博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

トゥーランドット【赤坂ACTシアター】

思いがけず直前に観劇の機会を得まして、今月20日にグランドオープンしたばかりの【赤坂サカス】内にあります【赤坂ACTシアター】柿落とし公演に行って参りました♪
週末+春休みも重なってこの街全体がものすごい人出! 恐ろしいほどの人口密度にビビリました~汗 劇場内は27日が初日で開幕間もない為、ロビーや通路は花・花・花~と花が所狭しと席巻し、その香りでむせかえりそうで、館内移動のお客は花に遠慮しながら歩かなくてはいけないほど。 ロビーがひどく狭く感じたんですが…この花がなければ大丈夫なのかな?
宮本亜門演出による超豪華スタッフ・キャストが集結した全く新しいエンタテインメント祝祭音楽劇』というキャッチコピーの本作。 久石譲が全曲オリジナルで書き下ろし衣装デザインはワダエミ、そして主役のトゥーランドット姫には圧倒的な歌唱力を誇ると言われる台湾の歌姫・アーメイというなんとも興味をそそられる内容。
まず舞台セットやデザインがすごく好きでした! 私は二階席からの観劇だったのですが、これは全体が見渡せる方が楽しめると思うのでラッキーだったかも。 でも客席通路を使用する趣向も多々あるうえ、あの巨大階段の上に輝くように鎮座するトゥーランドット姫を見上げる…というのはより神秘性や抑圧された民衆の気持ちを感じる事が出来るのは一階席の方が楽しめるかも。
衣装は…館内案内スタッフさんも舞台衣装のような民族衣装で開演前から雰囲気を盛り上げてくれます。 コレがすっごく可愛い♪ 舞台衣装に関しては心に引っかかるものは特になかったのですが、色彩構成がスーパー歌舞伎【新・三国志】シリーズに似ている印象を受けました。 なんでも豪華パンフレットには衣装の布切れの一部が添付されているらしいです(購入してませんが~汗
音楽は“ザ・久石譲”でした。 メインテーマ曲は劇中リフレインされるので耳に残るのですが…全体的に通してサラッと流れる感じで“音楽劇”としての、セリフを歌詞に乗せて語る音楽としては弱い印象を受けました。 観劇後につい口ずさんでしまうような曲は皆無。
ん~、そもそも“音楽劇”であるなら、もう少し歌える人をキャスティングした方が良かったかと…。 本筋に関する重要な事をセリフとして歌っているのに、聴き取れてない事が多すぎる印象で萎えました。 アンサンブルでの大コーラスは迫力はあるものの…何を言っているか聴き取れない(席にもよるのかなぁ?)
姫メイク
青りんご アーメイ(張惠妹)さん@トゥーランドット
“圧倒的な歌唱力・アジアの歌姫”という触れ込みで本作への出演。 セリフのなまりは姫の毅然とした品格と冷たさを表現するには厳しすぎましたが、そこは歌でカバーするから無問題よね♪…と思いきや、その話題の歌唱力を発揮するには不十分な内容。 曲によるものなのか?日本語だからなのか? 聴く方も…恐らく歌う方もモヤモヤする感じがすご~く残る印象で残念。 いろんな事情での今キャスティングでしょうけど、アーメイさんでなければならなかった意味が全く感じられませんでした。 メイクはビョークを連想させました~♪
青りんご 岸谷五朗さん@カラフ
あくまでも個人的な意見ですが…王子様的なお役であるからして、もう少し若武者っぽいギラギラとしながら瑞々しい雰囲気の人が良かったような~。 氷の心を持った姫の心を溶かすような魅力が演技からも今ひとつ感じる事が出来ず。 歌は…思ったよりは。
青りんご 中村獅童さん@ワン
今ひとつトゥーランドットに対しての気持ちが薄く感じ、ただの暴君将軍のように見えてしまったような。 印象的だったのは早乙女太一くん@ミンを鞭打った後の絡み。 今作品の中で一番セクシーなシーンでドキドキしちゃいました。 が!歌がヒド過ぎました~! 全く何言っているか聴き取れない~。 獅童さん、今後も“歌舞伎以外の”舞台出演が続くようですが、もうそっちで宜しく!と思っていたのも…これも厳しいかも?汗 映像向きなのかな~。
青りんご 安倍なつみさん@リュー
客席に着いて驚いた事。 私の前一列全てアキバ系男子でした! 今までいろんな舞台を観ていますが、このような光景に遭遇したのは初めて。 どうやらココは“なっち後援会席”だったようで~汗 え~っと、なっちは…なっちでした。 全篇を通してキャンキャンとうるさく舞台進行と共に不快に感じてしまった事は正直な感想。 歌は…なっちでした。 すご~く頑張っているのは伝わってくるのですが…なっちでした。
青りんご 早乙女太一くん@ミン
実は初“生・太一”です! トゥーランドットに仕える宦官の青年役を妖しく好演。 舞の美しさは言わずもがなですが、所作と表情が美しい。 感情をぶつける様が一本調子に聞こえる事もあったのですが、思いのほか芝居が上手いので(失礼!ごめん!)驚きました。 縄に縛られて鞭打たれるシーンでは「腕、白っ!細っ!」女子でもあんなに綺麗な腕をしている人は稀かと~。 カーテンコールでは慣れないふうの初々しさがあってニッコリ。 太一くんの歌は…もっと聴きたかったな(あまり歌わないので判断出来ず~)
青りんご 北村有起哉さん@物売り
ストーリーテーラー的な役回りで幕開きから観客を引き込む訳ですが…この役は、きちんと歌える方が良かったかと。 ひょうひょうと身軽に立ち廻る様は重苦しい芝居進行の中にあって、貴重でしたが。
総勢60名にも及ぶ出演者が出そろって祝うラストは極彩色豊な豪華絵巻を観るようで圧巻。 しかしながら…“祝祭音楽劇”であったかと言われれば、このラストを除いては激しく謎。 そもそも音楽劇である必要があったのかな~と汗

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

禅・ファイヤー・フランツ!(エリザベート)

石川禅さんのフランツは…いろんな意味で目が釘付けです☆ メイクや演技で、ものすご~く化ける役者さん

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ペテン師と詐欺師 【北九州芸術劇場】

日本のミュージカル界を常に牽引し続けている2大スター・鹿賀丈史さんと市村正親さんがガップリよつに組ん

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウィケッド(USJ特別版)【USJ】

ブロードウェイミュージカル【WICKED (ウィケッド)】は、あの“オズの魔法使い”よりずっと昔のお

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ファンタスティックス【キャナルシティ劇場】

思いがけず観劇の機会をいただいて、なんの予備知識も無しに劇場へ。 タイトルは耳にした事があったので

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(内野×鈴木×パク)【帝国劇場】

ミュージカルは好きでしたけど、ものすご~く好きな訳ではありませんでした。 が、それが“とっても好き”

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラブ・ネバー・ダイ【日生劇場】

濱田さんがクリスティーヌ?!ってだけで遠征決定☆ 【オペラ座の怪人】は苦手演目なのですが、四季時代に

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

パイレート・クィーン【梅田芸術劇場】

上演が発表され、キャストを知った時【マリー・アントワネット】の二の舞になりそうな…何故かイヤ~な予感

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ドラキュラ伝説【福岡市民会館】

なんでも上様が本格的ミュージカルに主演するのは18年ぶりとの事。 私自身は近年も【暴れん坊将軍スペシ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

サ・ビ・タ【大野城まどかぴあ】

2008年日本初演以来のオリジナルキャストでの再演。 今回の上演に先駆けて昨年11月に同会場にて行わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (33)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • Endless SHOCK(2017.10.8〜31)
    ●【昼の部】
    13:00 ~
    ●【第二幕】
    18:00 ~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑