博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

思い出を売る男【自由劇場】

“劇団四季のストレートプレイ”を初観劇。 元々、苦手なジャンルなのですが…危惧した通り、気絶時間が飛び飛びにありまして、ちゃんとした【おぼえ書き】が…実は書けません! 情けない~冷や汗
冒頭、この作品の背景や上演にあたっての想いなどを、劇団四季創立メンバーの日下武史さんが解説。 それから物語が始まる…という趣向。
敗戦直後のうらぶれた街角を舞台セットは素晴らしく造り込んであり、とても趣があり、そのライティングも幻想的な雰囲気で、郷愁を誘うような感じもあり…なんともいえない空間の中で物語は展開されていきます。
セットの転換はなく、背後の壁にいろいろな人物の思い出を、街角で“思い出を売る男”が映し出し、人物たちがその思い出を語る…。 壁に映し出されるシルエットで演じれる様と人物の独白でその人の人生を想像して…という手法で『人の数だけ人生がある』と至極最もなことではありますが、観る側・受け止める側とっては、自分に共通する部分があれば面白い作品だうろな、と私は思いました。
そもそも“思い出を売る男”自身の人物の背景解らず『郷愁を誘うお伽噺』に終始してしまった印象が強く、『この作品で何を観客に伝えたかったのか?』というのが…私には難しかったです。

青い旗キャスト
思い出を売る男:石丸幹二/広告屋:下村尊則/G.I.の青年:田邊真也/乞食:日下武史/黒マスクのジョオ:芝 清道/花売娘:松元美樹/街の女:西田有希(劇団俳優座)/恋人ジェニイ:五東由衣

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ノートルダムの鐘【四季劇場・秋】

劇団四季×ディズニーミュージカルは【美女と野獣】【ライオンキング】【アイーダ】【リトル・マーメイド】

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

今年の2月以来の観劇。 総括としては…「よほどの事がない限り、もう観ることはナイだろう」 ハマる

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイ-ダ【大阪MBS劇場】

【Song&Dance2】で照明に感動していたら「だったら是非【アイ-ダ】を観てみて」と薦め

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

恋におちたシェイクスピア【福岡シティ劇場】

2018年、観劇納め。  映画は公開時に鑑賞したけど…記憶は遥か彼方。 田邊さんの久々の来福にテン

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【キャナルシティ劇場】

キャナルシティ劇場で、3月13日に開幕した劇団四季【美女と野獣】、8月28日の千穐楽公演に行ってきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

リトルマーメイド【キャナルシティ劇場】

残念ながら福岡公演の初日観劇が叶わなかったので『開幕キャストが居るうちに!』と、11日初日から間を置

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン・千穐楽【福岡シティ劇場】

“福岡シティ劇場・最後の日”って事で劇場の在りし日の姿をカメラに納め、入場すると…ロビー入り口にはシ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【MONTAGE】面白すぎ!

ACLの数あるナンバーで、一番ウキウキと楽しくて好き♪…という方が多いと思われるリチーのナンバー【M

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【四季劇場・秋】

もう…今回のACL東京凱旋公演は観ないつもりでした。 観ないつもりでした。 が、開幕キャストを観て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 大阪ぎらい物語(3〜21日)

    ●昼の部/11:10〜12:30
    ●夜の部/15:00〜16:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑