博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

美女と野獣【京都劇場】

まさか、今年になって2回も京都に行くことになるとは!と、自分でも驚きの突発遠征。 来月には福岡で開幕する演目だというのに、です。
だって…京都公演千穐楽間近で道口ルミエールがデビューしちゃったんですもの~! 「待ちきれなくて…」という訳ではなく「万が一、道口さん@ルミエールが福岡公演で出てくれなかったら…号泣どころの騒ぎじゃないわ!」と、いう事で、ご出演が確実な時にとりあえず1度は観て、福岡でのご登場をゆったりとした気持ちで待てる状態にしておきたかったのです。
で、1日通しで観劇して…“ゆったりした気持ちで待つ”どころか「また、すぐにでも観いっ!」という気持ちになってしまいました。
さて、その道口瑞之さん@ルミエールは…と言いますと「無茶して遠征した甲斐あった!」とガッツポーズしながら、涙してしまうほど、大満足でした☆  実は純和風なお顔の道口さんが“おフランス伊達男”のあのコスチュームが似合うのだろうか?…というのが一番気になっていたのですが、それはいらぬ心配でした。
歌、演技共に“つい先日、ルミエールデビュー”だなんて信じられないくらいの仕上がりで、嬉しすぎる驚きの連続☆ 表情はもちろん、声色までクルクルと変わって、セリフを言っていない時も細かい演技をしていて…目が離せません! やっぱりどんなお役でもなりきってしまう役者さんだなぁ、と改めてその魅力を再認識した、という感じでした。 二の線も三の線も嫌味なく◎なんですね~♪
グチルミ
佐野さん@ビーストは、セリフのスピードって…速いですか? 何か追い立てられるようにしゃべっている印象が終始ありましたが、ビーストのソロナンバーは圧巻の声量と低く深く熱い歌声で…感動でした。
井上さん@ベルは、強いイメージ。 意思や芯が…というのではなく“腕力がある”って感じの強さを受けました。 パパと唄う【二人で】では“変わり者”と言われて思い悩む乙女、という印象は薄く、パパに励まされる前に、すでに立直っている感じ。 城を飛び出して森で狼に襲われるシーンでは、棒をブンブン力強く振り回し、「ビーストが助けに来なくても大丈夫なのでは~」と思ってしまうほど。 しかしやはり歌声は素敵で、耳にとっても心地良かったです。
今回、残念だったのは…ベルがパパの危機を鏡で見て取り乱し、ビーストが彼女を父親の元に帰すシーン。 それぞれのセリフが早口のうえ、よく聞き取れず…アッという間にベルが舞台からハケて行った…という感じだったんです。 もし初見だったら、状況が把握できず「???」だった事でしょう。 あれはビーストが人を愛することを覚えたからこそ言える「行ってあげなさい」という大切な一言だと思うのに、その余韻は何も感じられず…前回の観劇時にとても感動したシーンだったので、ただただ残念でした。
吉谷さん@ コッグスワースは、笑いの間が絶妙ですね! セリフが分っていても、同じところで何度も笑ってしまいます 大好きなのは、城内を拡声器片手に案内するシーン♪ いいなぁ~、好きだわぁ
八田さん@バベット、可愛い! と~っても可愛い♪ あのメイクと衣装がとってもお似合い。 表情が大きくクルクル変わるので、と~ってもチャーミング☆
やはりキャストが替わると、観点はもちろん雰囲気とか芝居のリズムとか違っていて…また新たな楽しみ方が出来るものですね、と改めて思った今回の観劇でした。
さぁ、次はいよいよ福岡開幕だわ♪

青い旗キャスト
ビースト:佐野正幸/ベル:井上智恵/モリース:松下武史/ガストン:田島雅彦/ルミエール:道口瑞之/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:吉谷昭雄/ミセス・ポット:岩本潤子/タンス夫人:武 木綿子/バベット:八田亜哉香/チップ:岸本美香/ムッシュー・ダルク:高桑 満

関連記事

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【自由劇場】

「ACLを観た」と言うより…正確に言うと「道口さん@ボビーを観た」と言った方が正しいかも…な今回の観

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

2009年?に一部新演出になって初観劇…って事は気が付けば3年振りのユタ観劇とは自分にビックリ! 今

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【京都劇場】

以下、あくまでも私個人の感想なので何卒ご了承ください え~っと…正直な感想をひと言「こんなに面白く

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

Song & Dance2(千穐楽)【福岡シティ劇場】

今回も思いがけずハマって…最後にはご出演の全ての俳優さんに愛着を持ってしまうくらい、通っちまいました

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【福岡シティ劇場】

過去に大阪公演を1度観ただけなのですが…、開幕直後に今福岡公演にて二度目の観劇しても全く同じ感触で作

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

魔法をすてたマジョリン【宗像ユリックス】

劇団四季のファミリーミュージカルは…以前、仕事でその設立の経緯や活動理念を伺う機会があり、その企業姿

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢【福岡シティ劇場】

初日は自分でビックリするくらいボロボロ泣いてしまいました 今までこの作品を観て、もちろんウルッとくる

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【四季劇場・夏】

初めての夏劇場観劇で、初めて大井町に降り立ちました。 劇場そのものは…昔あった大阪MBS劇場に似てい

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイーダ@MY千穐楽【福岡シティ劇場】

福岡シティ劇場にて昨年4月16日に開幕した【アイーダ】。 今年1月8日をもってそのロングラン公演千穐

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【大阪四季劇場】

お江戸遠征はいつもギリギリの日程しか組んでいないので、歌舞伎座と海劇場が徒歩移動も可能な距離と知りな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑