博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

CATS 【キャッツ・シアター】

前観劇から半分くらいキャストが入れ替わっていたようです(キャスト表を見ないと判らない私)。 今回は猫が通路を走り回る様子も観たいと思って、1階通路側のお席で観劇。 蔡さん@ミストフェリーズと握手。 蔡さんは猫メイクをしていても、私が判った数少ない役者さん やっぱり彼の踊りは意識していなくても、目が惹きつけられますね。 あの跳躍の高さといったら!
猫は近いけど、ゴミが積み上げられたセットや段差が少ないため、通路側といえども死角があってちょっと残念だったかな。
今回、私はどの猫が気になるのかな?と思っていたら【マンゴジェリー&ランペルティーザ】のコソ泥カップル。 盗みをゲームとして楽しんでいる感じで、ユーモアがあって楽しい 他の猫も自身のことを語って、曲が一人歩きするくらい有名なものもあるけれど、この曲が何故だか好き 二人の物語りの言葉が素直に耳に入ってくるからかな?
他に気になったのは、金志賢さん@グリザベラ。 元娼婦だった…というのが、なるほど頷けるような艶っぽさを残し、ボロボロな容姿ながらも潤んだ瞳が色っぽく、前観劇で受けた印象とは異なるキャラクター、というか“女”という感じが強い。 【メモリー】の『私に触って…』というフレーズが哀愁がにじんでいて素敵でした。 カーテンコールの華やかな笑顔でのダンスでは“色っぽいメス猫”でした。
キャッツ・シアターの壁やセットのゴミは、美術さんが定期的にメンテナンスに入っていらっしゃるのでしょうか? 今回もじっくり“ゴミを堪能”してきました。 けど…作品的は私はハマって通ってしまうタイプのものではナイみたい…かな?

青い旗キャスト
グリザベラ:金 志賢 /ジェリーロラム=グリドルボーン:秋 夢子/ジェニエニドッツ:礒津ひろみ /ランペルティーザ:真鍋奈津美 /ディミータ:眞弓ヴァネッサ/ボンバルリーナ:池田さやか/シラバブ:荒井香織 /タントミール:滝沢由佳/ジェミマ:飛田万里/ヴィクトリア:大月 悠/カッサンドラ:大口朋子/オールドデュトロノミー:石井健三/アスパラガス=グロールタイガー&バストファージョーンズ:村 俊英/マンカストラップ:趙 宇/ラム・タム・タガー:荒川 務/ミストフェリーズ:蔡 暁強/マンゴジェリー:李 涛/スキンブルシャンクス:百々義則/コリコパット:虎尾信弘/ランパスキャット:三宅克典/カーバケッティ:丹下博喜 /ギルバート:千葉ヒカル/マキャヴィティ:上田龍雄/タンブルブルータス:齊藤 翔

関連記事

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

今年の2月以来の観劇。 総括としては…「よほどの事がない限り、もう観ることはナイだろう」 ハマる

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

過去キャッツを観たのは…1990年、福岡のシーサイドももちに建設されたキャッツ・シアターで1度だけで

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(4)リハ見+西ベルデビュー【広島・ALSOKホール】

今回は唯一、発売日に確保していたチケットでの遠征観劇。 吉谷コッグスワース&道口ルミエールは「東京ユ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

JCS ・ジャポネスクVer【四季劇場・秋】

 ハッ!  もしや…    うぇ~ん! …うっかりミスで、観劇レポート、全て消してしまった

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫【宗像ユリックス】

福岡シティ劇場にて2004年夏に観て以来の観劇です。 ファミリーミュージカルの中でも一番好きな作品な

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

【ユタと不思議な仲間たち】原作・TVドラマ・ミュージカルの比較

これは自分の“おぼえ書き”として…【原作】・【TVドラマ】・【ミュージカル】の比較を書き留めてみます

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウエストサイド物語【四季劇場・秋】

舞台の【ウエストサイド物語】って世界中で、日本で…いろいろな興行元で上演されているでしょうけど、私は

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

Song & Dance2(千穐楽)【福岡シティ劇場】

今回も思いがけずハマって…最後にはご出演の全ての俳優さんに愛着を持ってしまうくらい、通っちまいました

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢+リハ見【四季劇場・秋】

全くのノーマークでしたよっ! まさか、まさかの道口デビルデビューだなんて! 「道口さんが再び夢醒め

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(3)【広島・ALSOKホール】

え~っと…まず断っておきますと(誰に?何に?)本日の遠征を決めたのが先でした。 でも我慢出来ず、先週

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑