博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

クレイジー・フォー・ユー【広島郵便貯金ホール】

昨年より『観たことがナイ四季作品は一度観てみよう』キャンペーン中の私は、とりあえず観た事がナイ作品がかかると可能な限り足を運んでいる現状…と7月の【オンディーヌ】レポートで公言しておりましたが…この作品も何故だか観劇の機会を逃していたので、広島まで行ってきました! 新幹線日帰りで昼&夜の部を観たのですが「これぞミュージカル」な作品なんですね。 これまた今まで断片的に知っていた曲やシーンがストーリーとして繋がって「スッキリした!」
あいにくの雨の広島でしたが、昼・夜ともに会場はとても賑わっていて、ロビーには福岡シティ劇場から…出張でしょうか? 柳瀬ビーストと木村ベルの等身大パネルがお客様をお出迎えしてました♪ 私的には【コーラスライン】のPVに釘付けでしたけど(これで京都公演行く事を決意!)
で、舞台は…と言いますと、舞台美術好き&衣装好きの私にはたまらない細部までのこだわりに感動! オペラグラスでセットの造りや小道具の数々をじ~っくり堪能していたら、舞台手前ではガンガン踊っていたりするので、かな~り忙しい観劇でした(昼&夜観てヨカッタ) ストーリーの進行に従って“育つヒナギク”だったりするんですねぇ…スゴイ! 衣装もそろぞれの人物のキャラクターを巧みに表現していて楽しかった♪
ストーリーは…簡単に言えば“Boy meets Girl” 映画にしちゃうと何てことナイ、よくあるタイプのストーリーながら“ミュージカル”という手法だからこそ、引き込まれる要素が多く楽しめるんですね。 改めて、名曲揃いの作品ミュージカル作品である事を再認識♪
キャストは、舞台に出演される役者さん全てに個人名が付いていて、結局どの人がなんて名前か?なんて事が判らず仕舞いのキャラクターも多かったです。
印象に残った役者さんは…広瀬明雄さん@ベラ・ザングラー。 べラの「どうも、どうも、どうも」ってセリフ、すっごく耳に残りますね。 今、マイブームです。 一人の女性の為に私財を投げ打って…ってまるでラスベガスを作ったベンジャミン・バクジー・シーゲルみたいですね。 彼がモデルなのかな? 広瀬さんって、ちょっとクスッと笑えるお役で拝見することが多いような気がするのですが、あの絶妙の間が素晴らしいですね。 これからご出演時は追ってしまいそうです。
そして…池末絵己子さん@パッツィー。  かわいい☆可愛い!カワイイ♪ 常にニコニコしているか、キョトンとしている時は口をポカ~ンと開けて“ちょっと抜けてる可愛い女の子”って、マリリン・モンローの持つ、可愛さと色気が同居してもっと親しみやすくした感じ。 と~っても楽しそうで観ているだけで気持ちがホンワカしてて釘付けでした。 ダンスも素敵で、私の中では『本日のベスト・アクトレス』
それから…斉藤昭子さん@ボビーの母。  結構重要な役どころなのに名前がナイ…んですね ラストの一目ぼれのシーンが、音楽にあわせて横スキップですり寄っていくところが猛烈に可愛くって笑えました。 カーテンコールではシャキシャキ踊ってらしてビックリ!
『最高にハッピーなミュージカル』というキャッチコピーに頷けた舞台でした♪

青い旗キャスト
ボビー・チャイルド:加藤敬二/ポリー・ベーカー:樋口麻美/ランク・ホーキンス:牧野公昭/アイリーン・ロス:八重沢真美/ベラ・ザングラー:広瀬明雄/エベレット・ベーカー:武見龍磨/ボビーの母:斉藤昭子/テス:有永美奈子/ユージーン・フォーダー:田中廣臣/パトリシア・フォーダー:加藤聖恵/
ムース:川辺将大/サム:岩城雄太/ミンゴ:畠山典之 /ビリー:石野喜一/パーキンス/カスタス:坂元剛 /ジュニア:平田郁夫/ピート:中山大豪/ジミー:和泉沢旭/ワイアット:関与志雄 /ハリー:村中弘和/
パッツィー:池末絵己子/シーラ:姚詠芝/ミッツィー:柴田桃子 /スージー:眞弓ヴァネッサ/ ルイーズ:大石眞由/ベッツィー:市川友貴/マギー:伊藤恵 /ベラ:ソン インミ/エレイン:荒木美保/

関連記事

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【大阪四季劇場】

お江戸遠征はいつもギリギリの日程しか組んでいないので、歌舞伎座と海劇場が徒歩移動も可能な距離と知りな

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【福岡シティ劇場】2005.5/8~2006.1.22観劇キャスト一覧

通いに通った自分のアホ記録として… 01.  2005.05.08(日) 初日 ビースト:柳

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール【福岡シティ劇場】

え~、白状しますと…本日で福岡公演8回目の観劇となります 初日開幕からチョコチョコ配役の変更はあって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【京都劇場】

まさか、今年になって2回も京都に行くことになるとは!と、自分でも驚きの突発遠征。 来月には福岡で開幕

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド・千穐楽【キャナルシティ劇場】

4月に開幕以来、約5ヵ月間の公演期間を経て本日千穐楽を迎えました。 四季専用劇場の時は入り口からロビ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【キャナルシティ劇場】

「またライオンキング?」と思っていたら、10年振り3度目ですって! 時が経つのが早過ぎて恐ろしい…

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【自由劇場】

映画も含めて…この作品、私は全くの初見でした。 【キリン一番搾り】のCMソングって、何故か【ニューヨ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

樋口@アイーダ【福岡シティ劇場】

なんといっても本日の目的は樋口アイーダ 数年ぶりの…しかも福岡登板があるとは本当にビックリしました

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【福岡シティ劇場】

結構最近も観たつもりでしたが…自分の観劇レポートを辿ると2007年2月以来の(欠かさずレポUPしてた

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 今月の公演は中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑