博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

万獣こわい【福岡市民会館】

当初から金曜夜に1公演追加となり計4公演、その最終日に観に行って来ました。
会場に着いて〜客席に付いてビックリ! 演劇の会場でここまで男性の観客が多い客席って初めて見たかも? さすがの新感線人気? なるしーの地元応援団?
「鈍獣」(2004)、「印獣」(2009)に続いて今公演が三作目となる「万獣こわい」(2014)ですが、私、演劇界最強ユニット“ねずみの三銃士”は今回が初めての観劇。 初“生”生瀬勝久さんでした♪

全くの予備知識なしで観劇に臨んだので、まず『こんなにブラックな内容だったなんて!』という衝撃に飲まれ「で、どうなるの?」「どうなっちゃうの?」という感じで前のめって観ていたら…ドン☆と突き放されて幕、という印象でした(「このシリーズはみんなこんな感じ」と同行の友:談)

MVPは小池栄子さん@マスターの妻・陽子。 小池さん、舞台女優として凄くイイですね! パン☆とした思い切りの良さと度胸、声の通りも良く早口でもセリフが聞き取りやすい。 ブッ飛んだ事をやっても、開き直った明るさがある為、観ていて気持ちがイイ。 今後の舞台も本当に楽しみ♪

夏帆さん@監禁事件被害者トキヨ。 テレビドラマ【みんな!エスパーだよ!】で不良少女を観たことがあったから免疫はあったけど、今回の濃いぃぃぃぃ〜メンバーの中にあって、埋もれずに好演。 一見、おとなしくてイイ娘が豹変して非道なまでの暴力性を爆発させる、こわい、こわい…。

池田成志さん@カフェの常連客・野呂/メリンダ。 期待に応えてくれる男だ、なるしー!! メリンダは、無駄に美脚であのしゃべりと共に夢に出できそうなインパクト。
生瀬勝久さん@カフェのマスター。 どうしようもなく状況に流されてしまう男、上手い! ものすご〜く早口のセリフでも素晴らしくクリアにセリフが届くんですね。
古田新太さん@トキヨの里親・アヤセ。 淡々と恐ろしい事をなんの感情も示さず遂行していく様と、ドーンとした存在に怖さを覚える怪演。

悪ふざけが過ぎるのでは?と頭の角で思いながらも残忍なシーンを直視し、恐がり…そして笑う、という観る側の感情の振りハバが大きい。 でも総括すると「あ〜、面白かった」と言う、不思議な作品。 このキャストだから成り立つ、という要素も大きいのではないでしょうか?

劇場
福岡市民会館
日時
2014.5.25(日曜日)/13:30〜

関連記事

その他観劇おぼえ書き

桜姫【シアターコクーン】

初のコクーン歌舞伎観劇でした。 ここ最近、渋谷なんて近づいた事もなかったし、スゴイ雨が降っていて…駅

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

春の公演、初日観劇。 しかも初めての最前列にて! 初日だったからなのか?初めての間近での拝見だったか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

決闘!高田馬場【PARCO劇場】

開幕前から『三谷幸喜が初めて歌舞伎をてがける!』という事で大変な話題となっていた今公演は、チケット販

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

舞台「黒子のバスケ」 ULTIMATE BLAZE【福岡市民会館】

舞台「黒子のバスケは」2016年春から始まって、今作がラストの4作目!!(【1】2016年春=THE

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2005松平健・全国横断特別公演【福岡市民会館】

上様への拝謁は…昨年の新宿コマ公演こちら以来でした。 当然【マツケンサンバIII】を生で観るのは初

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

薔薇とサムライ【赤坂ACTシアター】

劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ~GoemonRock OverDri

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

歌語り 一休宗純物語【紀伊国屋サザンシアター】

思いがけず観劇の機会を得て、なんの予備知識もなく劇場へ。 【歌語り】とは…日本の歌を特徴づけている

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

全国座長大会【嘉穂劇場】

「いつかは行ってみたい!」と思い続けて…この度、やっと初めて嘉穂劇場の【全国座長大会】に行ってき

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・南番【シアターコクーン】

 南番 1994年第1回コクーン歌舞伎で上演された『四谷怪談』が新たに串田演出によってよみがえる…

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

鋼鉄番長【嘉穂劇場】

東京開幕後、客演の池田成志さんが怪我の為に休演(代役:河野まさとさん)で残念に思っていたら…主役の橋

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 僕らこそミュージック(9・10日)

    ●昼の部/13:00〜15:00
    ●夜の部/18:00〜20:00

    博多座未来能Vol.1(20日)

    ●昼の部/11:00〜13:30
    ●夜の部/15:30〜18:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑