博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

5度目の【博多座エリザ】過去公演記録

今年、博多座での【エリザベート】の上演は4年振り5度目。 
2015年に一新された演出を、自身の観劇の記録として過去の公演と比較して“おぼえ書き”。

☆博多座初演(2001年10月)一路真輝/山口祐一郎・内野聖陽
ずっと周り続ける回り舞台の演出と、もはや伝説になった、トートダンサーズが黒衣を脱ぎ捨て真っ白半裸状態で柱に駆け登り一体化し、羽ばたくラスト。 千穐楽は終演後、博多座正面玄関から全キャストが私服に着替えて出てきて、博多座に横付けされたマイクロバスに乗り込んで打ち上げ会場へ出発(二日市温泉へ…だったはず?) 前年、帝国劇場での東宝版初演を経て翌年の初の全国ツアー最終地の大千穐楽だった為、全国から駆けつけたエリザファンがモッシュ状態で博多座正面でバスお見送り。 何かの優勝パレードのようだったなぁ(後に二度とこんな事は行われてナイ!) この公演では、ちびルドで小野賢章さんがご出演。 今度【ロミオ&ジュリエット】にご出演ですね♪ ミュージカル作品で博多座に戻って来て欲しい!! 「僕はママの鏡だ!(by黒子テツヤ)」

☆2度目(2004年10月)一路真輝/山口祐一郎・内野聖陽
当時、演出の小池さん的にブームだったのか?LED電飾看板で背景が描かれ、非常にチープな印象で不評。 既存曲の歌詞の所々が変更になったり、【夢とうつつの狭間に】【皇后の血筋】がカット、【子供の養育は】【私が踊る時】【ゾフィーの死】が追加。 シシィの傲慢さと、ゾフィーなりの愛情が際立ち、キャラクターへの理解がより深まった印象。  『シシィ、棺桶から棺桶へ』

☆3度目(2008年9月)涼風真世・朝海ひかる/山口祐一郎・武田真治
背景スクリーンにその情景(イラスト)を映し出すものに変更され、今まで観客がイメージで補っていたシーンが舞台美術として表現。 演出うんぬんよりも、武田トートのキャラクター作りが独自色が出ていて印象深かった。

☆4度目(2012年7月)春野寿美礼・瀬名じゅん/山口祐一郎・石丸幹二・マテ・カマラス
ほぼ前回と変更なし…だったかと、多分(←ご指摘お願いします!)

☆5度目(2016年8月)花總まり・蘭乃はな/城田優・井上芳雄
演出、舞台美術、衣装等が昨年の帝劇公演から一新され、今年、博多〜大阪〜名古屋と全国ツアーへ。 全体的に一番暗くて(色味が)、客席からの目線が高く圧迫感があり、舞台が狭い印象。 闇はあんまり広がってナイ。 大好きな【夜のボート】も二人の距離がすごく近くて“スレ違って離れていく”余韻がナイ。 【私だけに】の滑り台は謎な演出。 「私を返して!」「死にたいのか?」は今演出から? カーテンコールの際のトートの曲はいつから【最後のダンス】になってるんだろう?

博多座で上演がナイ年には、日生劇場や帝国劇場に遠征したり、2007年にはウィーン版の来日公演を観劇…と、この作品の何がこんなに私を観劇に駆り立てるのか? 何度観てもやっぱり好きな作品だけど、何処がどう好きなのか未だに解明せず。 作品としての観劇回数は…怖くて数えたことがナイ。ちなみに「いつか宝塚版を観てみたい」という願望は未だ叶わず。

しかし演出がガラッと変わる度に『一度完成して好評に受け入れられたものを、またゼロから創り直して進化させる』って、凄い事だな、と毎度感嘆させられます。 “作品をつくる”というパッションが凄い! でも…何度演出が変わっても、体操室は『吊り輪に捕まろうとしてフラつく』ばかりなので、今度はその横の器具を使って、無茶してみないか?

今公演の観劇レポートは別記事にて。

関連記事

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇宙組公演【博多座】

『8月の博多座はタカラヅカ』は、もはや定番ですが…以前は各組がローテーションで来ていたはずが、いつの

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇星組公演【博多座】

男役トップスター:安蘭けいさん&娘役トップスター:遠野あすかさんの新主演コンビとしては博多座初お目見

記事を読む

博多座おぼえ書き

ブラッド・ブラザーズ【博多座】

4月1~18日は【三婆】、4月22~28日【ブラッド・ブラザーズ】が計11公演という博多座では初の試

記事を読む

博多座おぼえ書き

天璋院篤姫【博多座】

大河ドラマ【篤姫】は、堺雅人さん@徳川家定が出ている期間だけ観た…という私。 故に実はどんなお話か知

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×石丸)博多座千穐楽

トークショー日の観劇追加で、公演期間中計3回の演劇となり、本日は石丸さん以外はMY初日と同じ配役でし

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミス・サイゴン【博多座】

『博多座は10年間この作品を待っていた!!』というキャッチコピーのもと、“博多座開場10周年第1弾!

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月大歌舞伎・昼の部【博多座】

團十郎&新之助親子共演に湧く! 今回は市川新之助さん、博多座初登場! よって、いつになく観客

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・夜の部【博多座】

浅草公会堂ではすでに人気公演として定着している“新春浅草歌舞伎”。 このメンバー7人が初の地方公演!

記事を読む

博多座おぼえ書き

マリー・アントワネット@初日 【博多座】

『帝劇から世界が始まる。』と、昨年11月から2ヶ月間、鳴り物入りで帝劇で幕をあけたミュージカル【マリ

記事を読む

    • 2018 (1)
    • 2017 (34)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 石川さゆり特別公演(2018.4.11〜28)
    ●【昼の部】11:30〜14:45
    ●【夜の部】16:30〜19:45
  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑