博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

アラジン【四季劇場・海】

チケット発売開始があまりにも先の先だったので…さっぱり予定は判らないものの「とりあえず早いトコ1回は見観ておかないと!」という事で、大きな予定もなさそうな平日狙いで取ったのがやっとのこの日(今の時点で来年末まで発売中) ちゃんと観れて良かった!

【ウィキッド】【トリルマーメイド】と同じく、最初は“2階席最前”で鑑賞。 すでにSong&Daceシリーズで耳に馴染みのあるナンバーが「な〜るほどこのシーンで歌われるナンバーなんだ♪」と他作品と同じく合点! 文句無く面白かった! デイズニー・ミュージカルのど真ん中を行く“Theエンターテーメントshow”王道作品ですね! 他の作品でも見かける手法も数々、アッと驚く仕掛けも数々。 空飛ぶ絨毯の仕掛けはどんなに目を凝らしても判らなかったし、あのキリ穴のよう小さな穴から回転しながらセリ上がってくる盆の機構を考えた人は天才! 二階席から床面が見えていても、まるで煙と共に出たり消えたり…と思わせる巧みさに感嘆。

しかしながら、他の作品と明らかに異質であるのは“笑い”の要素でしょう! ロビン・ウィリアムスの偉大さを改めて痛感。 それはカッチカチの“四季お決まりカーテンコール”にも表れていて、ラフな感じに驚かされました。

この作品の外部オーディションでジーニー役を掴んだ瀧山久志さん。 私はもちろん初見でしたが、とにかくジーニー役の力量に負う所が多い大変難しい役所を素晴らしく引っ張っていく存在感で、観客をグイグイ引き込んでいく手腕は圧巻。 ホントはご贔屓の道口瑞之さん@ジーニーを切望していたのですが…瀧山ジーニー、拝見出来て良かったです! 牧野公昭さん@ジャファーはアニメから抜け出てきたかのようなハマり役! “悪者笑い”がとにかく良く似合う♪

アラジンとジャスミンって…改めてこのお話を観てみると、かな〜りご都合主義(一番はジャスミンパパか!)で驚いてしまったけど「自分の道は自分で切り開く」「仲間を大切に」「嘘はつかない」というメッセージを繰り返し緩いジャブのように劇中で伝えてくる。

しかし、やっぱりジーニー役が要ですね! 道口ジーニー、観れる日はいつかな〜。

2013年に開幕した【リトルマーメード】でさえ、まだチケットが取りにくい状況なんで、これが地方公演になるは、まだ先で…ましてや【アラジン】なんておらが街での上演なんて一体何年待つのやら〜。 あと数年は上京の度に海劇場へ足を運ばなくてはならないようです。

キャスト
ジーニー:瀧山久志/アラジン:島村幸大/ジャスミン:三井莉穂/ジャファー:牧野公昭/イアーゴ:町田兼一/カシーム:西尾健治/オマール:山下啓太/バブカック:正木棟馬/サルタン:増田守人
劇場
四季劇場・海
日時
2015.10.7(水曜日)/18:30〜

関連記事

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫(千穐楽)【福岡シティ劇場】

夏休み企画第2弾! 福岡シティ劇場では初登場のファミリーミュージカル。 劇団四季のファミリーミュー

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイ-ダ【大阪MBS劇場】

【Song&Dance2】で照明に感動していたら「だったら是非【アイ-ダ】を観てみて」と薦め

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【キャナルシティ劇場】

かなりの回数観ていたつもりのCFYですが、久し振りの観劇に「あ!そうだった、そうだった〜」と思い出し

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウエストサイド物語【四季劇場・秋】

舞台の【ウエストサイド物語】って世界中で、日本で…いろいろな興行元で上演されているでしょうけど、私は

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

恋におちたシェイクスピア【福岡シティ劇場】

2018年、観劇納め。  映画は公開時に鑑賞したけど…記憶は遥か彼方。 田邊さんの久々の来福にテン

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

エビータ【四季劇場・秋】

初観劇の演目でした。 「ストーリーも歌もセットも…とにかく内容盛り沢山だから予習して観劇した方がより

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち(1)【四季劇場・秋】

今期の東京リターン公演のチケットを取った時点では「今年(2007年)散々公演したから、次回再演迄はま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【福岡シティ劇場】

この夏、福岡シティ劇場では“劇団四季のファミリーミュージカル”2作品が連続上演!…という事で観てきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

樋口@アイーダ【福岡シティ劇場】

なんといっても本日の目的は樋口アイーダ 数年ぶりの…しかも福岡登板があるとは本当にビックリしました

記事を読む

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑