博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

レ・ミゼラブル 2000回達成記念SP【帝国劇場】

幸運にも観劇の機会を得る事が出来まして、遠征して参りました~☆ 私のお目当ては、昨年の【エリザベート】でフランツを演じていらっしゃった石川禅さん@マリウス! この公演以前に【レ・ミゼラブル コンサート】にて、禅さんがマリウスナンバー歌った際に「現役でイケる」とご覧になった方からその評判を聞いていたので、今回の企画と配役を聞いた時から楽しみでなりませんでした。
今回は「作品を観た」というよりは「役者さんを観た」という感じでしたので、役者さんごとの感想を…。

よつばのクローバー今井清隆さん@バルジャン
私の中では一番イメージ的に“しっくり”くるバルジャン像なんです。 今回は往年のキャスト陣にあって、現役バルジャンからの抜擢の奮闘は感動的でした 特にコゼットに対する、娘に対する愛情が溢れていて、臨終のシーンでは胸が締めつけられる思いで、泣いてしまいました このシーンでココまで感動したのは初めて!
よつばのクローバー鹿賀丈史さん@ジャベール
職務に忠実なあまり、法を犯す者に対しては冷酷である…というジャベルー像はさすがの感がありました 唄い方には好き嫌いがあるかもしれませんが、私は“ザ・鹿賀丈史”な感じでとっても楽しかった 印象的だったのは、自殺のシーン。 今回、鹿賀さんのを拝見して「何故ジャベールは自殺しなくてはならなかったのか?」という事が素直に納得できました。 自分自身に対する戸惑い、というのが直球で伝わってきた感じ。
よつばのクローバー島田歌穂さん@エポニーヌ
もはや“伝説のエポニーヌ ”ですから、まさか生の舞台で拝見できる機会に恵まれようとは~!と、それだけで興奮 ビジュアル、演技、声質的にも“現役エポニーヌ”で、全く遜色ありません! 自然にす~っと楽に唄っているようで…なんであんなに人の心に染み入るような歌声なんでしょう? 上手いのは当然なんですが、歌にのって、その心が聴衆に届くような… 噂には聞いていたけれど【On My Own】には、鳥肌たちました。 「歌の上手い人、っていうのはこういう人の事を言うんだ」と思った次第。
よつばのクローバー岩崎宏美さん@ファンティーヌ
娼婦までが正直つらかったです。 終始弱々しい感じでパンチがなくて、かなり物足りなさを感じていたのですが、臨終シーン、バルジャンを迎えにくるシーンは圧巻でした。 「これぞ“聖母たちのララバイ”だな」と思ったり。 演技的にコレといった印象は残りませんでしたが、神々しい聖歌を聴いているような、澄んだ気持ちにさせてくれる清らかな歌声…といいますか、が印象的。
よつばのクローバー知念里奈さん@コゼット
私はミュージカル作品では彼女は【ミス・サイゴン】に続いて2回目だったので、よく存知あげないのですが ニンですね。 臨終の父にすがって泣くシーンの熱演は、娘として強く強く父・バルジャンを愛しているのか、という想いが伝わってきて泣いてしまいました。 ここでの父娘の絆は素晴らしかったです。
よつばのクローバー石川禅さん@マリウス
正直、ビジュアル的にはちょっと辛い部分があった…かな。 私が大好きなシーン、柵を越えてコゼットに会いに行っていたマリウスが…♪誰かの足音 隠れ~るよぉ~♪…と唄いながら、また柵を越えて外に戻るシーンでは…
「あ~冷や汗 禅さん間に合わないのでは?汗
「うわっ汗 絶対間に合わない~汗
「禅さん、急いで急いで!汗
「あら冷や汗 今、足を柵の横から回してズルしたわねっ汗
「あ゛~っ、もうダメだぁ~汗
「うわ、飛び降りた…唖然

と、かなりドキドキと楽しませてくれた禅さんでした。 しかしこんな実況感想を禅さんに読まれた日にゃ~
「なぁ~んだよ!ふざけてぇ~」
と、タレ目の眩しいニッコリ笑顔で言われそうですが…いや、本気で心配したんですから!
けど…声が若い、若い、若い~♪ でも全体的に優しくてポワワ~ンとして“癒し系”といった感じで、恋人と仲間との狭間で悩む感情の揺らぎなどは、素直に伝わってきて好演。 【カフェ・ソング】が絶品だったのは言う間でもナイでしょう! 悲しさと悔しさがにじみ出て、歌詞が…マリウスという青年が心の底から叫んでいる自然なセリフとして聴こえてきたんです。 化ける役者さんだ! これからまた違った親役で拝見するのが更に楽しみになりました。
よつばのクローバー斎藤晴彦さん@ナルディエ・森公美子さん@テナルディエの妻
う~ん…特に印象的に残った、というものはなかった、かな。 です。
よつばのクローバー岡幸二郎さん@アンジョルラス
喉の調子が悪い…という事を聞いていたので、心配でしたが…なんとか。 姿が綺麗、赤いベスト、似合いますねぇ~。  指導力のある“学生のリーダー”というイメージがビジュアルだけで伝わってくる感じでした。 と言っても私が注目していたのは、結婚式でのノリノリ給仕の岡さんでした あの衣装が似合いすぎで激しくツボでした。

青い旗キャスト
バルジャン:今井清隆/ジャベール:鹿賀丈史/ エポニーヌ :島田歌穂/ファンティーヌ:岩崎宏美/コゼット:知念里奈/マリウス:石川禅/テナルディエ:斎藤晴彦/ テナルディエの妻:森公美子/アンジョルラス:岡幸二郎

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章(キャスト感想)【帝国劇場】

作品の感想に続いて、キャストの感想を。 浦井健治さん@メンフィス 浦井さんの王子=シャルル王子

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ミス・サイゴン【帝国劇場】

この公演中に“平成16年・新潟県中越地震”が発生しました。 幕間ではロビーでニュースの放映がされ、携

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ルドルフ【帝国劇場】

宮本亜門さん演出のミュージカル作品を観るのはこれで三作目。 【スウィーニー・トッド】があまりにも好き

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

トゥーランドット【赤坂ACTシアター】

思いがけず直前に観劇の機会を得まして、今月20日にグランドオープンしたばかりの【赤坂サカス】内にあり

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

わたしは真悟【新国立劇場 中劇場】

私、今回のミュージカル舞台化になるまで楳図かずお先生の原作を知らなかった。 でもって観劇前に原作を読

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

スウィーニー・トッド【青山劇場】

2007年からの4年振り再演です!(って前回の観劇から4年も年月が経っていたとは…愕然~)。 あれか

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ペテン師と詐欺師 【北九州芸術劇場】

日本のミュージカル界を常に牽引し続けている2大スター・鹿賀丈史さんと市村正親さんがガップリよつに組ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (31)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル(2017.8.1〜26)
    ●【昼の部】
     12:30〜15:35
    ●【夜の部】
     17:30〜20:35

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑