博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

屋根の上のヴァイオリン弾き【博多座】

2006年の観劇はじめ』はこの作品となりました。
昨年の年明けは…観劇後に気持ちがどよ~んと重くなるお芝居だったので“博多座の年明け一発目はミュージカル”での定着がイイと思います。 博多座さん!
私自身は今回がこの作品、初観劇。 断片的に知っていたシーンや歌の印象では「ユダヤ教徒の悲しいお話」というイメージが強く先行してしまっていたので、観劇を経てビックリ! 「こんなに笑える、楽しい作品だったんだ!」 テヴィエが市村正親さんだった…という事も大きく作用しているのかもしれません。
反省したのは、事前にユダヤ教徒の“しきたり”について、ちょっと頭に入れて観劇すれば良かったな、と。 劇中、宗教的な行為や儀式がいろいろと出てきて「?」な部分も多く、後に「なるほど~」と合点!な部分も多々ありましたので、知って観てみるとより深く楽しめるのではと思いました。 私はあまり予習?をして舞台観劇をしないのですが、演目によっては必要かな、と気付かされたかな。
市村正親さん@テヴィエは、ホントにチャーミング☆ 神様に日々語りかける敬虔な教徒、恐妻家の夫、優しい父親。 どれをとっても「市村さんって…ほんとスゴイ!」と失礼ながら改めてそう思った舞台でした。 この作品はきっと今後も彼のライフワークとして演じ続けられていく事でしょうね。
個人的に好きだったテヴィエのシーンは“夢のお告げ”という事で妻を上手く説き伏せ「めでたい めでたい」と喜ぶ様と、長女の夫・モーテルの“新しい中古のミシン”をチラリと見るシーン。 どちらもその恐妻家ぶりに笑えました
今公演で一番の私的ヒットは駒田一さん@モーテル。 駒田さんは…床屋@ラ・マンチャの男のあの能天気ぶりがすごく好きなのですが、他の作品でのその化けっぷりに要注意役者さん! で、今回、気弱な仕立て屋のモーテルで更にガツン!と衝撃を受けました☆ 「す、すごいよ駒田さん!!
長女ツァイテルとの結婚を許されて喜び爆発で唄う【奇蹟の中の奇蹟】は「歌、ウマ~」と大感動☆ 駒田さんが唄ってるんじゃなくて、モーテルが唄ってるんですよ、モーテルという人が! これからも違ったお役で拝見する楽しみが増えました。
ツァイテルとモーテルの結婚式で踊られる“ボトル・ダンス” あれって本当に頭に載せているだけなんですね! ボトルを落としそうになった時、落ちる前にサッと手に取って踊りの輪をはずれ、新郎新婦に一礼して見物客の輪に加わりました。 「あ、落とした時はそういう対処なんだ…」と判明。 ロシア人チームのダンスは…太ももが鍛えられそうです。
どの曲も、他のミュージカル作品ではあまり耳にしない民族的かつ独特な旋律で心に響く名曲揃いなんですね。 長く愛されている作品であるか事が解ったような気がします。

関連記事

博多座おぼえ書き

三銃士+トークショー【博多座】

実は私、三銃士のお話を全く知りません。 NHK人形劇を何回か観た事はあるのですが…トータルでど~ゆ~

記事を読む

福岡マラソン2014・当選☆

ファンラン(5km)ですが、当選しました☆ 5kmかフルかの2択だったのでファンランにエントリ

記事を読む

久々に小倉に行って来た♪

とある展覧会を観たくて、久々に小倉に行って来ました♪ 小倉駅周辺って殆ど変わりはナイですね〜。

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座【2002年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

今年の桜

ほぼ例年通りの日程で福岡の桜は満開です♪ ご近所なのになかなか行かない西公園に数年ぶりに行って

記事を読む

博多座おぼえ書き

Endless SHOCK【博多座】

前回の博多座公演以来の観劇です。 劇場も含め、演目の全体的な印象は前回と全く変らずで特記すべきことは

記事を読む

博多座開場15周年

博多座・夜の部を観て来た♪

早速観てきました♪ ず〜っと春のような陽気だったのに、今日からいきなり厳しい寒さに戻って道中震えて

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

キンキーブーツ【シアターオーブ】

2016年の初演時には遠征の都合がどうしてもつかず、観劇を見送っていたら…案の定、大評判で主演のお二

記事を読む

官兵衛がいっぱい

今年の博多祇園山笠、飾り山は予想していたとはいえ【官兵衛】がいっぱい! 千代流は表+見送り共に

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(千穐楽) 【博多座】

【満員御礼】とはいかなかったようですが…立見はビッシリ、客席の熱気も最高潮!な感じに応えてくれた熱い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ローマの休日(1〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:55
    ●夜の部/17:00〜19:55

    両国花錦闘士(17〜28日)

    ●昼の部/12:30〜15:30
    ●夜の部/17:30〜20:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑