博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

モーツァルト!(初日)【博多座】 

私、3年前の初演時観劇以来、博多座のアンケート用紙の『今後博多座でご覧になりたい演目は?』の欄に、ひたすら【モーツァルト!】と書き続け、ついにこの日を迎え感無量!と言ってもイイくらいの嬉しさ☆ しかも再会を熱望していた“あっきー(中川晃教くん)ヴォルフガング”で…とは感涙でございます~!
事前の前売券は、井上芳雄くんが地元・福岡出身!という事もあってか? あっきーは博多座初お目見え!という事もあってか?…の知名度の差が売り上げ状況にも作用している様子(井上くんは平日ソワレが多くこれも原因?)が口惜しい。 私、大千穐楽以外は全て“あっきーヴォルフ詣で”の予定です♪ 今公演が終わった時、必ずやあっきーの博多座再出演のリクエストが激増のはず!
で、待ち焦がれた初日の舞台は…記憶が薄れていた部分が鮮明に呼び覚まされ、以前の感動の思い出が鮮やかに蘇り、それに新たな感動が加わって…よく分らない興奮状態での観劇となりました。
演出や舞台美術は初演時と大きく変わった印象がなかったのですが、果たしてどうだったのでしょうか? 苦手に思っていた…前後に動く黒い重箱(←と命名)は、真っ正面から観ると気にならないモノなんですね(サイド席からの視点だと視界が厳しかったので嫌いだった)

よつばのクローバー 中川晃教さん@ヴォルフガング
さすがの歌声と熱演で「これよ、コレ!この舞台を観たかったのよ~」と終始大感動☆ パワフルな歌いっぷりには艶が加わって、より歌詞に情感が乗っている印象。「なぜ愛せないのぉ~」と聴かせどころで声がカスレてしまったトコが唯一残念でしたが、その後の声の伸びっぷりと声量に驚愕! 演技では、父親の亡霊に取り付かれてからの、狂気めいた感じに追いつめられていく所が素晴らしかった~! この役、もはやあっきーに乗り移ってませんか?!

よつばのクローバー 市村正親さん@レオポルト
老いてなお息子の行く末を心配するくだりのヨボヨボぶり(失礼な表現)がすごく印象に残りました。
よつばのクローバー 山口祐一郎さん@コロレド
あのトイレシーンのアクションが激しく大袈裟になり、完全なお笑いシーンになっていたのにビックリ! つい立てからのぞく顔半分だけで、あんなに笑いが取れるって…スゴイ人だ! 「山口さんマイクの音量が大きいの?!」と思ってしまうくらいの圧倒的声量
よつばのクローバー 一路真輝さん@男爵夫人
すごく期待していたのですが…う~ん 聴いていて、耳に辛かったです。 高音が特に聴いていて疲れる感じがしました。 高貴で気品あふれる威厳、という存在感はさすが!でお美しい~
よつばのクローバー 高橋由美子さん@ナンネール
劇団☆新感線の舞台【花の紅天狗】で、ご自身がヴォルフガングを演じて作品をパロっていたのがフト思い出されてしまって、観る気持ちを立て直すのに時間がかかってしまった!
よつばのクローバー 大塚ちひろさん@コンスタンツェ
よ~やく“幼妻”に見えるキャスティング! 可愛くて華もあるし、歌詞にある「引っ込み思案、目立つの嫌いな少女、勉強嫌いで努力が出来ない」「インスピレーション与えられない」というコンスタンツェ像がピッタリときました。 ただ、私がこの作品の中で一番好きな曲【ダンスはやめられない】が怒鳴っている感じですごく残念~。
よつばのクローバー 吉野圭吾さん@シカネーダ
ますます艶やかさに磨きがかかって“役にノッてる”という印象で、つくづくこのお役はニンだなぁ…と再確認。 お顔がヅカの男役のような派手~な印象。

星 本日のカーテンコール 星
初日という事もあり、ものすごい盛り上がりでした☆
何度目かに、あっきーから挨拶。「9月にプロモーションで博多に来た時に、沢山の方がM!を待ってくださってるんだとヒシヒシと感じました。 今日、初日を迎え、このように熱く食い入るように舞台を見てくださって、熱い拍手をいただき感動しています。 千穐楽まで宜しくお願いします」…というような趣旨の事を言ってました。
で、その後また幕が開くと…市村さんが「いよいよ第三幕です」と言って…「今日は初日でもありますが、私の息子の誕生日でもあります」と言ってあっきーを紹介。 そしてキャストと観客みんなでオケの伴奏でHappy Birthdayの大合唱♪ それを聴いて、あっきーは泣いてしまって…お礼の言葉に詰まり、客席から「頑張れ~!」「おめでとう!」と。 カンパニーのに皆さんはほのぼのとその様子を笑顔で見ていました。「初演の時は20才で、今日で23才になりました」って♪
で、幕が降りて…塩田さんのダンシング指揮に合せて客席が手拍子をしていると…最後の最後にあっきーと高橋愛子ちゃん@アマデが緞帳の前に手をつないで出てきて、おじぎと投げキッスをしてました。

青い旗キャスト
ヴォルフガング:中川晃教/アマデ:高橋愛子

関連記事

博多座おぼえ書き

VOICARIONⅢ 博多座声歌舞伎 〜信長の犬〜【博多座】

【歌】バックバンド皆さん、【舞】能楽師の皆さん、【伎】7人の声優さんの演技、各々の専門分野のブロの技

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(初日)【博多座】

2001年10月以来の博多座での再演です。 同じ演目が博多座で二度もかかる…というのは1ヶ月公演とし

記事を読む

博多座おぼえ書き

グレート・ギャツビー【博多座】

『全く好みではなかった』という、その一言に尽きる作品だった…。 小池修一郎さんが宝塚歌劇で世界初の

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・夜の部【博多座】

西郷とお玉 初めて観る演目でした。 富十郎さん@お玉、コロコロっとしている体型に役の持つ人柄の良さ

記事を読む

博多座おぼえ書き

北島三郎特別公演【博多座】 

今年も博多座にサブちゃんがやって来た☆ 座長公演としては、今年で5回目と、もはや最多出演のサブちゃ

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(禅さん@マリウス)=その1【博多座】

「20才くらい歳の違う、息子とコンビを組んでいるような貴重な公演!」と原田優一くん@アンジョルラスと

記事を読む

博多座おぼえ書き

モーツァルト!(中川晃教千穐楽)【博多座】 

注意! あっきーベタ褒めの感想で…ちょっと痛い部分が目につくかと思いますので事前にお断りしておきます

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演【博多座】

毎年12月の博多座は【市民桧舞台の月】ですが、今年は“博多座開業五周年”という事で二日間四公演、初め

記事を読む

no image

六月博多座歌舞伎・夜の部【博多座】

なんと~ 博多座では“今年初めての歌舞伎公演”です!!! しかしながら…“博多座開場10周年記念”

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 【三婆】

    (2019.7.1〜8)
    ●昼の部/11:30〜14:40
    ●夜の部/16:30〜19:40

    【北島三郎コンサート】

    (2019.7.10〜15)
    ●13:00〜15:00

    【VOICARION Ⅵ ~信長の犬~】

    (2019.7.20〜21)
    ●昼の部/20日=13:30〜16:20/21日=12:00〜14:50
    ●夜の部/20日=18:00〜20:50

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑