博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~【博多座】

直美さん、博多座は3年振り7度目の公演だそうで…毎年登場だった印象だったので久々〜と楽しみに観劇。 しかも!今舞台は思いがけずも月乃助さんも共演。 配役の並びでいえば、結構重要な役のようで♪

お話は“吉本興業の創始者、吉本せいの波瀾万丈の人生を描いたもの”。 今現在、お笑い界を席巻している“笑いの王国・吉本”を築いていくさまを舞台化したもので、『女性って強いなぁ』と、直美さん出演のドラマではありませんが『おんなは度胸』と思わされました。 彼女の息子と笠置シズ子の悲恋など知らなかったエピソードにも驚きながら“吉本せい”の、逞しい人となりに感心。 “藤山直美”という舞台女優が活かされた舞台だったか?と問われれば、う〜ん。

月乃助さんのお役は、せいの弟・林正之助で、時代を感じされる型や柄のスーツながら格好良く見える(贔屓目)不思議。 せいの晩年は彼女に変わって吉本の舵取りをする頼もしさもありも、セリフの通りはすごく良かったです。 けど、表情が一辺倒なのが気になりました。 あの〜、月乃助さん、歌舞伎で観たいよ〜! 出てよ〜!

あおい輝彦さん、林与一さん、石倉三郎さん、仁支川峰子さん、川崎麻世さん…とテレビでもよく拝見する役者さんがズラリとご出演で、客席は埋まっていた模様。 演目としては…う〜ん、どうでしょう? 再演があったとしても、もう一度観たい!というほどには心は動かされませんでした。

そして…私、この舞台が【2014年観劇おさめ】となってしまいました。

関連記事

博多座おぼえ書き

ダンス オブ ヴァンパイア【博多座】

今年はなんと!元日が“2020年観劇はじめ”です!…って、博多座の元日公演は開業以来初ではナイかし

記事を読む

博多座おぼえ書き

幽玄【博多座】

坂東玉三郎×鼓童『アマテラス(2006年)』に続く待望の共演第二弾! 前作が面白かったので今回も足を

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(瀬名×マテ)【博多座】

もういい加減飽きが来ていた感のあるエリザベートでしたが…今日は主要キャスト中、寿ひづるさん@ゾフィー

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇星組公演【博多座】

私にとって“年に一度の宝塚観劇”。 今年も行って参りました! 宝塚に関する知識はゼロに等しいのです

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

歌舞伎役者さんとしては『博多座最多出演じゃ?』な、亀治郎さんの“亀治郎としては最後の博多座”という今

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(初日)【博多座】

2001年10月以来の博多座での再演です。 同じ演目が博多座で二度もかかる…というのは1ヶ月公演とし

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

十五代目片岡仁左衛門襲名披露! 初日を迎える前の1/30に、仁左衛門丈ご一行様が博多座の すぐ目の前

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・夜の部【博多座】

車引 当初、桜丸の出で仮花道を使用する予定があったのですが、諸事情により中止となりまして非常に残念

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇宙組公演【博多座】

博多座公演って…“トップお披露目公演”って事、多くないですか? 私が観ただけでも、春野寿美礼さん、貴

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

君が代 松竹梅 友右衛門さん@松の君、錦之助さん@竹の君、廣松さん@梅の姫。 お目出度い舞踊なんだ

記事を読む

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑