博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

福岡BB100回公演達成【福岡シティ劇場】

5月8日に初日が開け、本日が100回目の公演でした…と、いうのは全く知らずに何げに本日のチケットを、初日以来の1階S席を…今公演で自分的には一番イイお席を確保していたのです。
それは「大好きな夏も終わりに近づき寂しい限り ココはひとつ道口ルミエールを間近のお席で観劇して、元気をもらっちゃおう」という事で、張り切って用意したチケットだったのですが…。
下村ルミエールになってる…びっくり そりゃ、もういい加減お休みを取っていただきたかっですけど、ですけど…この日からだなんて悲しい そりゃ、下村ルミエールだって、観てみたかったけど、よりによってこの日だなんて。 福岡公演開幕以来の99回を道口ルミエールが頑張ってて、節目の100回目に居ないだなんて! ま、購入した段階ではキャストは不明ですから、その時点でカケなんですけど…やり切れなさ過ぎ(みな子ベルもまた観たかったのに~)
でも、今日のキャストはきっと四季ファンの方は突発したくなるキャスティングなのでしょうね? 私のようにガックリきてるのはきっと少数派でしょうから、愚痴はココまでにして…“豪華キャスティング”と言われた本日の福岡BB、ああ観て来てきたさ!
まず劇場に行くと…ポスターが下村ルミエールがセンターにバーンの京都公演の時のポスターに変わってて(京都劇場の印刷部分を隠してる~)、ロビーに置いてあった道口ルミエールの等身大(よりチョイ小さい)パネルはどっかへ片付けられてて、福岡シティ劇場の【Welcome下村ルミエール】な体勢に驚き、ショボ~ン。 ハッ!また愚痴りました汗
で、その下村尊則さん@ルミエールは…といいますと~私、初めての拝見でしたのでオリジナルキャストとの遭遇はやっぱり感激☆ お顔が洋風なうえ「ムッシュー、マドモアゼル、オードブル…」などのフランス語の所は思いっきりフランス語ちっくに発音。 表情もくるくる変わって、動きも細かく、愉快なフランス紳士な感じ 道口ルミエールは“燭台”としてビシッと姿勢良く両手を上げて立っている印象が強いのですが、下村ルミエールは結構ラフにクニャクニャと動き、手も片手を上げてもう一方はその肘を支えている(シュワッチ体勢)ポーズが多かったような。 「ぎっちょんちょんのチョンだ!」「なぁ~にビクビクしてるんですっ!」という所は驚くほどマンガ的にオーバーなんだけど、客席のドカン!という大きな笑いを一気にとる演技はスゴイなぁ…と。
印象的だったのは、魔法が溶けた後に初めてバベットを見た時の反応! 電気に撃たれたようなビビッとくるような反応で、久し振りに見た恋人の美しさに改めてハートを射抜かれた感じで、素晴らしかった。 『これが劇団四季・下村尊則だっ!』を拝見させていただきました。 ただ終始気になったのは、周りのキャストとの調和が取れていないような…一人で演技している感が(アタシ!アタシよ!(←何故かおねえ言葉)的な)感じられたのは…私だけでしょうか?
野中万寿夫さん@ガストン パンフレットには出演予定者として名を連ねてはいらっしゃいましたが、まさか本当に登場されるとは!と、一番驚いた本日のキャスティングでした。 で…どうだったか、と言いますと…『野中万寿夫さん、でした』 メイクのせい?もあるのか…とにかく“野中万寿夫さん”でした。 表情は他のガストンと比べて、いたずらっ子みたいな感じで豊かで、ユーモアがある感じなんだけど…“野中万寿夫さん”でした もちろん歌も演技もソツなく…ですが“野中万寿夫さん”でした(しつこい?)
江上健二さん@ルフウ 初めて拝見! セリフの時の声が遊佐さんにすごく似ててビックリ! お顔の造りも含めて全体的に細い方なので“愛嬌”という点では厳しいけれど、そこはやっぱりプロだなぁという奮闘ぶり。 森で拾ったマフラーについて、ベルとやり取りするシーンのリアクションに独自の工夫を観て、今後に期待大でした。
奥田久美子さん@ミセス・ポットのセリフまわし。 なんだかひどく開口が目立つようになってて…何か指導があったのかしら?と、気になりました。 とても不自然な…全体的にも硬い感じになってて、残念でした。
柳瀬大輔さん@ビースト 主要キャストでは唯一開幕からの続投でお疲れでしょうが、今日ほど、ビーストの感情が伝わってきたことはなかったです! 細かい表情がよく見えた…という事もあるのでしょうか。 歌は伸ばす部分などが短かったり、お疲れ具合が伺えた箇所があったけど、ますます役を掘り下げていらっしゃる印象で感動しきりでした。 「これで彼さえ居なければ」とベルに言われてガックリの所では、子供たちから「かわいそー」って声が。 ホント、思わず声に出しちゃうくらいビーストの反応に気持ちを寄せて観劇できた本日でした
さて本日は『福岡BB公演100回達成』☆ …だけど、カーテンコールは何も特別な事はなく、あっさりお開きでした。
夏休みもあとわずか。 さて~、9月以降のチケットの売れ行きが心配ですなぁ…。 ロングラン公演記録を伸ばす事が目標ではナイのだから、この100回公演達成後、どこまで続けられるのか?悲しいけれど劇場の存続を含めて厳しい見極めが必要そうですね。
でもね、福岡はけっこうギリギリになってチケット購入する傾向にあるんです。 そんな何ヶ月も先のスケジュールが分らない日のチケットを前もって購入するなんて…ね(九州人気質?) 洋服だって、ホントに寒くなってから冬物が売れ、ホントに暑くなってから夏物が売れ始める傾向が強い土地柄ですから…と、自分に言い聞かせているような感じで、ちょっとむなしかったり~。 頑張れ!福岡シティ劇場☆

青い旗キャスト
ビースト:柳瀬大輔/ベル:木村花代/モリース:林 和男/ガストン:野中万寿夫/ルミエール:下村尊則/ルフウ:江上健二/コッグスワース:吉谷昭雄/ミセス・ポット:奥田久美子/タンス夫人: 織笠里佳子/バベット:井田安寿/チップ:岸本美香/ムッシュー・ダルク:長 祐二

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

2004年7月22日の福岡シティ劇場千穐楽以来の…座敷わらしたちとの感動の再会! も~う、どれほど再

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイーダ@MY千穐楽【福岡シティ劇場】

福岡シティ劇場にて昨年4月16日に開幕した【アイーダ】。 今年1月8日をもってそのロングラン公演千穐

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(6)+リハ見【広島・ALSOKホール】

実は…すご~く待っていた田島ガストンの登場です! アニメから抜け出てきたような“まんまガストン”は、

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【大阪四季劇場】

お江戸遠征はいつもギリギリの日程しか組んでいないので、歌舞伎座と海劇場が徒歩移動も可能な距離と知りな

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール【福岡シティ劇場】

え~、白状しますと…本日で福岡公演8回目の観劇となります 初日開幕からチョコチョコ配役の変更はあって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【福岡シティ劇場】

この夏、福岡シティ劇場では“劇団四季のファミリーミュージカル”2作品が連続上演!…という事で観てきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【福岡シティ劇場】

2005年5月に秋劇場で観劇して以来の【ライオンキング】です。 福岡バージョンとなると…一体どのくら

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【京都劇場】

まさか、今年になって2回も京都に行くことになるとは!と、自分でも驚きの突発遠征。 来月には福岡で開幕

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マルシア@アイーダ【福岡シティ劇場】

この作品は、劇団以外からの外部出演が比較的多い作品との認識はありましたが、まさかタイトルロールの主役

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2018 (1)
    • 2017 (34)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 石川さゆり特別公演(2018.4.11〜28)
    ●【昼の部】11:30〜14:45
    ●【夜の部】16:30〜19:45
  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑