後も、その人気は全く衰えることなく大人気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • けむりの軍団

    (2019.9.6〜23)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:30〜20:45

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑