博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

KABUKI NIGHT Vol.7 【博多座】

「やはり前回のみ“特別”で終わってしまったか…悲しい」という印象の今イベントの客入り具合に、一抹の寂しさを感じながら「ま、本来の動員数に戻っただけさ!」と気持ちを立て直す私汗
熊襲国の屋台セット前に右近さん、段治郎さん、笑也さん、猿弥さん、笑三郎さん、春猿さん…とゲストがズラリだったんですが、暗幕前に木組みのセットが組んであるからして舞台が暗~いうえに、ゲストの皆さんはモノトーンのお召し物ばかりだったので、色彩的にすっごく寂しくて華やかさに欠けたのはひどく残念。 スーパー歌舞伎のゴージャス衣装あってのあのセットでしょうから…ネ。 スクリーンを使っての趣向が多かったにせよ、照明も全体的に暗めで…なんかな~汗
前回と同じく、ゲスト本人が選曲したBGMに乗って花道から一人ずつ登場! 猿弥さんの【8時だヨ!全員集合!】の♪エンヤ~こらやっと…♪は客席手拍子で盛り上がりました~☆ 猿弥さん、期待通り多々お笑いネタ提供で笑わせていただきました。 段治郎さんは【必殺仕事人のテーマ曲】だったのですが、花道途中で両手で顔を覆ってしまい「恥ずかしい~、失敗したっ」と。 ビシッと細身のスーツで決めたヴィジュアルとはかけ離れたリアクションは…あの~可愛らしいんですけど!
まだ初日開けて間もない、という事でネタバレに配慮しながら…という事や、スーパー歌舞伎自体をまだご覧になった事がナイ…という方もいらっしゃるので、やんわりとぼかした説明や何度も重複してしまう“解るような解らないような”説明に間延びした印象があり、もたついた進行で、一人がしゃべっている時には他のゲストは手持ち無沙汰な感じで気の毒だったな…と。
内容は…登場人物相関図を使ったストーリー解説と各々の役所の解説『ヤ・マ・ト・タ・ケ・ル』という各々の文字を頭につけたPR短文をゲストが作成&発表三者択一クイズ大会質問コーナー…というような内容。
クイズ大会では『Q.今月4月に誕生日なのは?』→『A.笑也さん』という事でバースデーケーキ登場のサプライズあり☆
質問コーナーでは、各人のプライベートが垣間みれたのですが「ええっ?ホント?」「信じられな~い!初めて知った~!」と、他のゲストの回答を聞いて一人だけすっごく驚いていた春猿さんが面白かったです(猿弥さん曰く「お前が知らないだけで、あと皆知ってるよ!」) でも一番驚いたのは『旅先には必ず10個程度バッグを持っていく』と答えたあなたが一番「信じられな~い!」んですけど汗 右近さん曰く「彼は“女優”ですから!
会場には歌舞伎をご覧になったことがナイ方3分の1、スーパー歌舞伎をご覧になった事がナイ方3分の1…という事で、この方々の動員が呼び水となって、今月博多座公演の成功となりますように!
さて、次回のKABUKI NIGHTは…確実に軽~く1年以上ナイのよね悲しい

関連記事

博多座おぼえ書き

ミス・サイゴン【博多座】

『博多座は10年間この作品を待っていた!!』というキャッチコピーのもと、“博多座開場10周年第1弾!

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・近松心中物語【博多座】

冠スポンサーが付いて、大々的に広告展開した博多座公演って…今回が初めてでしょうか? 過去記憶にはナイ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

心中天網島(北新地河庄の段) 観る前から『小春の人形遣いさんって動きがナイのも大変だろうなぁ』と思

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

素晴らしいお天気に恵まれた先月末の船乗り込みを経て、中村歌昇改め三代目中村又五郎+中村種太郎改め四代

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル【博多座】

【一番多く観た事がないキャストが出ている】+【吉原・和音夫妻が出ている】という2つの条件でチョイスし

記事を読む

博多座おぼえ書き

小笠原騒動【博多座】

“通し狂言”博多座初登場! 博多座で四劇場目となる演目。 上演を重ねるごとに、更に充実した舞台となっ

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア【博多座】

「ハマる人はすご~くハマるけど、そうじゃなかったらホントに受け付けられない作品だよ」と初演を観た方か

記事を読む

船乗り込み

平成22年・博多座船乗り込み

昨年は悪天候(強風?)で中止となり記念式典のみでしたが、今年は2年分のお天気を取り返すような(←日本

記事を読む

博多座おぼえ書き

Endless SHOCK【博多座】

25日一階席と30日三階席で計2回観劇しました。 「なんかスゴイ…うん、スゴかったけど…う~ん。」

記事を読む

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (15)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月

    (2018.12.2〜23)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑