博多ざ・んまい博多ざ・んまい

ラブ・ネバー・ダイ【日生劇場】

濱田さんがクリスティーヌ?!ってだけで遠征決定☆ 【オペラ座の怪人】は苦手演目なのですが、四季時代には絶対に観る事が叶わないであろうキャスティングにワクワク♪ 私は当初の予定通り市村正親さん@ファントムで観劇しましたが、公演期間中Wキャストの鹿賀丈史さんが体調不良の為、何度か休演されその代役として市村さんが…の奮闘公演となりました。

『ファントムの失踪から10年後の世界を描いたのが今作品は2010年ロンドンで初演、その後のオーストラリアのメルボルンで上演での成功した舞台をそのままに日生劇場で』の宣伝には間違いなく、素晴らしく凝った美しく斬新な舞台美術や照明、衣装や演出に驚嘆。 夢の世界に誘われているような…演出として、あべみずほさん@フレック辰巳智秋さん@スケルチひのあらたさん@ガングルの3人の道化師が物語へ誘うからか?ちょっと劇団四季【夢から醒めた夢】を連想させられました(四季と言えば…ひのさん、足長〜い!) 開幕前の宣材からとにかく舞台美術が楽しみでしたので、歓喜! 彩吹真央さん@メグ・ジリーがお人形のような可愛いコスチュームで歌い踊る劇中劇的なシーンは“飛び出す絵本”のようで、市村正親さん@ファントムが山田瑛瑠くん@グスタフを伴って歩くシーンは香水瓶のようなものに閉じ込められた“人体標本”のようなパフォーマー達が赤い照明を浴びてなんとも淫靡。 舞台中央に配された場面場面を仕切る大きな半円のレールを滑るカーテンの使い方が面白い。 私、贅沢な事に舞台に大変近い1階前方席だったので、セット全体を見渡す事が出来なかったのが心残り(全体的な舞台美術と照明を観にもう一度観たかった!)

濱田めぐみさん@クリスティーヌ・ダーエ やはりオペラ的な歌い方を聴いた事がなかったので、一番の驚きが! 上手い、上手いとは思ってたけど、やっぱり歌ウマ〜。 私はドナ(マンマ・ミーア)を観ていないので、母親役というのも新鮮だったし、濱田さんのお役で常に男性に寄りかかっている女性を観るのも目新しい。 けどやっぱり自我が強い女性だった! これ、浅利慶太の感想を是非聞いてみたい!
市村正親さん@ファントム ここ数年は劇団四季の高井治さん、村俊英さんのファントムしか知らないので歌はかなり物足りない。 感情の起伏がハッキリと判りやすい劇画調なファントムの印象。
香寿たつきさん@マダム・ジリーは、一幕ラストは圧巻! やはり歌も芝居ももっと拝見したい方です。彩吹真央さん@メグ・ジリーは、ミニのドレスでキャピキャピしている姿に衝撃。 ヅカの男役の方ってやっぱりスタイルいい!足長っ! 田代万里生さん@ラウル・シャニュイ子爵は、ヒゲが絶望的に似合わないなぁ…というくらいで特に印象に残らず。 損な役周りなのでそれで成功なのかも。

ストーリーは…「は?」というラストで、う〜ん、まさか…そうなるんだ、う〜ん。」という。 で「やっぱり私はオペラ座の怪人は苦手演目だ」という事を再認識。 どうして10年後を描こうと思ったのだろう? 曲は…オペラ座ファンには耳に残るものがあったのかな?

ラブ・ネバー・ダイ

劇場
日生劇場
日時
2014.4.10(木曜日)/13:00〜

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート【シャルロッテシアター】

韓国在住の妹のを訪問した際、私は【レベッカ】が観たかったのですが有名な俳優さんが出ていて人気公演らし

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラ★カージュ・オ・フォール【北九州芸術劇場】

今公演が発表された時から『9年振りの再演』『市村ザザ☆ファイナル!』に加えて、相手役のジョルジュが鹿

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

トゥーランドット【赤坂ACTシアター】

思いがけず直前に観劇の機会を得まして、今月20日にグランドオープンしたばかりの【赤坂サカス】内にあり

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

レ・ミゼラブル 2000回達成記念SP【帝国劇場】

幸運にも観劇の機会を得る事が出来まして、遠征して参りました~☆ 私のお目当ては、昨年の【エリザベート

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウィーン版エリザベート【梅田芸術劇場】

日本でも宝塚版、東宝版共に絶大な人気を誇る【エリザベート】。 それ故に、今まで何度も本場ウィーン版の

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ドラキュラ伝説【福岡市民会館】

なんでも上様が本格的ミュージカルに主演するのは18年ぶりとの事。 私自身は近年も【暴れん坊将軍スペシ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ペテン師と詐欺師 【北九州芸術劇場】

日本のミュージカル界を常に牽引し続けている2大スター・鹿賀丈史さんと市村正親さんがガップリよつに組ん

記事を読む

    • 2022 (15)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 超歌舞伎2022(4〜7日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉11:00~13:45
    〈夜の部〉15:30~18:15

    新喜劇出前ツアー2022(10日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:30~15:05
    〈夜の部〉17:00~19:35

    氷川きよし特別公演(15〜27日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉11:00~14:45
    〈夜の部〉16:00~19:45

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑