博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

拝啓 お父さんです。【ぽんプラザホール】

ひのあらたさん主催の演劇ユニット【アプローチシアター】のお芝居
今回の作品は、原案は出演も兼ねる“マッチョルラス”こと坂元健児さん。 他の出演者は、代表のひのさんはもちろん、安福毅さん、田中裕悟さん、坂口祐未衣さん…とくれば、劇団四季OB会という感じ。 しかし、歌やダンスなどはなく(吉岡健二さん@ゆりかもめ二郎を除く)純粋にコメディタッチのお芝居。
皆さんリズム感がイイ方ばかりだから?、コメディセンス…というか“間”が抜群にイイんですね☆ チームワークの良さは劇団時代から培ったものがありバッチリ!でしょうし 各々のキャラクター作りもナイスで「いるいる!こんな人!」とニンマリ。 “5本指ソックス”を履く25才って…汗
私的には一昔前の“一家庭”の家のセットにたまらなくこだわりを感じ、小道具を細かくチェックしては興奮してしまいました。 黒電話とか、旧式の保温ポットとか、よくあんなの揃えたなぁ~。 壁にかけてある観光地で買い求めたような木彫り枠の鏡もツボだし、ジュースの瓶を体にして作った飾り人形や…あ~、言い出したら切りがないですが、一番感動したのはこの小道具一連だったと言ったら失礼かしら汗 光男の部屋の…机の横に立ててあったポスターは岡田奈々ですよね?!
居間の雰囲気からすると、時代は昭和?と思って最初は観てたけど、【コンビニ】の話題や、【ファブリーズ(消臭剤)】が登場したからには、現代ですよね? 田舎だから、時代が止まったようなインテリアだった、という理解でOK? “六本木”に対して“ゆりかもめ”だったし… ん?コレは違うかなぁ?

鉛筆あらすじ
舞台は田舎の農家。急逝した村の村長の父親をもつ子供たちが、その葬儀を終え、遺書を読む…という所から物語が始まる。
長男(ひのあらたさん)は八王子で焼き芋屋を、長女(坂口祐未衣さん)は幸福を呼ぶ水晶に傾倒している主婦を(旦那さんが田中裕悟さん)、次男(安福毅さん)は父親の跡を継ぎ農業を…という兄弟だが、各々が問題を抱え、その遺言の内容を知りたくて躍起になっている所に、怪しげな弁護士と称する男(坂元健児さん)が現れてひと騒動が…。

終始、大小の笑いの連続、そしてちょっぴりホロリ…な部分もあり、楽しい作品 各々のキャラクター設定が楽しく、中でも一番好きだったのは、吉岡健二さん@ゆりかもめ二郎。 挙動不振なオドオド振りや、息を留めて聴きいってしまうナイスな?歌とダンス。 おもしろすぎです! 演じていらっしゃる役者さんも楽しそうで「お芝居が本当に好きなんだなぁ」という熱も伝わってきました。 ただ…ちょ~っとラストのまとめ方に難あり、かな?
最後に…ひのさん、足、長っ!

青い旗 キャスト
小笠原長一郎 :ひのあらた/小笠原光男 :安福 毅/馬場菜々子 :坂口祐未衣/馬場信玄 :田中裕悟/ゆりかもめ二郎 :吉岡健二/六本木五郎 :坂元健児/小笠原正一郎(声) :前田昌明

関連記事

その他観劇おぼえ書き

髑髏城の七人 Season花【IHIステージアラウンド東京】

劇団☆新感線の代表作のひとつ【髑髏城の七人】シリーズが『花・鳥・風・月』の4シーズンに分かれて1年3

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~【サンリオピューロランド】

松竹が全面監修のもと…脚本・演出は横内謙介さん、笑三郎さんの歌舞伎演技指導、巳之助さんが映像出演、獅

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

駒田一トークショー【大野城まどかぴあ】

来年2月にこの会場で上演されるミュージカル【サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~】に主演の駒田 一さんのトー

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

鉄輪【大濠能楽堂】

久々、能に行ってきました! 福岡出身で主に九州を拠点に活動する鷹尾兄弟の“鷹の会”主催によるものです

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・夜の部【博多新劇座】

初めて大衆演劇というのを観たのは三年前で、この橘菊太郎劇団。 それから数えてこの劇団を観るのは今回が

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

金閣寺【キャナルシティ劇場】

面白かった! すっごく面白かった! 私が今までみたストレートプレイの舞台の中で一番面白かった!! 観

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極【IHIステージアラウンド東京】

【髑髏城の七人】でありながら捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔(シュラテンマ)』。 天海さ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2006 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

“デビュー25周年記念”という事で、今回は新旧ネタを取り混ぜた豪華バージョン! このIMSホールで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-【シアターコクーン】

今月、歌舞伎座では團菊祭だというのに…音羽屋さんから菊之助さん&亀三郎さんがご出演とは本当に驚きまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (8)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • サザエさん

    (2019.9.28〜10.13)
    ●昼の部/11:00〜14:35
    ●夜の部/16:30〜19:35

    ふるあめりかに袖はぬらさじ

    (2019.10.18〜27)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    組曲虐殺

    (2019.10.31〜11.3)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑