博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

エリザベート(キャスト感想-1/2)【博多座】

私、2010年の城田優さん@トートがデビューした帝劇公演は、ギリギリまで遠征スケジュール調整に足掻いたものの、結局観劇叶わず…で涙をのみ、それ以来ず〜っと再登板を熱望していました。 が、そのデビュー公演では、ご本人は精神的に相当しんどかったらしい記事を目にしていたので、二度と観る機会はナイだろうと半ば諦めていたところに、昨年まさかの再登板ですよ、奥さん! しかしそれも帝劇だけの出演かと思いきや、今年は全国ツアーで回って、おらが街の博多座で城田トートを観れますよ、奥さん! 昨年、遠征しそうになる気持ちをグッと堪えて…近年例をみない酷暑の8月の福岡、博多座公演に投資。 私『当日券を求めて博多座に並ぶ』という行為は、2007年10月【レ・ミゼラブル/20周年SP全キャスト!奇跡の5日間】(←勝手に命名)以来の事! 博多座公演はいつも公演期間後半になってリピーターが激増してくるので、前半から飛ばしていきました、千穐楽を含め計7回の観劇、全て城田トートです。

演出に関しては別記事に書いたので、キャストの感想のみ。

城田優さん@トート 私が舞台の城田さんを拝見したのは【スウィーニー・トッド】のアンソニー以来、9年振り!2度目(あ!再演のアンソニーは田代万里生さんだ!)。 5年前から待ちに待った観劇の期待が膨らみ過ぎて、自分の目で観るまで不安でしたが、羽背負って降臨した時点で「あ、MY BESTトート決定☆」 二次元か?!と思う美しさが、これまた異次元の空気感を纏って、終始誰よりも高い位置から全体を見渡し支配し、全てを操っている様をヴィジュアルで納得させられ、城田さん、顔に汗かかないから更に体温が感じられナイので“非人間”然として、自分の思い描く“理想のトート”像そのものが舞台上に存在している事に感嘆! 終始「何故、黄泉の国へ来ないのか?」と、苦しみながら必死に生きようする人々を不思議そうに見ている様や、“人間、入ります” と人魂を注入して群衆に紛れていく様は目に新しく、とりわけ人と接した後に手で口を覆って拭う所作と目が印象的。歌は、遥か彼方の記憶を辿った印象としては『こんなに歌える人なんだ!』という驚きと、独自の歌唱が耳に新しく、聴く度に歌い方を少しずつ変えていたので、それも聴きどころのひとつとして楽しめた♪ 『城田優、これだけニンに合ったお役もナイだろう』と思うのだけど、どのインタビューや記事を目にしても“トートを演じる怖さや苦しさ”ばかり語っているので『今ツアーで卒業だろう、ましてや博多座で観れるなんてことは二度とナイだろう』酷暑の熱で目に焼き付けたぞ! …けど、千穐楽のカーテンコール挨拶で『高校生以来振りに毎日楽しく舞台に立った』という前向きコメントだったので、これは…♪ ともあれ次は“顔色の良いお役”で拝見したくもあります(アンソニーとトートしか観てナイから)

花總まりさん@エリザベート レジェントと化した彼女のエリザベートは「いつか観たい!」と思っていたので、こちらも期待値が高過ぎたのですが…歴代の演者が全て上書きされるほどのハマリ役! 大変失礼ながら、これほど歌える方だとは思っていなかった!というのは大きな驚き。 公演期間の後半から、ますます声が出ている歌がノッている印象でした。 舞台の進行と共にちゃんと役として年齢を重ねて行く様は見事で、とにかく丁寧な演技に心惹かれました。 『さすがヅカ伝説の娘役TOPと思うドレス姿や捌き方の美しさ』は他の演目で何度か目にしていましたが、それ以上の印象に残ることはなかったのに、エリザベートでは“気品”を身にまとい、何故こうまでハマるのか?不思議なくらい“花總まり=エリザベート”と、他の追随を許さない圧倒的な“何か”を感じました。 細い腕をトートにブンブンと振り回される度に「折れちゃう!」と心配になるほど細いっ!(後半腕に青タン発見) 花總さん、あの体型と若さを維持しているのも脅威ですね。 他の新しいお役で拝見するのが楽しみになりました。

蘭乃はなさん@エリザベート “エリザベートはヅカ出身者から”という縛りはもう止めませんか? 少女時代から黄泉の世界へ旅立つまで、ず〜っと同じ調子で通していた事にビックリ。 花總さんとのWキャストでは、誰が起用されても酷だろうけど、演者の歌、演技共に観客が忍耐を強いられる起用って…どうよ? …とはいえ、蘭乃さん、ニンに合ったお役にはピタッとハマる方かも?と、是非他の演目で拝見してみたい。

エリザベート(キャスト感想-2/2)へ続く…

 

キャスト
・8/9(火)ソワレ= 蘭乃/城田/京本/香寿/山崎/大河原
・8/10(水)マチネ= 花總/城田/古川/涼風/山崎/大内
・8/13(土)ソワレ= 花總/城田/京本/涼風/山崎/大内
・8/14(日)マチネ= 花總/城田/京本/香寿/成河/大内
・8/17(水)マチネ= 蘭乃/城田/古川/涼風/山崎/大河原
・8/30(火)マチネ= 花總/城田/古川/香寿/山崎/池田
・9/4(日)マチネ= 花總/城田/古川/涼風/成河/池田
劇場
博多座
公演期間・時間
2016.8.6(土)〜9.4(日)/【マチネ】13:00〜【ソワレ】17:00〜

関連記事

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(禅さん@マリウス)=その1【博多座】

「20才くらい歳の違う、息子とコンビを組んでいるような貴重な公演!」と原田優一くん@アンジョルラスと

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

素晴らしいお天気に恵まれた先月末の船乗り込みを経て、中村歌昇改め三代目中村又五郎+中村種太郎改め四代

記事を読む

博多座おぼえ書き

新派特別公演【博多座】

11月の博多座は前半が【ジェーン・エア】で後半の5日間、20日から25日が【新派特別公演】です。 【

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(石川×吉野×平方×加藤)トークショー【博多座】

終演直後、扮装のまま上手から禅さん、加藤くん、平方くん、吉野さん。 質問の内容が『Q1.愛について

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・近松心中物語【博多座】

冠スポンサーが付いて、大々的に広告展開した博多座公演って…今回が初めてでしょうか? 過去記憶にはナイ

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

今公演1日だけ設定された“着物の日”でした。 以前は公演期間中に平日に2回開催されていましたが、ここ

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・弥生の花浅草祭【博多座】

昼&夜、同一狂言…という事で、昼のみの1回公演日が多く“歌舞伎ビギナー”を対象にした楽しいイベントや

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

石川五右衛門【博多座】

『ストーリーは置いといて…海老蔵がやりたい事を全て詰め込んだ“海老蔵ショー”』という、情報を得て観劇

記事を読む

博多座おぼえ書き

陽春 能と狂言の会・昼の部【博多座】

一日限り!能・狂言コラボレーション公演という博多座初の試み。 【昼夜共に博多座だけのスペシャルバージ

記事を読む

    • 2018 (15)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月

    (2018.12.2〜23)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑