博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×山口)【博多座】

『ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品』と聞くと、期待は高まるものの、どうしても【M.A.】の事が思い出され、チケット購入にはブレーキが〜。 とは言え『小池修一郎演出で花總まり』と聞けば、やっぱり楽しみで『いかに多くのキャストが観れるか?』で吟味した結果、2回の観劇。 だったのに、後に禅さん+吉野さん参加のトークショー開催(別記事にレポートUP)が発表され本日分追加、でもってMY初日。
ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイ
残念ながら3階席かなり上手側のお席だったので、舞台奥に映写された映像まで観る事が出来なかったのですが、あの傾斜自在の円盤の上で次々と場面が変わる美術に感嘆!(演者はヒザ痛めそう) そして照明デザインで空間を上手く仕切って表現していく様にも感嘆! 衣装もそれぞれにとても凝っていて目に楽しいですが、特にアンサンブルさんのは『パッと見、同じようで全て違う』。 特にメアリーとフェリペの結婚式の時の貴族達のドレス!! 同じ色調だけど、各々に違う絵画がプリントされていて斬新☆

曲は…何度か聴くと残るものがあるのでしょうが『初見で観劇後にメロディが頭の中をグルグルする』というものは皆無でした。 なんか…訳詩のマズさでしょうか? “字余り”的な印象のナンバーが多くて、聴いていて気持ち良くナイ、そんな印象でした。 ただ和音美桜さん@アン・ブーリンの曲は賛美歌のようにひたすら耳に心地良く響き「歌ウマー!」と聴き入るものの、音として響き過ぎるのか?歌詞は届いてこなかった。

ストーリー的には、カトリック×プロテスタントという宗教絡みの部分、メアリー1世がブラッディ・メアリーと呼ばれるような迫害を行う部分への知識と理解が私、ひどく不足していたので、全体的にもうちょっと史実を頭に入れてから観劇した方が〜と反省。 1幕は物語の背景説明が多いのか?テンポが悪く感じらてなかなか物語に入り込めなかったけど、2幕になって解消。 ベスが王位と恋愛との狭間で葛藤する様はもう少しじっくり見たかったかな。

花總まりさん@レディ・ベス 素はとても和風なお顔立ちなのに、なんであんなにデコラティブな豪奢なドレスや盛々の装飾、金髪ヅラが似合うのか?、と安心のドレス裁きと“凛とした風格”に『さすが』と思い、華奢で可憐な可愛らしさもあり…で素敵☆ 歌に惹き付けられるものはなかったけど、ベスという女性の成長が丁寧に見て取れた印象。
吉沢梨絵さん@メアリー・チューダー 四季退団後初めて拝見。 “元気で可愛く誰からも愛される女の子”という役でしか拝見した事がなかったので、ただただ驚く。 吉沢さん、歌がすごく上達されてますね! 今後もいろんなお役で拝見する事が楽しみになりました。
和音美桜さん@アン・ブーリン イタリアの宗教画から出て来たみたい! 扮装がと〜ってもお似合い、美しい! 歌も賛美歌のように美しく、まるで諭されているようで聴き入った〜♪ 映画【ブーリン家の姉妹】をまた観たくなった。
吉野圭吾さん@シモン・ルナール 今までの吉野さんのセクシーなお役って見た目も中性的な感じのものが多かったので、ここまで“ザ・漢”な感じは新鮮! お似合い♪ 歌は…うん、吉野さんだ。
石川禅さん@ガーディナー 開幕前の扮装写真とは違う、おかっぱ頭。 ヒール的な役回りでも何故かしら三の線が入るのはキャスティングによる所のもの? やっぱり“劇画タッチ”な顔芸にクスッ。
山口祐一郎さん@ロジャー・アスカム、久しぶりに拝見しましたが“ザ・山口祐一郎”的なものが皆無で、ちょっと寂しかったり〜。 涼風真世さん@キャット・アシュリーは、涼風さんである必要性が感じられない。 加藤和樹さん@ロビン・ブレイクは、表情にバリエーションがナイのか?硬い。 自由気ままに生きている若者然が不足に感じた。 平方元基さん@フェリペ、傲慢な感じは◎だけど王子というより“金持ちの放蕩息子”然に感じた。

関連記事

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.5【博多座】

2005年2月公演以来、久々の開催となりました【KABUKI NIGHT】も今回で5回目。 【「NI

記事を読む

no image

六月博多座歌舞伎・夜の部【博多座】

なんと~ 博多座では“今年初めての歌舞伎公演”です!!! しかしながら…“博多座開場10周年記念”

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(20周年SP全キャスト=2日目)【博多座】

博多座レミゼ公演におけるSPキャスト【歌穂さん@エポニーヌ×禅さん@マリウス】全5公演もついに本日千

記事を読む

博多座おぼえ書き

マリー・アントワネット【博多座】

『博多座のお正月公演は“ミュージカル』が恒例な博多座一月公演。 「年明けは明るく、楽しく、華やかに☆

記事を読む

博多座おぼえ書き

Endless SHOCK【博多座】

25日一階席と30日三階席で計2回観劇しました。 「なんかスゴイ…うん、スゴかったけど…う~ん。」

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア(千穐楽)【博多座】

帝劇7~8月の2ヶ月間公演を経て、博多座1ヶ月間。 本日、今公演大千穐楽!とあって全国のVファン博多

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(祐一郎&禅=千穐楽 )【博多座】

平日の夜…にも関わらず【満員御礼】☆ 立見も3階はバルコニー席まで立つほどで、どうやら2階席にも立見

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

【竹本義太夫300回忌】【近松門左衛門・生誕360周年】の今博多座公演。 昼夜ともに近松作品でしたが

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・夜の部【博多座】

十種香 『これぞ歌舞伎!』的な大道具の機構と、舞台演出。 そして豪華絢爛な衣装で、目に“美”という

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

昨年に続いて二度目、2日間4公演の【博多座文楽公演】。 ほぼ完売状態で、当日は3階席にもチラホラ観

記事を読む

    • 2018 (15)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月

    (2018.12.2〜23)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑