モーツァルト!(中川晃教)【帝国劇場】

2005年11月の博多座公演千穐楽以来の観劇。
考えると初演~再演~再々演と観続けてる作品って…私はこの作品が唯一かも?
今回の再々演は予想外に早かった!というのが正直な印象でしたが、前公演でアマデを演じた子役ちゃん達のすっかり大きくなった様を他の舞台で拝見し、それなりの年月が経った事を感じさせます…。
総体的な印象としては『香寿男爵夫人リサイタルと脇の手堅さに感動☆』という舞台でした。 しかし次回の再演時に…現キャスト続投であれば果たして喜び勇んでまた観るだろうか?と思ってしまった事も確かです。

青りんご 中川晃教さん@ヴォルフガング・ モーツァルト
良くも悪くも“あっきー”でした。 残念ながら前公演からの成長は感じる事が出来ず“記憶のままのあっきーヴォルフ”でした。 もちろん、いろいろ変化を付けてはいるものの「おっ♪」と感動を新たにするには値せず…。 あの、スウエットパンツのような衣装は…改悪でしょ?
青りんご 香寿たつきさん@ヴァルトシュテッテン男爵夫人
私が今まで拝見した男爵夫人は久世星佳さん、一路真輝さんでしたが…香寿さん、歌も演技も存在感も圧倒的に良かったです! MY BEST男爵夫人です♪ 【星から降る金】がこんなにも耳に心地良く聴こえる日が来ようとは~!という安定した歌の上手さに驚き、ヴィジュアルは凛とした美しさと暖かみのある包容力を兼ね備え…役所にバシッ!とハマり、素敵です☆ 表情に品がありますね♪ 山口祐一郎さん@コロレド大司教と対する存在感だったかと。 ちょっと“単独リサイタル”っぽい感じもしたのですが…歌、上手いなぁ~♪
青りんご hiroさん@コンスタンツェ
SPEED時代の歌声の印象から勝手に声が高い人、と思っていたのですが…セリフの声が意外にも低く、クリアじゃナイので聴き取り辛い。 演技は…想定外のヒドさに驚き、歌はコンスタンツェが話している言葉としてではなく、hiroが唄っている歌、という印象で(あっきーとのハーモニーなどは綺麗)…とにかく「ココまでとは~汗」という愕然とした気持ちが最後まで~。 ヴォルフの部屋に尋ねて来る際のニットドレスは今までで一番変な形でピンクだし、【ダンスは踊れない】でのドレスは濃いワインレッドで“幼妻・コンスタンツェ”には合っておらず…衣装は改悪に見受けられ、これはちょっと気の毒。 hiroさん、今後の…舞台俳優としての成長の可能性はどうでしょうか?
シカネーダー
他には高橋由美子さん@ナンネールの歌の上手さに改めて聴き入り、阿知波悟美さん@ウェーバー夫人の演技の上手さに唸り、吉野圭吾さん@シカネーダーの華やかさに酔いしれる…という、安定した脇の上手さを堪能した!という観劇でした。
田澤有里朱ちゃん@アマデは日本人形みたい! 歌舞伎に出て欲しいなぁ…と思ったり。 表情の変化がもう少しあればイイのになぁ。
この日の山口祐一郎さん@コロレド大司教のご不浄ネタは馬車を下りる際に『さっき行ったばっかりなのに…』 会場大爆笑!

青い旗キャスト
ヴォルフガング・ モーツァルト:中川晃教/ヴァルトシュテッテン男爵夫人:香寿たつき/アマデ:田澤有里朱

タイトルとURLをコピーしました