博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

新・近松心中物語【博多座】

冠スポンサーが付いて、大々的に広告展開した博多座公演って…今回が初めてでしょうか? 過去記憶にはナイのですが、波や紙媒体による広告展開スゴかったですけど、博多座内でのサンプリングや商品の販売など、驚く事がとても多かったです。
『博多座の1月はミュージカルでバァ~ッと明るく!』という図式が出来ていたので、この演目が発表された時は「お正月から心中もの?! 暗~い…」と、かなり不満だった私。 しかしながら、主演4名の役者さんは、いづれも博多座初お目見えだし、テレビでもよくお見かけする面々。 博多座初の“蜷川作品”だし…で注目度は高そう。 私は初日開けてすぐのお正月休み中での観劇だったので、客席はお着物の方も多く賑わっていました(公演期間トータルの動員は…さて?)
幕が開いて、真っ暗な舞台の中層を真赤な彼岸花が半円を描いて浮かんでいて…なんとも不思議。 それから照明が舞台の板へと落とされると、廓の様子が濃厚に妖艶に描かれて「ええっ?!」とド肝を抜かれました! シーンと静まり返った客席の間を花魁道中が舞台へと進み…物語が始まります。 これも“暗闇に紅”という色の対比の鮮やかで美しく、一気に舞台に気持ちが入っていました。
遊郭→古道具商→飛脚屋…と舞台の移り変わり(ひとつのセットの応用ぶりというか)はお見事! 今回、舞台美術と照明はと~っても好きでした。
二人の想いを添い遂げる為に、痛いくらい真剣に心中という道まで突き進んでしまう阿部寛さん@忠兵衛寺島しのぶさん@梅川。 対照的に夫婦でありながら、計らずも心中を…という田辺誠一さん@与兵衛須藤理彩さん@お亀。 対照的な二組のカップルと、それを取り巻く人間模様が描かれる訳ですが…コミカルな部分、客席が沸く部分が与兵衛&お亀カップルなうえ、時間を割いて丁寧に描かれている分、一番立つべき“忠兵衛&梅川”の印象が薄い…。 二人が出遭ってから、心中に至るまでの気持ちの経過をみてとる事が出来ず「いつの間にお互いそんな真剣になったの?」「あれ?それで心中までいく?」という印象で残念! 歌舞伎では、この二人のお話はいくつかの演目に分かれて、じっくり観せているからかもしれないけど「えらくあっさり心中に至ったなぁ…」と。
本水を使った川にダイブする与兵衛と、忠兵衛&梅川の渦巻く吹雪の中での心中はさすがに見応えがあり、また要所要所で流れる森山良子さんが刹那的に唄う、宇崎竜童さん作曲の『それは恋』は効果抜群でした!
全体の感想。 期待していた寺島しのぶさんが、なんだかもったいないなぁ…という印象と、田辺誠一さんに敢闘賞という感じでした。 で、やっぱり『博多座の1月はミュージカルでバァ~ッと明るく』でお願いしたい!と強く思った次第でございます☆

関連記事

博多座おぼえ書き

水戸黄門【博多座】

2011年末に第43部をもって放送終了した【水戸黄門】が博多座の舞台に! 私にとって【黄門様=東野英

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×山口)【博多座】

『ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品』と聞くと、期待は高

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇宙組公演【博多座】

『8月の博多座はタカラヅカ』は、もはや定番ですが…以前は各組がローテーションで来ていたはずが、いつの

記事を読む

博多座おぼえ書き

モーツァルト!(中川晃教千穐楽)【博多座】 

注意! あっきーベタ褒めの感想で…ちょっと痛い部分が目につくかと思いますので事前にお断りしておきます

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

昨年に続いて二度目、2日間4公演の【博多座文楽公演】。 ほぼ完売状態で、当日は3階席にもチラホラ観

記事を読む

博多座おぼえ書き

桂春団治【博多座】

観劇前にたまたまTVで映画が2本放映されたので、予習の為に?鑑賞してから博多座へ~♪ 【世にも面白

記事を読む

博多座おぼえ書き

石川五右衛門【博多座】

『ストーリーは置いといて…海老蔵がやりたい事を全て詰め込んだ“海老蔵ショー”』という、情報を得て観劇

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

本日は【着物の日】で客席が華やか〜☆ 御摂勧進帳 私、この演目は初見。 明るく大らかな豪

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×石丸)博多座千穐楽

トークショー日の観劇追加で、公演期間中計3回の演劇となり、本日は石丸さん以外はMY初日と同じ配役でし

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(橋本×禅)=2回目その1【博多座】

禅ジャベール千穐楽の前にど~してももう一度観ておきたくて、しかも観れる日程が本日マチネしかなく、しか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑