博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~【博多座】

直美さん、博多座は3年振り7度目の公演だそうで…毎年登場だった印象だったので久々〜と楽しみに観劇。 しかも!今舞台は思いがけずも月乃助さんも共演。 配役の並びでいえば、結構重要な役のようで♪

お話は“吉本興業の創始者、吉本せいの波瀾万丈の人生を描いたもの”。 今現在、お笑い界を席巻している“笑いの王国・吉本”を築いていくさまを舞台化したもので、『女性って強いなぁ』と、直美さん出演のドラマではありませんが『おんなは度胸』と思わされました。 彼女の息子と笠置シズ子の悲恋など知らなかったエピソードにも驚きながら“吉本せい”の、逞しい人となりに感心。 “藤山直美”という舞台女優が活かされた舞台だったか?と問われれば、う〜ん。

月乃助さんのお役は、せいの弟・林正之助で、時代を感じされる型や柄のスーツながら格好良く見える(贔屓目)不思議。 せいの晩年は彼女に変わって吉本の舵取りをする頼もしさもありも、セリフの通りはすごく良かったです。 けど、表情が一辺倒なのが気になりました。 あの〜、月乃助さん、歌舞伎で観たいよ〜! 出てよ〜!

あおい輝彦さん、林与一さん、石倉三郎さん、仁支川峰子さん、川崎麻世さん…とテレビでもよく拝見する役者さんがズラリとご出演で、客席は埋まっていた模様。 演目としては…う〜ん、どうでしょう? 再演があったとしても、もう一度観たい!というほどには心は動かされませんでした。

そして…私、この舞台が【2014年観劇おさめ】となってしまいました。

関連記事

博多座おぼえ書き

新・近松心中物語【博多座】

冠スポンサーが付いて、大々的に広告展開した博多座公演って…今回が初めてでしょうか? 過去記憶にはナイ

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート【博多座】

MY初日です♪ 初めて一路さん以外での東宝エリザを観る訳で、【回転木馬】【マリー・アントワネット】

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(キャスト感想-1/2)【博多座】

私、2010年の城田優さん@トートがデビューした帝劇公演は、ギリギリまで遠征スケジュール調整に足掻い

記事を読む

博多座おぼえ書き

水戸黄門【博多座】

2011年末に第43部をもって放送終了した【水戸黄門】が博多座の舞台に! 私にとって【黄門様=東野英

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・千穐楽【博多座】

【六月博多座大歌舞伎】千穐楽昼夜通しで行ってきました。 歌舞伎を観始めた頃って“1日通し観劇”って

記事を読む

博多座おぼえ書き

笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-【博多座】

感想は後日UP予定。 劇場 博多座 日時 ▼2022.3.19(土曜日)・17:00〜 キャスト

記事を読む

博多座おぼえ書き

おもろい女【博多座】

過去に代表作【放浪記】で二回の博多座公演をされた森光子さんが、今回はそれと並ぶ代表作【おもろい女】で

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(橋本×禅)【博多座】

博多座初の二ヶ月ロングラン公演です。 博多座の事前の広報活動からロビー展示~物販まで力の入れ様はスゴ

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇雪組公演・フットルース【博多座】

【フラッシュダンス】や【フットルース】等の青春グラフティ的なダンス映画の公開が相次いだ当時を懐かしん

記事を読む

博多座おぼえ書き

ガラスの動物園【博多座】

タイトルは耳にした事はあるものの、粗筋さえも観聴きした事はなく「有名な戯曲だし、ストレートプレイは

記事を読む

    • 2022 (9)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 千と千尋の神隠し(1〜28日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:00~15:05
    〈夜の部〉17:00~20:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑