博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

文楽を楽しもう

昼の部と同じでしたので省略

絵本太功記

・夕顔棚の段 ・尼ヶ崎の段(○○さん)=人形役割
母さつき(玉英さん)が印象的でした。 子供を愛しながらも、だからこそ許せない葛藤があり苦しむ様がひしひしと感じられ、涙が誘われました。 人形なのに…ちゃんと老婆そのものなんですもの! 家族を守ろうと強い意志を持って画策する気丈さも伺えましたし。
そして…武智光秀(勘十郎さん)のラスト、豪快な木登り! 迫力と立派さに「おぉ~」と声出して見上げてしまいました! これは文楽ならではの表現方法ですよね。
相次ぐ肉親の死に、さすがにの光秀も涙しながらもその悲しみに堪える様には…武将としての悲哀も伝わってきたような気もしました。
このシーンでは特に太夫と三味線が激しく、強く、ズンズンと下から響いてくる迫力があり圧巻ですね。

卅三間堂棟由来(・平太郎住家より木遣音頭の段)

これは歌舞伎の演目であるのでしょうか? 初めて拝見しましたが、ちょっと【葛の葉】ちっくなお話なんですね。 印象的には“にっぽん昔ばなし”のような感じで、今公演の中で私は一番好きでした♪
柳の精である女房お柳(文雀さん)は、人間の夫・横曽根平太郎(和生さん)との間に、みどり丸(蓑紫郎さん)が生まれ幸せな生活を送っていたが、都に建立される三十三間堂の棟木として自分自身である柳が伐られる事となり家族の元を去る…という突然に家族が引き裂かれる悲しいお話。
女房お柳の…柳が伐られる事になったのを知った時の驚きと悲しみは切々と訴えるものがあり、胸が痛い。 突然去った彼女を慕う家族の前に、もはや人間ではなく“柳の精”として姿を表す手法が面白かった。 紗幕の奥にユラッとたちすくむ感じで幻想的 柳の葉が突然ハラハラと天井より舞い落ちてくる手法も新鮮! 桜や雪は散々歌舞伎で観て目に慣れているけど、緑のシャープなラインの葉が天から注ぐように降ってくるだなんて!
伐採された柳の大木が家族との別れを悲しみながらも、都人足に引かれながらも都に向かっていたけど動かなくってしまう。 そこで息子が引いていた綱を手に取ると再び動き出す…。
木遣り音頭の威勢のいい歌が親子の悲しみをより強く表現している印象がありました。 幼いながらも母との別れを理解し、涙ながらに(きっと彼は号泣中)キッと空を見上げて綱を引くみどり丸の姿に泣けました

関連記事

船乗り込み

2015年・博多座船乗り込み

待ちに待った“四代目中村鴈治郎襲名披露公演”が博多座で!が来月2日に初日を迎えます。 その公演のPR

記事を読む

赤いベベ着た〜♪

【アートアクアリウム展】、東京で開催されていた時「絶対に行きたい!」と観劇遠征の際、予定を組み込もう

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座【2002年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

福岡マラソン2014

申し込み完了!

今年から始まる【福岡マラソン】、5kmのファンランに申し込みました♪ 開催は11月で参加は抽選

記事を読む

もう夏?梅雨?

すでに“夏日”が連日になって…「今でこんなじゃ真夏はどうなっちゃうの?!」と近年酷暑続きの夏にうんざ

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

週末とはいえ…博多座の歌舞伎公演で立見が出るとは~!これは凄いことです。 大盛況でなによりです☆ 客

記事を読む

舞鶴小中学校

洒落とんしゃあ〜

来月1日に開校する【舞鶴小中学校】の新校舎内覧会に行って来ました! 舞鶴小学校が解体されて…更

記事を読む

キレイな朝焼け

起床時に窓を開けたら、空がすごくキレイな色でパチリ☆ 夕焼けはよく見かけるけど、朝焼けでここまで空

記事を読む

校舎にさようなら

我が家の校区だった簀子小学校はこの春、都心の3つの小学校に統合され閉鎖になっていましたが、いよいよ校

記事を読む

博多座開場15周年

博多座・夜の部を観て来た♪

早速観てきました♪ ず〜っと春のような陽気だったのに、今日からいきなり厳しい寒さに戻って道中震えて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑