博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

滝沢歌舞伎2014【博多座】

以前、歌舞伎のご指導を猿弥さんがされている…というのを知って「一度観てみたい」と思っていた滝沢歌舞伎(今はどなたが?パンフ購入していないので不明) 他の観劇遠征の際に一緒に観劇出来ないかな?と何度も画策してみましたがスケジュールが合わず未だに…。 で、この度、博多座開場15周年にして博多座初お目見え! まさか地元で観れるとは思わなかったのでビックリ嬉しい♪

第一部はNHKで現在放映されている【鼠、江戸を疾る】の鼠小僧の芝居の一部+歌とダンス+歌舞伎の名場面。 二部は【義経】のお芝居という構成。

演りたいことが満載でぎゅうぎゅうに詰め込んだ印象。 次から次に披露されるパフォーマンスだけど、間に挟まれるトークでせっかくの勢いがペースダウンされてブチブチと切れて、一貫性がない印象に戸惑いというか置いてけぼり感がある。 3階席には残念ながら小判は降ってこなかったけど、ジュニアの身体能力をいかんなく発揮された立ち廻りは爽快! 動きを計算されつくした舞台美術(セット)が見事。 ラストの雨の演出は目にも耳にもとても美しく印象的☆
楽しみにしていた歌舞伎パートは「これは土蜘蛛?紅葉狩?蘭平?」とかベースになっている演目を推測しながら観るのが楽しい。 せっかくの化粧実演だったけど、白粉を塗れば遠目にも見た目にも判りやすいのに、肌色だし紅も入れないしで…綺麗じゃない。 やっぱり洋風の顔立ちには残念ながら似合わないんだなぁ。 声は良く出ていたしタッキーがあんなに低い声が出せるとは驚いたけど、セリフ回しや見得は…うん。 大向うも入っていた事にビックリ。
太鼓は、ちょっと前に鼓童を観てしまっていたからなぁ…。 ジャニーズの皆さん、色が白くて細いのに腹筋が割れているアンバランスな感じが不思議。
大河ドラマ【義経】って2005年なんですね? なんで今更…と思いましたが、何故? 楽しみにしていた京本政樹さん@弁慶ですが、彼は映像の俳優さんなんだなぁという印象。 声やセリフ回しはジュニアの方がよっぽど明瞭で響く感じ。 動きも…まぁ、最年長だから…だし、周りがハンパなく動ける子たちばかりだからよけいに緩く遅く見えてしまったし、弁慶のニンではないから難しく、残念。 息子の京本大我くんはこのカンパニー最年少だそうで、すごく頑張ってました(彼こそ白塗りがめっちゃ似合いそう!)

『博多座初お目見え』という座長の気合いが充分に伝わってきた滝沢歌舞伎。 これからも進化を遂げていくんでしょう! ファンじゃない観客も楽しめる工夫(特にトーク)があれば嬉しい。

 

劇 場
博多座
観劇日時
2014.3.14(金曜日)/18:00〜

関連記事

博多座おぼえ書き

熱血!ブラバン少女。【博多座】

博多座版「めんたいぴりり」は残念ながら観劇出来なかったので(TVドラマも未)、私、今舞台が博多華丸さ

記事を読む

博多座おぼえ書き

キレイ〜神様と待ち合わせした女〜【博多座】

2000年、2005年、2014年に続いて4度目の再演だそうですが、松尾スズキさんの作・演出の舞台

記事を読む

博多座おぼえ書き

マリー・アントワネット@初日 【博多座】

『帝劇から世界が始まる。』と、昨年11月から2ヶ月間、鳴り物入りで帝劇で幕をあけたミュージカル【マリ

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

男の花道 私、藤十郎さんでしか拝見した事がなかったので「上方歌舞伎の看板役者の役を猿之助さんが?」

記事を読む

船乗り込み

平成22年・博多座船乗り込み

昨年は悪天候(強風?)で中止となり記念式典のみでしたが、今年は2年分のお天気を取り返すような(←日本

記事を読む

博多座おぼえ書き

幽玄【博多座】

坂東玉三郎×鼓童『アマテラス(2006年)』に続く待望の共演第二弾! 前作が面白かったので今回も足を

記事を読む

博多座おぼえ書き

モーツァルト!(初日)【博多座】 

私、3年前の初演時観劇以来、博多座のアンケート用紙の『今後博多座でご覧になりたい演目は?』の欄に、ひ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

今年で4回目となる“博多座文楽公演”。 公演期間も3日間となって2回目で『年末の博多座は文楽公演』で

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミュージカル・天草四郎 【博多座】

毎年12月の博多座は【市民檜舞台の日】として様々な公演が数日単位で上演されていますが、私、文楽公演以

記事を読む

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.8【博多座】

2008年4月以来の【KABUKI NIGHT】です。 1ヶ月の歌舞伎公演って通し狂言でナイ限り初日

記事を読む

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑