博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

嫗山姥

実は、今回の観劇の一番の楽しみは、猿弥さん@腰元お歌♪ 絶対ラブリーなのは判ってたけど…やっぱりラブリーでした! まんまるコロコロ、ひゃ~っ! ふと思ったのですが、道化役の腰元って萌黄色(黄緑色)の着物、ってのは決まりなんでしょうか? いつもそんな色を着ている印象があります。
弥十郎さん@太田十郎の“タバコづくし”も、上手くハマって拍手喝采☆ まさかの「セーラムライト、セーラムライト~」で終わる強引さに脱帽。
そして…先月の【積恋雪関扉】に続き、福助さん力量をまざまざと見せつけられた感じでした またまた失礼ながら「福助さん、ウマいなぁ…」という驚きで、ググッと舞台に引き付けられ見入ってしまいました。 【しゃべり】といわれる語りの部分では、自分の境遇をつらつらと心情豊かに語り、ラスト立ち廻りの鬼気迫るような迫力は「なるほどこんな女性から生まれた金太郎は強いはずだわ」と思わされるような強人ぶり
信二郎さん@煙草屋源七実は坂田蔵人時行は、「別に自害しなくても…」と思っちゃう頼りなげな感じが◎でした。

身替座禅

勘九郎さん@山蔭右京三津五郎さん@奥方玉の井…というからは、おのずと期待が高まるのは無理はナイでしょう…と、この名コンビへの期待が高すぎたのか、意外と何も残るものがなく、私的には拍子抜けの感がぬぐえませんでした。
もちろん笑いどころは大いに笑え、右京が花子との逢瀬を玉の井に語って聞かせるくだりは大いにみせられたものの…う~ん。
左京のキャラクターが日頃の勘九郎さんのキャラクターと、私の中でダブっているからかなぁ。 ちょっとカタブツな感じの人が恋人との逢瀬でメロメロに豹変している…という所が笑える、と思うからかな。 落差があまりナイ、と思うからかな。
三津五郎さん@奥方玉の井は、う~ん う~ん…。
私、玉の井ってただ怖いだけの奥さんじゃナイと思うんですよ。 旦那様の事が好きで好きでたまらないから、猛烈な心配症でやきもち焼き屋さんなんだと思うんです。 ある意味一途で可愛い女性(ちょっと怖いけど)な訳で、「え~ん、え~ん」って顔を隠して泣くところでは、お客さんの気持ちを玉の井側に引き寄せてくれる方が好きですなんです。
そんな訳で、私のベスト玉の井は翫雀さんなんですけども (←結局はソレかい!)

梅ごよみ

これほど大掛かりな川のセットって観たことない」と、その舞台の造りに圧倒され、のっけからスコーンとハマってしまいました! この10分くらいの場の為に…スゴイです!贅沢です!太っ腹です! このシーンだけで「遠征してヨカッタ!」と心の中でガッツポーズ 川を表現するのに、一体どれだけの布が使われているんでしょう?
段治郎さん@丹次郎と春猿さん@お蝶の舟に乗っての花道の引っ込みは、花横のお席だったので、舟底に潜んで運転?しているであろう黒子さんの様子を伺いましたが…判りませんでした!
今回も大抜擢の段治郎さん@丹次郎ですが、江戸弁(って言うのかな?)が、上っ面な感じで…なんていうか、私は江戸っ子じゃないけど「その江戸弁は違うでしょ?」って感じ 例えば地の人が聞けば明らかに「ソレは違う!」って指摘するような違和感が、地の者じゃナイ私にも感じられた…という印象。
玉三郎さん@芸者仇吉が「イイ男だねぇ」と一目惚れする美しさはあるものの、それは“若さ”であって、“色気”が感じられる男っぷりでは残念ながらなかったです。 サッパリとした気性の勘九郎さん@芸者米八が、すがってまで好きな魅力ある男性、という感じは…乏しい。
「俺ってモテすぎて困るなぁ」というような、女性に対して開き直ったふてぶてしさや、はんなりした色気がなく“気弱なイイ人”って感じが強く、でもこれはきっと回と年齢を重ねていけばクリア出来るんじゃないかしら!と思われました。
玉三郎さん@芸者仇吉vs勘九郎さん@芸者米八は、さすがに見応えがあって、楽しい、楽しい♪ 私、玉三郎さんのちょっとハスッパな物言いって、味があって好きなんです☆
深川辰巳芸者って、羽織をはおっているのがトレードマークで“羽織衆”と呼ばれていた事をイヤホンガイドで初めて知りました。 だから、仇吉が丹次郎に羽織をプレゼントする…という行為はものすごく気持ちのこもったものなんだ、という事や、その羽織を米八に草履(下駄)で踏みつけられる…という行為がどれほどの侮辱か、という事がよく理解できました。 その当時の風俗、知って観劇するのは面白いですね。
ま、いろいろな女性といろいろあったけど…最後はいつもの恋人役の春猿さん@お蝶の元に戻っていくのが、私的にかなりツボでした 仇吉&米八の「シラけるねぇ」のセリフのタイミング、抜群です。
役者さん的には笑三郎さん@政次が印象に残りました。 玉三郎さん@仇吉の仲良しの同僚ぶりが、とっても自然! 実年齢は玉三郎さんより、ずっと若いのに…不思議な役者さんです。

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

四月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

私は残念ながら歌右衛門さんの生の舞台を拝見する機会には間に合いませんでしたが、歌舞伎にスコーンとハマ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

吉例顔見世大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

「マー君の初舞台の日の為に!」…と“マー君貯金”をして楽しみにその日を心待ちにしていましたが…思いの

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

華果西遊記 昨年12月の再演でしたが、私は初観劇。 これでもか!これでもか!と繰り出す“蜘蛛の糸”

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

寿初春大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

時間の都合で…残念ながら今回は昼の部のみの観劇でした。 松竹梅 「この長いバージョンは初めて

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

柿葺落五月大歌舞伎・第一部【歌舞伎座】

遠征日程を決めかねていたら…あれよあれよ言う間に残席がなくなってしまい、歌舞伎座開場の盛り上がりにビ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

毎年“歌舞伎はじめは松竹座”ですが、初めて歌舞伎座で…です。 どの劇場もそれぞれに迎春の飾りは華やか

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

二月歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

ぢいさんばあさん 森鴎外の短編小説を劇作家の宇野信夫氏が脚色した作品で、初演は昭和26年…という新

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

市川猿之助七月大歌舞伎【歌舞伎座】

1泊2日で、またまた遠征して参りました♪ 7月になったばかりだというのに、お江戸は立ちくらみがするほ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

四月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

1、2月松竹座から今月は歌舞伎座まで追っかけました【四代目中村鴈治郎襲名披露】公演! 正直、演目と配

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

 春の寿 舞踏三題は居所変わりでセットが変わる手際が鮮やかで美しく、こちらも堪能♪ 【三番叟】 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2022 (9)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 千と千尋の神隠し(1〜28日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:00~15:05
    〈夜の部〉17:00~20:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑