博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

万獣こわい【福岡市民会館】

当初から金曜夜に1公演追加となり計4公演、その最終日に観に行って来ました。
会場に着いて〜客席に付いてビックリ! 演劇の会場でここまで男性の観客が多い客席って初めて見たかも? さすがの新感線人気? なるしーの地元応援団?
「鈍獣」(2004)、「印獣」(2009)に続いて今公演が三作目となる「万獣こわい」(2014)ですが、私、演劇界最強ユニット“ねずみの三銃士”は今回が初めての観劇。 初“生”生瀬勝久さんでした♪

全くの予備知識なしで観劇に臨んだので、まず『こんなにブラックな内容だったなんて!』という衝撃に飲まれ「で、どうなるの?」「どうなっちゃうの?」という感じで前のめって観ていたら…ドン☆と突き放されて幕、という印象でした(「このシリーズはみんなこんな感じ」と同行の友:談)

MVPは小池栄子さん@マスターの妻・陽子。 小池さん、舞台女優として凄くイイですね! パン☆とした思い切りの良さと度胸、声の通りも良く早口でもセリフが聞き取りやすい。 ブッ飛んだ事をやっても、開き直った明るさがある為、観ていて気持ちがイイ。 今後の舞台も本当に楽しみ♪

夏帆さん@監禁事件被害者トキヨ。 テレビドラマ【みんな!エスパーだよ!】で不良少女を観たことがあったから免疫はあったけど、今回の濃いぃぃぃぃ〜メンバーの中にあって、埋もれずに好演。 一見、おとなしくてイイ娘が豹変して非道なまでの暴力性を爆発させる、こわい、こわい…。

池田成志さん@カフェの常連客・野呂/メリンダ。 期待に応えてくれる男だ、なるしー!! メリンダは、無駄に美脚であのしゃべりと共に夢に出できそうなインパクト。
生瀬勝久さん@カフェのマスター。 どうしようもなく状況に流されてしまう男、上手い! ものすご〜く早口のセリフでも素晴らしくクリアにセリフが届くんですね。
古田新太さん@トキヨの里親・アヤセ。 淡々と恐ろしい事をなんの感情も示さず遂行していく様と、ドーンとした存在に怖さを覚える怪演。

悪ふざけが過ぎるのでは?と頭の角で思いながらも残忍なシーンを直視し、恐がり…そして笑う、という観る側の感情の振りハバが大きい。 でも総括すると「あ〜、面白かった」と言う、不思議な作品。 このキャストだから成り立つ、という要素も大きいのではないでしょうか?

劇場
福岡市民会館
日時
2014.5.25(日曜日)/13:30〜

関連記事

その他観劇おぼえ書き

法界坊【大阪平成中村座】

平成中村座への遠征の機会をず~っと伺っていたものの、なかなか都合が合わず悔しい思いをで見合わせており

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極【IHIステージアラウンド東京】

【髑髏城の七人】でありながら捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔(シュラテンマ)』。 天海さ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎・特別公演【メルパルクホール福岡】

玉三郎さんの舞踏公演を観るのは…何年ぶりだろう? 多分、玉三郎さんが福岡に来られるのもかなり久し振り

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!【IMSホール】

イムズの開館は1989年。 オープン当日は大学から帰路の寄り道でIMSに足を踏み入れた日は鮮明に覚

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

團十郎が語る 歌舞伎の世界【アクロス福岡】

九州市民大学、2月の公開講座の講師として十二代目・市川團十郎さんが登壇。 昼夜2回講演のうち、会場と

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2005松平健・全国横断特別公演【福岡市民会館】

上様への拝謁は…昨年の新宿コマ公演こちら以来でした。 当然【マツケンサンバIII】を生で観るのは初

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・北番【シアターコクーン】

実は…コクーン歌舞伎は、昨年の【桜姫】が初見で、勘三郎さんがご出演の…となると今回が初めての観劇。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎舞踏公演【八千代座】

久々に行って来ました、八千代座に! 多分…仁左衛門さんご出演の“平成の柿落とし公演”以来の遠征かと思

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ【Zepp福岡】

三上博史さん→山本耕史さん→森山未來さんと再演を重ねて、4代目のヘドウィグはミュージカル界から浦井

記事を読む

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 宝塚歌劇月組公演(10/11〜11/3)

    ●初日のみ/15:00~18:05
    ●昼の部/2回公演=11:00~14:05/1回公演=12:00~15:05
    ●夜の部/16:00~19:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑