博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

美女と野獣・リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール【福岡シティ劇場】

え~、白状しますと…本日で福岡公演8回目の観劇となります汗 初日開幕からチョコチョコ配役の変更はあっているものの、私的には幸せな事にご贔屓さん(道口瑞之さん@ルミエール)は続投中でして、その度に痛いレポートを繰り返すのもあんまりかな、と自粛。 常に安定した水準を維持しながらも、細かい演技の工夫が重ねられていて毎回新たな感動と発見があるのですが、一点集中観劇を重ねているからこそ判る微妙な変化などを末観の方も読まれるレポートとして、その都度UPするのも…ねぇ?
しかし本日は、 初めて「お疲れか?!」という箇所が何点か見受けられ「そろそろ休養を取るか…違うお役でリフレッシュしていただきたい」と思いました ま、そうなると私の手元にあるチケットの束は困るのですが~。 なんとも複雑な心境です汗
本日は私、初めて拝見する秋本みな子さん@ベル。 私の“BESTベル”になりました! 初めてウルウルきました。 今まで拝見したベルは…皆さん歌は素晴らしく、それぞれに個性もあって…だったのですが、みな子ベルは演技が細かくて丁寧で、セリフのひとつひとつに感情がすごくこもっていて、それでいて自然な感じ。 この“自然な感じ”がポイント高いです。 ヴィジュアル的に、立ち振る舞い的に…は、ビーストと比べると“しっかりしたお姉さん”な感じですが、それがかえってビーストのやんちゃぶり、純粋さを引き立たせていたように思えました。 また、小柄な方なので、ビーストやガストンがすっごく大きく迫力あるように見える視覚的効果が出ていたかと。
私、ベルで一番個性が出るのは【マダム・ガストン】の「私がぁ?」と言った直後のリアクションだと思うのですが、みな子ベルは「んぐわぁ」という感じで、ココだけ潔くすっごくコミカルでツボでした。
ラスト、瀕死のビーストを膝に抱え歌う【夢叶う】は本気の涙声で歌ってて、ウルウル… このシーンでココまで感動したのは初めてでした みな子ベル、これから何度も拝見したいなぁ~。
その他は…高橋辰也さん@モリース長祐二さん@ムッシュー・ダルクも初めて拝見! 同じお役でも演じる人によってこんなに違うんだ…と改めて面白かった本日のBB観劇でした。 あ! 新木啓介さん@ガストンが…えらく“面白い人”にパワーアップしていたのが笑えました。
さて、本日は夏休み特別企画【リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール】というイベントが催されました。 3~12才のお子様が、親御さんの気合いと熱い思いが注がれた王子様&お姫様の扮装で、出演者と一緒にカーテンコールの舞台に立つというもので、2~30名くらいの参加。
通常の出演者のカーテンコールが終わった後、ドラムロールとピンスポットぐるぐるで…道口ルミエールが登場♪ 本日のイベントを紹介して幕が開くと…お城のセットと俳優全員が居並ぶ前にズラリと横一列に並ぶきらびやかなお子様群☆ さながら【こども写真城・スタジオアリス】のチラシに写ってるようなお子様オンパレード。 「親御さん、気合い入りまくりだなぁ」とアキれるやら、感動するやら…。
【ビー・アワー・ゲスト】の一節を踊ったり、【美女と野獣】で男の子と女の子がカップルになって、おじきをしたり…女の子は男性の俳優、男の子は女性の俳優のエスコートで舞台中央に進み出てポーズ。 中には「バレエ習ってるのね」というようなポーズが決まってる女の子も居たり、「お母さんが出したかったっちゃろうねぇ」というヤル気に欠ける(自分の状況を把握できてナイ)男の子も居たり…で、観ててすっごく楽しかった~♪
お子様たちの奮闘に舞台上の俳優陣も目尻が下がりっぱなし(冷や汗かきっぱなし?)の様子も微笑ましく、夏休みにピッタリのニッコリな企画でした(お子様をまとめる運営はさぞ大変だったかと~)
中には“お母さんお手製”の衣装もきっとあったはず! もっと近くでじっくり観てみたかったなぁ~。 和装の姫や若だったら…どんなきらびやかな衣装よりも絶対目立つと思うんだけどなぁ~、ダメかなぁ。

青い旗キャスト
ビースト:柳瀬大輔/ベル:秋本みな子/モリース:高橋辰也/ガストン:新木啓介/ルミエール:道口瑞之/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:吉谷昭雄/ミセス・ポット:奥田久美子/タンス夫人: 織笠里佳子/バベット:竹村千穂/チップ:岸本美香/ムッシュー・ダルク:長 祐二

関連記事

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【広島郵便貯金ホール】

昨年より『観たことがナイ四季作品は一度観てみよう』キャンペーン中の私は、とりあえず観た事がナイ作品が

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

リトルマーメイド【四季劇場・夏】

ディズニー・シーの【マーメイドラグーンシアター】の上演を観た時、「これが丸々1本のミュージカルとして

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・初日【キャナルシティ劇場】

福岡での上演は10年振りですって?! 上演決定のニュースを耳にした時、とにかくビックリ…あんなにバカ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫【宗像ユリックス】

福岡シティ劇場にて2004年夏に観て以来の観劇です。 ファミリーミュージカルの中でも一番好きな作品な

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【京都劇場】

昨年11月の全国巡業・宗像公演以来の観劇です。 気がつけば…昨年の冬も寒~い寒い京都へ観劇に来てたな

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ブラックコメディ【福岡シティ劇場】

ストレートプレイはどうも苦手意識がありまして…“劇団四季の”は、なおさら構えてしまう傾向がありまして

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アンデルセン【キャナルシティ劇場】

♪ワンダホ〜、ワンダホ〜、コーペンハーゲン…♪というフレーズが観劇後、頭の中をグルグル回る〜。 昨

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【福岡シティ劇場】2005.5/8~2006.1.22観劇キャスト一覧

通いに通った自分のアホ記録として… 01.  2005.05.08(日) 初日 ビースト:柳

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ソング&ダンス 60 感謝の花束【キャナルシティ劇場】

この劇場で四季公演を観るのは、ほぼ一年振り。 ハマりにハマって馬鹿みたいに通った【Song&

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 1789-バスティーユの恋人たち-(2018.7.3〜30)
    ●昼の部
      【平日】13:00〜16:00
      【土日祝】12:00〜15:00
    ●夜の部
      【平日】18:00〜21:00 
      【土日祝】17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑