博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

壽初春大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

毎年“歌舞伎はじめは松竹座”ですが、初めて歌舞伎座で…です。 どの劇場もそれぞれに迎春の飾りは華やかでウキウキしますね♪

 💡 猩々
梅玉さん・橋之助さん@猩々松緑さん@酒売り。 こ〜ゆ〜お酒が好きで好きで好き過ぎて!という様や、酒にのまれてやってしまう失態の可笑しみを描いた作品をみる度に「さぞ美味しいんだろうなぁ…」アルコール許容量ゼロ体質の私は少し羨ましく思ってしまう。 私、猩々=梅玉さん率、高いです。

 💡 二条城の清正
“秀山十種のひとつである名作”という事ですが、私、初めて観ました。 幸四郎さん@加藤清正金太郎くん@豊臣秀頼という実の爺孫共演。 家康からの呼び出しに、二条城へ出向く秀頼に付き添う清正が実生活と重なります。 こんなに小さな秀頼って初めて観た!可愛い〜!そして立派な役者ぶりにビックリ! 船上で、淀城を見つめる背中が語ってました! 高麗蔵さん@藤堂和泉守錦吾さん@池田輝政もガッチリ固め『高麗屋は安泰だ』と頼もしい感じでした。 この配役だからこそ感じるモノも多かったので、別の配役でまた観てみたい!

 💡 吉田屋
鴈治郎さん@藤屋伊左衛門+玉三郎さん@扇屋夕霧ですよ! この配役が発表されてから、どれだけこの観劇日を楽しみにしてきたか〜!! そもそも鴈治郎さんと玉三郎さんの恋人役を初めて観ますもの! 鴈治郎襲名披露公演で初役で演じてから、何度目かの伊左衛門は“はんなりボンボン”度が増して「どうしようもナイけど憎めない坊ちゃんだな!」と思わされる風情がより濃くなっている印象(贔屓目入ってます)。 夕霧の出、懐紙で顔を隠して襖の奥からスススと歩み出で、スイッと顔を出した時の“ハッ”とする美しさに、玉さんの健在ぶりを見た! でも、そんなに伊左衛門の事が好きには見えないんだよなぁ…って、藤十郎さんが濃厚すぎるのか? とにかく二人の並びを観ているだけで、私、胸いっぱい。 年明けからイイもんみさせてもらいました♪ じゃらじゃらしている二人を前に吉弥さん@おきさがサバサバと事をさばく様がなんか面白かった。

 💡 直侍
この演目、久々に観た! 劇場の中はもちろん暖かいけど、舞台上の芝居に一緒に手をこすり合わせたくなるような冬の風情。 でもって、やっぱりお蕎麦が食べたくなります(単純!) 染五郎さん@片岡直次郎は改めてニンですね〜。 ポンポン投げ捨てるように言うセリフが小気味イイ♪ 芝雀さん@三千歳は…多分、私が“芝雀さん”として拝見するのは最後。 いじらしくてひたむきな“直はん一筋”な表情が良い。 なかなか思うように逢瀬を重ねられず耐える様はやっぱり芝雀さんピカイチ☆(私、比較) 東蔵さん@丈賀、達者!

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

秀山祭九月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

初代吉右衛門さんの俳名の“秀山”からその名を取った【秀山祭】。 昨年の9月に続いて今年で二回目となり

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

襲名披露公演が続いたこともあり、三年ぶりの團菊祭になるとの事。 まずは何より、病気治療に専念されて

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

芸術祭十月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

仮名手本忠臣蔵 五段目・六段目 歌舞伎座での仁左衛門さん@勘平は20年振りとの事ですが…私は今年1

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

『坂田藤十郎と市川團十郎という大名跡が、歌舞伎の歴史上初めて江戸で同じ舞台に!』という事で話題となっ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎【歌舞伎座】

メディアで見聞きしていた“新之助人気”を目の当たりにして、まずは劇場の雰囲気にビックリ!(2月の博多

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

市川猿之助七月大歌舞伎【歌舞伎座】

1泊2日で、またまた遠征して参りました♪ 7月になったばかりだというのに、お江戸は立ちくらみがするほ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

二月歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

ぢいさんばあさん 森鴎外の短編小説を劇作家の宇野信夫氏が脚色した作品で、初演は昭和26年…という新

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

シアタークリエにて【レベッカ】マチネ公演観劇後カーテンコールをブッちぎって、ダッシュで歌舞伎座へ! 

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

御名残三月大歌舞伎・三部【歌舞伎座】

菅原伝授手習鑑・道明寺 【十三代目・片岡仁左衛門十七回忌】+【十四代目・守田勘弥三十七回忌】の追善

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼夜【歌舞伎座】

“四代目・松緑襲名披露”で【蘭平物狂】がかかる!と判った時に遠征を即決し、観劇出来る日を首を長~くし

記事を読む

    • 2022 (1)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ガラスの動物園(6〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:35
    ●夜の部/17:00〜19:35

    SLAPSTICS(14〜16日)

    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    マイ・フェア・レディ(19〜28日)

    ●昼の部/12:00〜15:25
    ●夜の部/17:00〜20:25

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑