博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

レ・ミゼラブル(20周年SP全キャスト=1日目)【博多座】

歌穂さん@エポニーヌ×禅さん@マリウスは別記事にて語りつくしましたので、他のSPキャストを中心に…。
私にとっては2005年5月帝劇【2000回達成記念SP】公演以来の再会キャストとなりました。

青りんご 鹿賀丈史さん@ジャベール
お芝居において役者の個性が強すぎるのもいろいろと弊害があるでしょうが、鹿賀さんに至っては、いつも“クセになる魅力”を感じます。 独特の鹿賀節炸裂☆で“ザ・鹿賀丈史”なんですが…“ジャベール”なんです! 法を犯す者には容赦はしないという絶対的な威圧感・存在感に「この人に目を付けられたら絶対に逃げられないな」という恐怖心を一番強く感じた鉄壁ジャベールです。 故に…バルジャンを逃がし~自殺、という経緯の崩れっぷりがやや唐突な印象を受けました。

青りんご 岩崎宏美さん@ファンテーヌ
工場での第一声に「へっ?!こんな声だったっけ?」という驚きがありました。 【夢やぶれて】は記憶よりもパワフルな印象でこれまた驚きが! 病院とエピローグでの澄んだ、清らかな歌声は健在+α☆ 人の気持ちを落ち着かせ、諭し、包み込むような…なんて素敵な歌声なんでしょう♪

青りんご 斉藤晴彦さん@テナルディエ
こちらも“斉藤晴彦さん…なんだけどテナルディエ”!なんですね♪ プリュメ街の襲撃では自分の娘・エポニーヌに容赦なく両頬にビンタ張る所とか、足蹴りする所とかに空恐ろしさを感じました。

青りんご 岡幸二郎さん@アンジョルラス
岡さん、この役がホントに好きなんだなぁ」と思える、やたら嬉しそうなアンジョルラスの活き活きした表情が印象的。 華やかでリーダー然としていて『アンジョルス=岡幸二郎』という人が多いのも納得の存在感。 禅さん@マリウスとの二人での並びだけでウルッと来るものがあり、お互いの細やかな演技のやり取りには「そう、そう!そうでなくっちゃ☆」と嬉しく拝見。 学生の中にあっては落ち着き過ぎて…と思っていたらグランテールにくってかかる青臭さもあり◎ 砦の上で撃たれる瞬間はその衝撃で一瞬客席の方を向くんですね。 ドラマティックに花のように散っていきました。

青りんご 今井清隆さん@バルジャン
今まで拝見した今井バルの中で、一番感動しました! 2005年に拝見したSP公演のバルジャンも今井さんでしたけど、今回のSPの方が…今公演の中でも、とにかく一番感動しました。 ご自身の気合いも相当入っていたかと思われ最初から熱く飛ばしていらっしゃいましたが、今井さんは“ジャン・バルジャン”その人でした。 特に改心する前のギラギラとしたワイルドさは今井さんに感じた事がなかったのですが…迫真でした! 【Bring him home】は完璧☆
個人的に今井バルで好きなのは♪名前を 教えて~♪と森で出逢ったコゼットに手を差し伸べて「ねっ☆」と小首をかしげる所なんです。 可愛い…。

青りんご アンサンブルさん
私は各キャラクターに目が行き届き名前を知っている…というレミゼファンではナイので、識別は困難なんですが…SP公演に至っては大千穐楽も近づいている事もあるのでしょうが、いつも以上にスゴイ熱気と団結力を感じ、観ていて…震えました。 革命に燃えて活き活きと語る笑顔や砦での戦闘シーンは正に“命がけ”という必死さが迫真で、だからこそ【Cafe Song】がより胸に迫るものがあったかと。 この日、特に印象に残ったのは横田裕市さん@ジョリ。 ま、私が禅さん@マリウスにロックオンだったので、一番絡むジョリに自然と目が行った…という事もあるのでしょうが汗 ABCカフェを出ての行進では満面の笑みで両手を広げてマリウスを迎え、二人とも希望に満ちたこぼれんばかりの笑顔で肩を組んで走り出す…とか、マリウスとの自然な仲良しぶりにすごく癒されました。 二人ともめちゃくちゃ可愛いんですけど~。
他の方を挙げると切りがありませんが、公演全体を通して伊藤俊彦さん@グランテールはいつも安定していて驚きましたし、近藤大介さん結婚式のオカマさんがいつも楽しみでした♪ 岡さん@給仕とは相思相愛…みたいでしたネ☆
(※私、アンサンブルB班は1回しか観劇してナイんです~)
しかし博多座で2ヶ月のロングラン公演の実現、そしてましてや20周年SPキャスト揃い踏み公演が博多座で拝見出来るとは思ってみなかったので本当にラッキーでした。 歌穂さんのご挨拶じゃありませんが『素敵なご褒美をもらった』ようなSP2日間でした♪

青い旗キャスト
バルジャン:今井清隆/ジャベール:鹿賀丈史/エポニーヌ:島田歌穂/ファンテーヌ:岩崎宏美/コゼット:菊地美香/マリウス:石川禅/テナルディエ:斉藤晴彦/ テナルディエ夫人:田中利花/アンジョルラス:岡幸二郎
青い旗男性アンサンブルキャスト
グランテール:伊藤俊彦/クールフェラック:清水裕明/ジョリ:横田裕市/コンブフェール:近藤 大介/フイイ:松原剛志/レーグル/司教:港 幸樹/バベ:丹宗立峰/ブリジョン:佐嶋宣美/プルベール:上野聖太/モンパルナス:田中裕悟/クラクスー:梶雅人/ガブローシュ:新井海人
青い旗女性アンサンブルキャスト
買入れ屋:荒井小夜子/マテロット:折井理子/ファクトリーガール:藤咲みどり/ジベロット:深野琴美/マダム:児玉奈々子/少年1:岡村さやか/少年2:稲田みづ紀/かつら屋:亜久里夏代/リトルコゼット:荒木真夕/リトルエポニーヌ:須田あす美

関連記事

博多座おぼえ書き

ミュージカル・天草四郎 【博多座】

毎年12月の博多座は【市民檜舞台の日】として様々な公演が数日単位で上演されていますが、私、文楽公演以

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・仮名手本忠臣蔵(夜の部)【博多座】

五段目【山崎街道出合いの段】【二ツ玉の段】 お芝居の前の解説で勘十郎さんが「イノシシが2006年か

記事を読む

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

博多座おぼえ書き

恋ぶみ屋一葉【博多座】

思いがけず観劇。 浅丘ルリ子さんの博多座ご出演は2001年1月公演【墨東綺潭】から7年振りとの事で

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

三谷文楽in博多座 其礼成心中【博多座】

2015年12月を最後に博多座で文楽公演が上演されなくなった後、多分…それ以降、他の劇場でも観劇スケ

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(吉原×川口)【博多座】

博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。 映

記事を読む

博多座おぼえ書き

喜劇 極楽町一丁目(嫁姑地獄篇)【博多座】

2005年3月【喜劇・売らいでか!】以来の浜木綿子さん博多座座長公演です。 この年のこの月に、あの福

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

十一代目市川海老蔵襲名披露公演! 大劇場では最後となる襲名披露公演で、全国からも多くの海老蔵ファン

記事を読む

博多座おぼえ書き

九月大歌舞伎・昼の部【博多座】

勘九郎さん&福助さん博多座座初お目見え! 昼は見取り狂言、夜は通し狂言とバラエティー豊かな演目が勢揃

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (4)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 武田鉄矢・コロッケ特別公演

    (2019.5.5〜28)
    ●昼の部
    11:00〜14:30
    ●夜の部
    16:00〜19:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑